好きなことを仕事にするメリット、デメリット。後悔しない仕事選びをするには?

好きなことを仕事にするメリット、デメリット。後悔しない仕事選びをするには?

どうせ仕事をするなら好きなことを仕事にしたい。

そう思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、好きなことを仕事にすることには、メリットもありデメリットもあり、2つの意見をよく聞きます。

メリットの部分が注目され、好きなことを仕事にしたほうがいいと言う意見があれば、

デメリットの部分が注目され、好きなことを仕事にしてはいけないと言う意見もあります。

そこで今回は好きなことを仕事にするメリット、デメリット、そして仕事選び時の注意点を紹介します。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

好きなことを仕事にするメリット、デメリット

好きなことを仕事にできることは幸せなことです。

望んでも、就きたい仕事に就けずに違う仕事を選ぶしかない人もたくさんいます。

しかし、いいことばかりではありません。

実際、好きなことを仕事にできた人でも、その仕事に就いたことを後悔する人も多くいます。

ですから、好きなことを仕事にしようとする前に、そのメリット、デメリットをしっかり知っておかなければなりません。

好きなことを仕事にするメリット

では、まずは好きなことを仕事にするメリットを紹介していきましょう。

仕事にやりがいを感じることができる可能性が高い

好きなこと、憧れていたことだからこそ、仕事にやりがいを感じることができる可能性は高いです。

もちろん、最初は興味のない仕事であっても、仕事を続けていくうちにやりがいを見出すことができるようになることもありますが、

それでも、やはり可能性が高いのは元々好きなことでしょう。

1日の大半を費やす仕事ですから、やりがいは非常に大切なものです。

そのやりがいを得られやすいというのは大きなメリットであると言えます。

成功する可能性が高い

好きこそものの上手なれということわざがあるように、やはり好きなことを仕事にしているほうが成功する可能性は高いと言えます。

もちろん好きだけで成功できるほど甘いわけではありませんが、

好きだからこそそのことに集中できるし、いくら時間を費やしても苦にならない。

仕事が嫌いで、いやいややっている人とは差が付くのも当然です。

辛い状況でもストレスが低い

仕事には辛い状況に陥ることもあるでしょう。

しかし、好きなことだから気にならない。好きだから頑張れると思うことができます。

嫌な仕事で辛い状況に陥ると、とにかく辛いだけ。

ストレスも非常に大きなものとなります。

スポンサーリンク

好きなことを仕事にするデメリット

では、次に好きなことを仕事にするデメリットを紹介していきましょう。

理想と現実のギャップを感じる

好きなことを仕事にしたけど、実際に仕事としてやってみると思い描いていたものと全然違い、その仕事に就いたことを後悔する人は少なくありません。

実際、退職理由として「思っていた仕事と違った」という仕事のミスマッチを上げている人が数多くいます。

特に新卒として入社した人は、仕事をすることに対して経験が無く、具体的にイメージできていない結果、憧ればかりが先行してしまっていることが多いです

好きで居続けられず、嫌いになったり飽きてしまう

好きなことだったとしても、それを仕事として行った結果、飽きて好きだはなくなってしまったり、それどころか嫌いになることすらあります。

そうなると、せっかく好きなことを仕事にできたことの意味がなくなります。

仕事をすることが苦痛になり、大きなストレスを感じながら仕事を続けることになってしまいます。

お金、休日、時間を犠牲にする必要がでるかもしれない

好きなことを仕事にでき、給料も高く、休みも多く、残業も少ない。

そんな仕事があれば最適ですが、そうはありません。

好きなことを仕事にしようとした時、給料が低かったり、休日が少なかったり、残業が多かったりするかもしれません。

それでもいいと最初は思えるかもしれませんが、仕事を続けているとそのことに不満を抱くようになってくることも多いです。

後悔しない仕事選びをする為には

せっかく好きなことができる仕事に就けたのに後悔してしまうようなことは避けたいです。

ですから、単に好きだからということで仕事を選ぶのではなく、しっかり考えて仕事を選ぶ必要があります。

仕事であることを意識する

まずは、仕事であることを意識しましょう。

仕事である限り、決まった期間で利益をだすことが必要となります。

納期もあるし、お客さんもいます。

好きなこととは言え、環境は違うのです。

具体的な仕事をイメージする

好きなことを仕事にしようとするならば、具体的にどのような仕事をすることになるのかイメージしましょう。

例えば、ある分野の研究職に就きたいと考えた時、どのような仕事をすることになるでしょうか。

単に実験して論文を書くだけでは終わりません。

もしかしたら実験は違う部に依頼することになるかもしれませんし、1つの研究のほんの一部分しか担えないかもしれません。

もし具体的にイメージできなければ、実際に同じような仕事をしている人にどんな仕事をしているか、聞いてみることも必要です。

将来をイメージする

5年後、10年後、20年後。

どんな人生を送っているか、どんな人生を送りたいかイメージしておきましょう。

それは仕事の面だけでなく、プライベートの面も含めてです。

まず仕事の面を考えてみましょう。

年数が経てば、仕事の内容も変わってくるでしょう。

出世するとマネジメントの仕事もしなくてはいけなくなるかもしれません。

プライベートの面で考えてみましょう。

いつかは結婚したいと考えているならば、好きなことを仕事にするだけでなく、お金もそれなりに必要となってくるでしょう。

そうなるといくら好きなことを仕事にしていても、給料の低さに不満を抱くことになりかねます。

スポンサーリンク

最後に

好きなことを仕事にして、生き生きと仕事をすることができるのは非常に幸せなことです。

ですからその道を選ぶことは間違ったことではありません。。

しかし、その前に自分の中でしっかり考える必要があります。

また、転職サイトを見るなりして、自分の知らない未知の仕事についても色々と調べてみるといいでしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:仕事を辞める前に確認しておくべき4つのこと

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ