転職での書類選考に落ちる。履歴書、職歴書の書き方に問題あり?

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

転職での書類選考に落ちる。履歴書、職歴書の書き方に問題あり?

転職における選考では、第一の関門として履歴書、職歴書による書類選考を行うことが一般的です。

転職活動をしていると、書類選考に落ちる、通過できずに面接までこぎつけられないと悩んでしまう人も少なくありません。

その為、転職活動が長期化してしまたり、本当は転職したいのに諦めてしまったりという人もいます。

ではどうすれば書類選考を通過できるのでしょうか。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:転職時に行う自己分析の必要性ややり方

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?

スポンサーリンク

書類選考では何を見られる?

書類選考で何を見られるか、まずはそこを知らなければなりません。

書類選考に落ちる人の特徴として、そこの部分を知らずに的外れなことを書いていることが多く見受けられます。

書類選考では、たいてい以下の項目が注目されます。

  • 志望動機
  • 職歴、退職理由、転職理由
  • スキル、経験、資格
  • 自己PR

中途採用で書類選考時に重視する点をして、以下のような割合になっています。

書類選考で重視

引用:マイナビ「志望動機・理由の書き方、伝え方」

志望動機

なぜ、その会社に転職したいのか、転職して何がしたいのか。

企業にとって、モチベーションの高い人材、目的がはっきりしている人材、長期的に働いてくれる人材を求めます。

志望動機においてマッチしていないと判断されれば、まず書類選考に受かることはありません。

いかにその企業を志望する理由や、入社して何がしたいかということを具体的かつ、企業が求めていることとマッチさせて書くことが重要となります。

ただ、企業によって大きな採用ポイントとなる場合もあれば、そこまで重視いない場合もあり、企業によって差がつく部分であるとも言えます。

職歴、退職理由、転職理由

これまでの職歴や、退職理由、転職理由は多くの企業で注目する点と言えます。

例えば、短期間で転職を繰り返していないか、転職回数は多すぎないか、退職理由や転職理由がまっとうかということを注視します。

先ほども述べたように、企業は長く働いてくれる人材を求めます。

なぜなら、長く働けば働くほどスキルは向上し、その企業に利益をもたらす人材になってくれるからです。

ですから、自分はすぐに辞める人間ではない、長く働く気があると思わせなければいけず、それに応じた退職理由や転職理由を書かなくてはいけません。

ただ、これまでの職歴は正直に書かなくてはいけず、変えることはできませんので、もし転職回数が多いなど不利な点があるのであれば、他の点で補わなければなりません。

スキル、経験、資格

中途採用時に最も企業が重視する点が、スキル、経験、資格という能力に関わるものです。

あくまで中途採用は即戦力を期待していますから、自分にどういったスキルがあり、どういった実績があるかということを示さなくてはなりません。

書類選考に落ちる人の特徴として、この部分が示せていないことが多いです。

これらを示す際に、実際にこれまで行った仕事を例に、具体性を持たせなければなりません。

かつ、そのスキルが企業が求めているスキルとマッチしていなくてはなりません。

多くの人はこの具体性の部分が不十分です。

これは未経験職種や異業種への転職時にも言えることです。

例え職種が違っていても、これまで経験したことで活かせる能力は必ずありますから、そのスキルを実績を交えて示す必要があります。

自己PR

自己PRもまた、企業が重視する点の一つです。

企業はその人が持っているスキルを具体的にどのように活かしていこうかと考えているのかを注目してみます。

上記で述べた自分の持っているスキルから、その企業に入社してどのような利益をもたらすことができるのかをアピールする必要があります。

スポンサーリンク

 

なぜ書類選考に落ちる?

では、なぜ書類選考に落ちるのでしょうか。

企業の求めている人材とマッチしていない

上記でも述べているように、企業が求めている人材とマッチしていないことが原因で全然通らないということはよくあります。

例え同じ職種であっても、企業が求めている人材というのは違います。

履歴書、職歴書を流用するのは、時間短縮の為、ある程度必要ですが、全く同じものを送っても、的外れなものとなってしまいます。

そもそも倍率が高い

書類選考に落ちることが、特殊なことだと思っていませんか?

転職活動では、倍率は非常に高いもの。

大企業になれば数百倍なんてざらです。

そもそも落ちるのが当たり前なのです。

その為、ある程度の数に応募することはどうしても必要なことなのです。

また、大企業ばかり狙っていては、書類選考に落ち続けるということがどうしてもあるのです。

汚い

上記で述べたように、転職ではそもそも倍率が高いです。

企業に応募書類がかなりの数とどきます。

その為、一つ一つをじっくり読むなんてできないことが多いです。

もし、その中で、手書きで雑な書類があると、中身がどんなに優れていたって、そもそも読まれません。

現在は、パソコンの文字が主流となっており、手書き自体が読みにくいことが多いですから、割り切ってパソコンで書くことをおすすめします。

スポンサーリンク

履歴書、職歴書の書き方、何に注意すればいい?

では、履歴書、職歴書はどのように書けばいいのでしょうか。

まずは上記で述べている、企業が何を求めているか、そして如何に具体例を示しながらアピールできるかという点が重要となってきます。

書く中で、その企業について、自分についてをしっかり考え、しっかり調べながら書く必要があります。

具体的な書き方は、インターネットで検索すれば、どういった点に注意して書けばいいなどの情報も多く、具体例も載っています。

しかし、その例から自分への落とし込みはなかなか難しいです。

参考にしながら書いても、結局不十分なものしかできていないという印象があります。

確かに、参考にしながら自分で書くことは重要です。

それが考える機会にもなります。

ただ、さらにクオリティをあげる為には、リクルートエージェントなどの転職エージェントといった、転職アドバイスを専門とする人に添削をしてもらう必要もあります。

自分でしっかり考える。

手は抜かない。

使えるものは使う。

これらが必要となってくるでしょう。

もしなかなか書類選考に落ちる、転職活動に行き詰ったのであれば、違う転職サイトを見てみることもおすすめします。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職の悩み、転職活動の悩み、誰を相談相手にすればいい?

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

関連:中途採用の筆記試験、一般常識問題や適性検査、論文はどう対策すればい?



このページの先頭へ