就職後すぐに退職して社会人から大学院に行く場合の注意点。厳密には新卒ではない

就職後すぐに退職して社会人から大学院に行く場合の注意点。厳密には新卒ではない

大学を卒業して一度就職したものの、その会社を退職して転職するのではなく大学院に進学するという人は意外に多くいます。

特に大学院進学が一般的な理系の人に多いのですが、文系の人にも少なからずいて、2年から3年を再び学生として過ごた後に再び就職活動をして社会人として働くことになります。

ただ、この選択には注意しなくてはいけない点もあります。

そこで今回は仕事を辞めて社会人から大学院に進学する際の注意点を紹介します。これから大学院に進学しようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

関連:たった7ヶ月の新卒が会社を辞めた私が今の会社に転職を決めた理由。1年未満だってチャンスはある。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

大学院進学は退職後の一つの選択肢

新卒で就職した後にすぐに会社を辞めることになってしまった場合、転職することだけが選択肢ではありません。

大卒者であれば大学院修士課程に、修士課程卒であれば博士課程に進学するという選択肢もあります。

大学院の試験は学校によっても様々ですが、一般的に夏、冬どちらも行っている場合が多いので、退職のタイミング問わずチャレンジすることが可能となっています。

大学院進学のメリットはそれなりに大きいものがあるのは事実です。大学院卒という肩書を手に入れることができる、より高度な専門知識を身につけることができるといったものや、大学の難易度に比べて大学院の難易度はそれほど高くない為、より上位の大学を卒業したという肩書も手に入れることができるかもしれません。

ただ、大学院進学の目的が新卒での就職に失敗したから、再度新卒として就職活動を行いたいからといったことであれば注意しなくてはいけないことがあります。

卒業後は新卒採用枠で就職できるのか

仕事を辞めて大学院に進学する目的が、再度新卒として就職したいからという理由の人も多いかと思います。

ただ勘違いしてはいけないのが新卒というのは一度も社会人を経験したことがない人のことであり、一度就職している以上は大学院に進学しても厳密には新卒ではありません。基本的には第二新卒として転職活動を進めることになります。

要するに大学院に進学しようが進学せずに転職しようが同じ舞台で転職活動を行うことになるんです。それがすぐなのか数年先なのかという話です。

最近は社会人経験3年未満の人は新卒採用枠で応募できる企業も増えてきていますが、応募はすることができても新卒同様に見られるかというとまた話は変わってきます。結局は中途採用者目線で選考が行われる場合もありますし、書類選考の段階で有無を言わさず不採用になるなんてこともあるのです。

ですから、完全に新卒同様の就職活動ができるなんてことは思わないほうがいいです。

ただ企業によっては第二新卒者は受け付けていないけれど、会社を辞めて大学院卒業したら新卒として普通に採用される可能性があるなんてこともあるので難しいところです。実際、第二新卒者の募集は行っていない大手企業に就職できたという人もいるにはいるんです。

転職目的ならばまずは第二新卒として転職活動してみるべき

まあもし大学院進学の目的が転職にあるならば、やっぱりまずは第二新卒として転職活動を行ってみることをおすすめします。

大学院に進学したところで結局第二新卒として就職活動を行うくらいなら、わざわざ高いお金をかけて進学するメリットはあまりありません。むしろ大学院進学したことによって年齢が高くなってしまうことや、社会人を経験してからの期間が長くなってしまうことで敬遠されることにもなりかねません。

新卒として就職できる可能性もあるというのは確かですが、また新卒として就職してしまうと給料を低く抑えられてしまうということもデメリットとして挙げられます。

今は第二新卒者の需要がかなり増えていて転職しやすい状況にもなっています。そのチャンスをやってみる前から捨ててしまうというのはあまり得策とは言えません。

まずはできる限りやってみて、だめだったら大学院進学も考えるというくらいでまずはやってみましょう。転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。

関連:第二新卒の転職が成功しやすくなった理由。需要増のはこんな背景が



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ