転職して入社初日にやるべきこと、気を付けたいこと。とにかく第一印象が大事

転職して入社初日にやるべきこと、気を付けたいこと。とにかく第一印象が大事

念願だった転職先が決まり、いざ初出社。

ただ喜ぶことばかりではなく、それよりも不安な気持ちが勝ってしまっている人のほうが多いのではないでしょうか。

誰も知っている人のいない、全く見知らぬ環境でゼロからのスタート。まあ不安にならないわけがありません。

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。

関連:転職後1ヶ月で辛い、辞めたいと思ったらどうする?実際に退職して起きたことや考えたこと

転職後の入社初日の態度がその後に大きく影響する

転職が成功するかどうかは、転職活動でどういった会社を選び、どういった会社から内定を貰えるかだけで決まるわけではありません。

それよりもむしろ入社後にどうなるかのほうがずっと大事です。

たとえホワイト企業に入社できたとしても、周りの人間と馴染めなかったり、敵を作ってしまうようなことになれば、この会社に転職して良かったなんてことは思えず、成功か失敗かで言えば失敗となってしまうでしょう。

ではどうすれば早く馴染み、良い人間関係を築くことができるのか。それは特に入社初日の態度が大きく影響します。

万が一最初に悪い印象を与えてしまえば、それを取り返すのは大変。大変な労力と時間がかかってしまうことになります。

初日の影響は新入社員であっても大きなものですが、新入社員の場合はまだ多めに見てもらえる可能性がありますが中途採用ともなるとそうもいきません。

転職後の入社初日に注意すること

転職後の初日は、少なくとも以下のことに気を付けるようにしましょう。

とにもかくにも見た目を気を付ける

第一印象の中で見た目が与える影響は非常に大きく、55%は視覚による情報によって左右されます。

見た目がだめだとそれだけで印象は悪くなり、嫌悪感を覚えてしまうことになってしまうのです。

だからこそ、見た目は特に気を付けなくてはなりません。

服装や髪型はもちろん、表情や姿勢なんかも大事です。

少なくとも清潔感のある恰好をし、姿勢を良く、あまりおどおどしたりしないように気を付けましょう。

転職先が髪を染めたり、髭を生やしたりしても良い会社であっても、初日は控えてください。

挨拶は自分から

出社後、間違っても話しかけられるのを待っていてはだめ。同じ職場の人に一人ひとり、名前と簡単な挨拶を自分からするようにしましょう。

挨拶は明るくはきはきと、ゆっくりとした口調ですると良いです。

ちなみに第一印象の中で聴覚が与える影響も38%もありますから、ぼそぼそと暗そうな話し方をすれば、そういった人間だと簡単に思われてしまいます。

グイグイ行き過ぎない

出社初日からグイグイ行き過ぎないのも注意するポイント。

聞かれてもいないことを自分から話したり、仲良くなろうと用もないのに過度に話しかけると、うっとうしいと思われてしまいます。

逆の立場で考えて、仕事中にいきなりぐいぐいこられても正直ちょっとうざいですよね。

当然、話す内容にも気を付けなくてはなりません。プライベートの関する話、出世等に関する話など下手したら相手が嫌悪感を感じる可能性の話は絶対に避けるようにしましょう。

初日から仲良くなろうなんて贅沢なことは考えずに、最初は好印象を与えることにとどめ、徐々に仲良くなるようにしてください。

年下相手でも丁寧語で

相手が年下であっても丁寧語は使うようにしてください。

いくら年上だからと言って初対面の人にため口を使われれば誰だって嫌な気持ちをもちます。

どんな役職での採用であったとしても、最初は教えてもらう立場という自覚を持ち、謙虚な気持ちを持つようにしましょう。

初日のうちに名前を覚える

名前は初日に覚えておくことをおすすめします。特に一度でも話をした人の名前はしっかり憶えてください。

たくさんの人がいるので覚えるのは大変かもしれませんが、次話す時に名前を憶えていないのがばれると、気まずい思いをすることになります。

また、名前に限らず自分のことを知ってもらおうという意識だけではなく、同じ職場の人のこと、その会社のことを自分が知るという意識を持つことも大事ですね。

服装

もし仕事がら私服でも出社可能であったとしても、できればスーツ、最低でもチノパンにYシャツ、ジャケット等のビジネスカジュアルにするのが無難です。

初日には場合によっては部長やさらに上の役員に挨拶することになる可能性もありますから、ラフな格好は避けたほうがいいですね。

入社初日の失敗例

では、ここからは実際に入社初日の失敗例を紹介していきます。

少なくともこんなことにならないように注意しましょう。

何か態度がでかい

私の職場に入社してきた中途採用の人はとにかく態度がでかく、初日から周囲の人間に煙たがられてしまっていました。

その人は33歳で、かなりの大手から転職してきた人なんですが、プライドが高いのか、自分に自信があるのか知りませんが、とりあえず自分よりも年下っぽい人に対してとにかく態度がでかい。

ため口は当然でしたし、仕事中にやたら話しかけてきてなぜか前職の自慢話。しまいには仕事のやり方に口出しすらしてくる始末。

当然周囲から速攻嫌われ、みんなが敬遠するようになりました。

まあ割と大人な人が多かったので、無視したりすることもありませんでしたが、そういう人は損しているなーと思いますね。

することなくても寝てはだめ

私の会社に第二新卒で入社してきた社会人3年目の人は、初日からまさかの居眠りをかましてしまいました。

その人の指導担当の人はたまたま休みだったせいで、一通りの手続きが終わってしまいすることがなかったんでしょう。

わざとではないでしょうが居眠りをしていることを目撃してしまったんです。

気づいたのは私だけではなく、周りの人も当然気づきます。まあほうっておいたんですが、印象が悪くなったのは言うまでもありません。

上司に媚売りすぎ

私が経験した中途入社の人は、役職がついている人にのみ挨拶をし、平社員には何も挨拶がないというもの。

しかも単に挨拶するだけではなく、媚びを売っているのも見え見えで正直「うわー」って思いましたね。

一応一緒のグループで働くわけですから、みんなに挨拶するのが普通じゃないんでしょうか。

ちなみに私のグループの上司は媚を売ってくる人が嫌いな人。

夕方くらいに全員に挨拶したのかと説教をしていました。

初日をうまく過ごし、良い会社生活を送るようにしよう

転職では入社初日の態度が非常に大事。ただ、そこまで不安になる必要はありません。

大半の人は転職初日を何事もなく終えて、転職が成功だと感じている人がほとんどです。

注意するべきことは注意し、あとは新たな環境で働くことを楽しみにしておきましょう。

これから転職する人に

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職先が決まったけど不安で迷いが生じているならどうすればいいか

関連:前の会社に戻りたい?出戻りできる可能性や、出戻り後の現実



このページの先頭へ