紹介予定派遣とから正社員になれる人、契約社員になってしまう人、採用されない人の違い

紹介予定派遣とから正社員になれる人、契約社員になってしまう人、採用されない人の違い

通常の派遣社員と違い、一定期間働いた後は直接雇用されることが前提となっている紹介予定派遣制度。

企業側にとっては実際の労働者の働きぶりを見てから、労働者は実際に働いてみて社風や職場環境を確かめた上で判断できるというメリットがあります。

派遣社員として働く期間も最長で6ヶ月となっている為、直接雇用となるまでの時間もそこまでは長くないというメリットがあります。

しかし、いくら直接雇用が前提であるとは言っても、全員が正社員になれるわけではないので注意が必要です。

関連:紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

関連:大手企業の契約社員は中小の正社員よりもまし?大企業だと安心すると痛い目見るかも

紹介予定派遣で直接雇用されても正社員とは限らない

紹介予定派遣の場合、一定期間過ぎた後に正社員として直接雇用される場合、契約社員として直接雇用される場合、直接雇用に至らない場合があります。

その割合は正社員が25%、契約社員が20%、どちらにもなれないのが55%といったところです。

直接雇用するかしないかは、企業にも労働者側にも選択肢があり、双方で合意することができなければ直接雇用とはならない為、それなりに高い確率で直接雇用されませn。

正社員になれる人、契約社員になれない人、直接雇用されない人

できることなら正社員として働きたい。紹介予定派遣で働き始めた時にはそんな風に思っている人が大半でしょう。

しかし、希望通りにはなかなかいかず、正社員になることができずにいます。

では、正社員になれう人、契約社員になれる人、直接雇用されない人にはどういった違いがあるのでしょうか。

正社員になれる人

紹介予定派遣から正社員になる為に一番大切なのは、派遣先の企業が正社員として雇用するつもりがあるということです。

企業が最初の時点で正社員として雇用するつもりなおか、それとも契約社員として雇用するつもりなのかは決めています。

正社員になろうとした場合、企業がそのつもりがあることがまず最低条件であり、その上で大きな問題を起こさずに日々の仕事を頑張ることが必要となります。

仕事え求められるレベルはそこまで高くはなく、真剣に仕事を取り組んでいれば基本的には問題ないはずですが、あらかじめどういった人材が求められているかを確認し、それに沿った自分を日々の仕事でアピールすることが大切です。

契約社員になる人

いくら正社員になりたいと願っても、企業にその気がなければ正社員になることはできません。

ずばぬけた能力を発揮すれば万が一もあるかもしれませんが、そんなことはほとんどないと考えていいでしょう。

正社員になれに契約社員としての直接雇用になってしまう原因は、たいてい本人の能力ではなく、会社の都合によるものです。

正社員として雇用すると、企業は簡単に辞めさせることができなくなる為、それなりにリスクのあるものです。その為、とりあえずは契約社員と考える企業は少なくありません。

直接雇用されない人

最後に、正社員としても契約社員としても雇用されないパターン。

これは企業の状況が変わったか、労働者自身に問題がある場合かです。

紹介予定派遣を採用した時点では直接雇用するつもりがあったものの、経営状態等が変わる必要がなくなったという場合は少なからずあります。

ただやはり労働者自身になんかしらの問題がある場合が多いです。

基準のレベルに達していなかった、仕事に対する姿勢が良くなかった、周囲の人間と上手くコミュニケーションをとることができていなかった。といったことが挙げられます。

紹介予定派遣の場合は、元々直接雇用する気はなかったのではないかなんてことはほぼありません。最長でも6ヶ月しか雇用できないルールですし、わざわざ通常の派遣社員ではなく紹介予定派遣を利用するメリットが何もない為です。

正社員登用は期待しなほうがいい

もし紹介予定派遣で働いても直接雇用されなかった場合なら、反省するところは反省し、次の仕事をまた探すしかありません。

ただ、契約社員として直接雇用される場合だと、正社員になりたいという人はかなり迷うかもしれません。

企業側はいずれは正社員登用なんていう甘いことを言ってくる場合もあります。

しかしながら、正直言って契約社員からの正社員登用はかなり確率の低いことであり、期待していいものではありません。

契約社員として働くことができるのは5年。正社員になる保証はないのに、それだけの期間待つというのはあまり現実的ではありません。

ですから、もし正社員になりたいのであれば、契約社員として働いている間も転職活動をする必要があります。

今は企業が人手不足となっていて求人も増えていいますし、転職サイトに登録すると来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私自身、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけになりました。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

関連:正社員になれない理由とは?派遣社員、契約社員から抜け出す為に大切なこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ