サラリーマン全員が不幸な社畜ではない。起業とは自由を得ることではない。

サラリーマン全員が不幸な社畜ではない。起業とは自由を得ることではない。

ある人が、サラリーマンでいることを不幸と決めつけたりします。

そして独立することが、自由を手にいれることだとしたりします。

それどうなんですかね。

サラリーマンが全員社畜で不幸だとか、起業家が全員自由を手に入れているだとか、

それは違うと思います。

別に自分がサラリーマンだからといって、サラリーマンが素晴らしいなんて少しも思っていません。

どっちにもメリットはあるし、デメリットはあります。

そして、独立、起業にもまた、メリット、デメリットがあります。

たまにサラリーマン、起業家のどちらかが、どちらかを馬鹿にしたりしますが、いかがなものでしょう。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

おすすめ:転職サイトの色々なタイプ。自分にあった転職サイトを選ぼう。

スポンサーリンク

サラリーマンって不幸?

社畜とは

主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。

引用:wikipedia

確かに会社の指示に従わなければならないっていう点でサラリーマンは社畜なのかもしれません。

では、それが全員にとって不幸か?ということです。

確かに、ブラック起業でサービス残業に毎日罵声浴びせられるような場合であれば、不幸でしょうが、全ての会社がそうじゃありません。

法律守っている、まっとうな会社はやまほどあります。

余談ですが、

社畜度診断っていうサイトもあります。

ちなみに私は「寄生虫型社畜」でした。

社畜万歳。

スポンサーリンク

独立が自由?

会社から解放されるという意味では自由だと思います。

ただ仕事から解放されるわけではありませんね。休みなんて全くなくなる人もいます。

寝ても覚めても仕事のことばかり。

 

一応副業やっているんでよくわかるのですが、一時期ほんと休みでしたね。

なにより、将来が不安すぎました。私は安定させる自信がなくて、独立はできませんでした。

起業は哀れ?

サラリーマンの立場の人が独立した人にたいして、

安定してない、どうせ失敗するだとか、まあ色々言う人もいます。

そんなものはわからないし、大成功収める人もいます。

それを哀れだとか、家族がかわいそうだとか、そんなものは第三者がいうことではないですね。

賞賛こそあれ、馬鹿にすることではありません。

もちろん、まっとうに、真剣に独立だとか、起業した場合の人のみですが。

スポンサーリンク

まとめ

結論としては、その人の仕事とか人生を第三者が見て、幸せとか不幸せとかどうこう言うものではないですね。

自分がやりたいと思ったことを、ただやればいいだけです。

記事紹介:出世する為にはどうする?出世する人の特徴、出世できない人の特徴

記事紹介:キャリアアップの転職をする前に考えておきたい2つのこと

 

One Response to “サラリーマン全員が不幸な社畜ではない。起業とは自由を得ることではない。”

  1. […] というブログの記事 「サラリーマン全員が不幸な社畜ではない。起業とは自由を得ることではない。」 がふと目に留まりました。 […]

このページの先頭へ