社内ニート、窓際族、社内失業。仕事がない状態から脱出するには?

社内ニート、窓際族、社内失業。仕事がない状態から脱出するには?

会社に行っても仕事がない。

そういった人のことを社内ニート、窓際族、社内失業と呼びます。

日々忙しく、業務に追われている人にとっては羨ましく聞こえるかもしれません。

しかし、実際にそうなってしまうと、実は非常に辛いことなのです。

では、社内ニート、窓際族、社内失業に陥ってしまったらどのように脱出すればいいでしょうか。

関連:仕事が暇すぎる!それは忙しいよりも辛いかもしれない。

関連:追い出し部屋の実態と対策。追い出し部屋での退職は自己都合?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

社内ニート、窓際族、社内失業とは

会社に行っても仕事がない人のことを、社内ニート、窓際族、社内失業なんて言いますが、それぞれの言葉で使われるニュアンスは若干違います。

社内ニート、社内失業

社内ニートと社内失業にはそこまでの違いがなく、会社に勤めてはいるものの、仕事を与えられずに、ほぼ働かずに就業時間を過ごしている人のことを指します。

ニートという言葉は、就学、就労もせず、さらに求職活動等も行っていない就労意欲のない人を指します。

一方で失業は、求職活動を行っている人のことを指します。

ですから、社内ニートは本人にも意欲がない、社内失業は本人に意欲があるけど仕事がない状態といったイメージがわきますが、そういった違いで使われてはおらず。

どちらも同じ意味で、本人の意欲とは関係なく混同して使われています。

窓際族

窓際族は、社内ニートや社内失業と同様に、会社に勤めているものの、仕事がない人のことを指しますが、主に中高年の場合に使われます。

出世できなかった中高年の社員、管理職から外れた中高年の社員を窓際に追いやるということから、窓際族と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク

企業はなぜ社内ニート、窓際族、社内失業を生み出すのか

社内ニートや窓際族、社内失業といった仕事がない人を、なぜ企業は生み出し、そしてほうっておくのでしょうか。

雇っている為、当然給料は支払われます。

しかし、仕事をしていないのですから、会社に何の利益を生み出しません。

ですから、企業にとってもデメリットのはずです。

不景気などによって、本当に仕事がなく、その部署自体に仕事がないなんて場合もありますが、ほとんどの場合は一個人に行われ、そして自主退職に追い込む為い行われます。

日本では、一度正社員として雇った場合、そう簡単に解雇することができません。

多少仕事が他の人よりできないだとかでは解雇することはできません。

上司とうまがあわないなんて理由で解雇するなんてこともありえません。

しかし、部署異動などで解決できればいいのですが、異動先の部署も見つからないと、その職場で働き続けなければなりません。

それでも、会社を辞めさせたいとなった時、仕事をさせないということを選ぶことがあるのです。

仕事がない状態は非常に辛く、社員はその状態に耐えることができずに辞めていくというわけです。

社内ニート、窓際族、社内失業の実態

たいてい、仕事をさせないだけでなく、勉強等もしてはいけない状態を作ります。

とにかく何もさせません。

暇だと、時間はたつのも遅く、非常に辛い状態に陥ります。

また、若手社員では、仕事の機会を与えられないことで、スキルアップの機会もなく、もちろん成長を感じられないことに苦痛を感じることも多いです。

働く理由についてのアンケートによれば、収入を得ることだけでなく、自分自身の成長の為であるとか、知識。スキルを得る為であるとか、社会の役に立ちたいという回答も多いです。

社内ニート、窓際族、社内ニートになってしまうと、満たされるのは収入だけであり、その他のことは一切満たされません。

こういった面から、最終的に辞めるという選択肢をとる人がほとんどとなっています。

社内ニート、窓際族、社内失業から脱出する為には

一度社内ニート、窓際族、社内失業に陥ってしまうと、そこから脱出することは容易ではありません。

もしも、そうなってしまった原因や、実際にそうさせているのが直属の上司であれば、人事や違う部署の上司に相談してみましょう。

会社としても、社内に働いていない人がいるのは好ましいことではありません。

あらゆる方法を使って部署異動できる方法を探すしかありません。

しかし、会社ぐるみで行われているのでいたり、部署異動の希望が通らなかった場合にはさっさと転職したほうがいいです。

特に、若いのであれば、できるだけ早くそんな会社は脱出することをおすすめします。

社内ニートになってしまうと、なんのスキルも身に付きません。

そのまま時間がたち、いざ転職しようと思っても、スキルが身についていないと転職は非常に難しくなります。

しかし、若ければ、そこまでスキルは求められません。ですから、さっさと転職したほうがいいです。

会社を辞めることは、会社の思い通りになるから嫌だという人もいるかもしれません。

しかし、そんな状態で働き続けることでダメージを受けるのはその人自身です。

会社は、辞めなくても一人分の給料が増えるだけで大きなダメージは受けません。

確かに、会社の思い通りに動いてしまうことには、抵抗があるかと思いますが、自身のことだけを考えるなら辞めるのがベストと言えます。

もっといい会社はきっと見つかります。

まずは転職活動を始めてみましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事が辛いと感じたらチェック、うつ病になる前に行動しよう

関連:左遷とは?その異動は栄転なのか、それとも転職した方がいいのか

関連:職場で無視される。無視する人への対処法は?



このページの先頭へ