職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

会社生活において、職場の人間関係は非常に重要なものです。

重要であるが故、その人間関係に疲れたという人も多いのではないでしょうか。

ただ、疲れたと感じても、会社生活を続けていく限り、同じ職場の中でその人間関係を続けていかなければなりません。

しかし、そういった環境の中で我慢を続けていると、大きなストレスとなって、精神的、身体的に悪い影響を及ぼしてしまいます。

そこで、今回は職場の人間関係に疲れたと感じてしまった場合の対策法を紹介します。

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

関連:仕事でイライラする原因や、対処法。感情をだすのはNG。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

人間関係が上手くいっていても疲れる

以前の記事、職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法では、人間関係が上手くいっていない場合について紹介しています。

人間関係が上手くいかないと、職場に居づらかったり、仕事をしにくかったりと大変ですし、疲れてしまいます。

上手くいかないよりは、上手くいくほうがいいでしょう。

しかし、職場の人間関係が上手くいっていたとしても、人間関係に疲れてしまうということはよくあります。

人間関係が上手くいっていれば、仕事もやりやすくなるでしょう。

ただ、その疲れてしまっては元も子もありませんし、結局は大きなストレスになってしまいます。。

もし、あなたが人間関係に疲れたと感じてしまっている場合、人間関係を上手くすることではなく、疲れない人間関係の築き方を学ぶ必要があるでしょう。

スポンサーリンク

なぜ人間関係に疲れる?

そもそも、なぜ人間関係に疲れてしまうのでしょうか。

まずは自分がそう感じてしまう原因を知らなければなりません。

多くの人は、以下であげるようなことが原因となっているのではないでしょうか。

上手くやろうとしすぎている

人間関係は悪いよりいいほうがいいです。

上司、同僚にも嫌われるよりも好かれたいですよね。

そのことによって得られるメリットは確かに大きいです。

しかし、あまりにそのメリットを追い求めすぎて、上手くやろうとしすぎていませんか?

良い人間関係を築く為に、常に気を遣い続けていれば、疲れてしまうことも仕方がありませんし、ストレスは蓄積されてしまうでしょう。

人からの目を気にしすぎている

人間関係に疲れてしまう人の多くが、人からどう思われているかということを気にしすぎている傾向があります。

常に自分をよく見せようとしてしまい、常に気を張り続けてしまったり、少しのミスを気にしすぎてしまったりする為、疲れてしまうのも当然です。

損得で考えすぎている

この人と仲良くすれば、メリットがある。

この人と仲良くすることは、損してしまう。

会社生活では、確かにあるかもしれません。

しかし、そのような損得で考えながら人間関係を築くことは疲れてしまう原因となります。

仕事以外の面での付き合いが多すぎる

断りたくても、なかなか断ることができない、飲み会などの職場の付き合い。

上手くやろうとすればするほど、付き合いが広くなり、色々な場所に呼ばれてしまうということも多くなってしまいます。

行きたくないけど、人間関係をうまくやる為に行くということをし続けるろ、プライベートの時間も少なくなり、体も心も休ませることができなくなってしまいます。

人間関係を築くことが一番ではない

人間関係で疲れてしまう原因は、自分の自然体の姿からかけ離れた状態で、人間関係を築こうとしまっている為です。

確かに人間関係は重要ですし、完全に自然体な姿でいるなんてことは無理です。

とは言え、あまりにかけ離れた状態をすることは避けなくてはなりません。

そうすることは精神を削ることになり、ストレスは蓄積され続けることになります。

良い会社生活を送る為に、良い人間関係を築こうとしているにも関わらず、そのことで精神削っていてはどうしようもないですよね。

そもそも人間関係が一番大事ではありません。

先輩や上司を見てください。無理に人間関係を築こうとしている人だけが、出世していますか?

そんなことはないはずです。

人間関係が苦手でも、しっかり仕事をすることで信頼関係を築いている人もいます。

「人間関係を築くことが一番ではない」

このことを意識してみましょう。

今後のこと

今ある疲れてしまうような人間関係を、疲れない人間関係に変えていくにはどうするか。

なかなかいきなりとはいきません。

徐々に変えていく必要があります。

飲み会を断ってみたり、ちょっと気を遣うのをやめてみたり。

自分の疲れる原因を一つずつ取り除いてみましょう。

もし、上手くできない、今の人間関係に疲れすぎているのであれば、転職して人間関係をリセットすることを選んでもいいでしょう。

今のストレスを感じている状態から、早く脱する為に、どうするのが良いか考えましょう。

もし転職するか悩んでいるならば、転職サイトを見てみましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:病気で仕事を休職。休職期間や給料や、退職から転職活動について

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



このページの先頭へ