油断禁物!転職活動時の履歴書の写真には要注意

油断禁物!転職活動時の履歴書の写真には要注意

転職時にほとんどの場合に必要となる履歴書。

そこには、自分の写真を貼る必要があります。

この履歴書の写真。適当に考えてしまってはいけません。

写真次第で、書類選考に通過するかどうかにも影響するのです。

関連:転職する自信がない、自分に自信を持てない時に考えるべきこと

関連:転職エージェントと面談時の服装や場所、準備物、その他注意すべき点は?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

履歴書の写真が与える影響

転職で大切なのは、志望動機、スキルや実績などの自己アピール、これまでの職歴などが挙げられます。

これらのことは紛れもなく大切なことです。

しかし、履歴書の写真もまた採用の合否を決める判断基準となるのです。

もしも、履歴書に貼られている写真が適当なものだとどうでしょう。

「なんか暗そう」、「適当な写真を貼るくらいだから熱意は低そう」、「仕事に丁寧さがなさそう」

そんな風に悪い印象がにつながります。

そもそも、書類選考の段階では応募者のビジュアル面を知るものは履歴書の写真しかありません。

その為、かなり印象は強くなってしまいます。

それは下手したら、志望動機などの文字として入ってくる情報よりも強く影響を与えるかもしれません。

企業側は、書類選考で履歴書を見る際にに、写真についても意識して見る場合と、見ない場合があります。

見る場合であれば、確実に写真が選考の一つの指標となりますし、見ない場合であっても無意識に影響を与えるのです。

転職時の履歴書の写真で気を付けるべきこと

では、具体的に履歴書の写真で気を付けるべきことを紹介していきます。

スピード写真ではなく、写真屋で

履歴書の写真では、スピード写真ではなく写真屋で撮るようにしましょうということを聞いたことがある人も多いかと思います。

それにはしっかり理由があります。

  • カメラマンが服装、表情、姿勢をチェックしてくれる
  • 写真を補正し、明るい感じを出してくれる
  • 写真自体が高品質

カメラマンはプロです。履歴書に載せる時の写真の撮り方もしっかりと熟知しています。

スピード写真だと、どうしても表情が固くなってしまい暗い印象を与える写真になってしまったり、良い写真なのかどうかも判断できませn。

また、補正することもできません。

スピード写真か、それとも写真屋で撮ってもらった写真家というのはすぐにわかります。

企業によっては、スピード写真だと言うことだけで、良くない印象をもつことだってあります。

確かに、写真屋で写真を撮るのは、スピード写真に比べると高いです。

しかし、合否にも影響するものですから、多少の出費は我慢したいところです。

服装には要注意

写真を撮る際は、もちろん服装にも気を使わなくてはいけません。

男性の場合

男性の場合は当然スーツを着用して撮影しましょう。

  • 黒もしくは紺のスーツ(明るめの色は避ける)
  • ネクタイは青系がおすすめ、派手なものは避ける
  • ネクタイ柄はストライプもしくはドット柄
  • Yシャツは白の無地
  • しわや汚れに注意(カメラマンにチェックしてもらう)

女性の場合

女性の場合は基本的にスーツを着用してください

  • 黒もしくは紺のスーツ(明るめの色は避ける)
  • Yシャツは白の無地
  • しわや汚れに注意(カメラマンにチェックしてもらう)
  • アクセサリーは身に着けない
  • 清潔感があるメイクを心がける

写真一つでだいぶ違う

もし、転職活動を進めているけれど、なかなか書類選考が通過しないということで悩んでいる場合には、写真にも気を回すようにしてください。

転職では、そんなことよりもスキルだ!と思っている人も多いですが、実際に与える影響は大きいです。

企業側としては、どれだけ高いスキルを持っていても、一緒に働きたいと思えない人でなければ採用することはありません。

そして、写真が一緒に働きたい人、一緒に働きたくない人を分ける最初の基準になるのです。

写真だけでなく、転職活動では一つ一つ丁寧に行うように気を付けましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:履歴書、職歴書、面接で嘘をつくリスク。ばれる可能性は?

関連:転職での書類選考に落ちる。履歴書、職歴書の書き方に問題あり?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ