好きなことを仕事にするメリット、デメリット。後悔しない仕事選びをするには?

好きなことを仕事にするメリット、デメリット。後悔しない仕事選びをするには?

どうせ仕事をするなら好きなことを仕事にしたい。

そう思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、好きなことを仕事にすることには、メリットもありデメリットもあり、2つの意見をよく聞きます。

メリットの部分が注目され、好きなことを仕事にしたほうがいいと言う意見があれば、

デメリットの部分が注目され、好きなことを仕事にしてはいけないと言う意見もあります。

そこで今回は好きなことを仕事にするメリット、デメリット、そして仕事選び時の注意点を紹介します。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

好きなことを仕事にするメリット、デメリット

好きなことを仕事にできることは幸せなことです。

望んでも、就きたい仕事に就けずに違う仕事を選ぶしかない人もたくさんいます。

しかし、いいことばかりではありません。

実際、好きなことを仕事にできた人でも、その仕事に就いたことを後悔する人も多くいます。

ですから、好きなことを仕事にしようとする前に、そのメリット、デメリットをしっかり知っておかなければなりません。

好きなことを仕事にするメリット

では、まずは好きなことを仕事にするメリットを紹介していきましょう。

仕事にやりがいを感じることができる可能性が高い

好きなこと、憧れていたことだからこそ、仕事にやりがいを感じることができる可能性は高いです。

もちろん、最初は興味のない仕事であっても、仕事を続けていくうちにやりがいを見出すことができるようになることもありますが、

それでも、やはり可能性が高いのは元々好きなことでしょう。

1日の大半を費やす仕事ですから、やりがいは非常に大切なものです。

そのやりがいを得られやすいというのは大きなメリットであると言えます。

成功する可能性が高い

好きこそものの上手なれということわざがあるように、やはり好きなことを仕事にしているほうが成功する可能性は高いと言えます。

もちろん好きだけで成功できるほど甘いわけではありませんが、

好きだからこそそのことに集中できるし、いくら時間を費やしても苦にならない。

仕事が嫌いで、いやいややっている人とは差が付くのも当然です。

辛い状況でもストレスが低い

仕事には辛い状況に陥ることもあるでしょう。

しかし、好きなことだから気にならない。好きだから頑張れると思うことができます。

嫌な仕事で辛い状況に陥ると、とにかく辛いだけ。

ストレスも非常に大きなものとなります。

スポンサーリンク

 

好きなことを仕事にするデメリット

では、次に好きなことを仕事にするデメリットを紹介していきましょう。

理想と現実のギャップを感じる

好きなことを仕事にしたけど、実際に仕事としてやってみると思い描いていたものと全然違い、その仕事に就いたことを後悔する人は少なくありません。

実際、退職理由として「思っていた仕事と違った」という仕事のミスマッチを上げている人が数多くいます。

特に新卒として入社した人は、仕事をすることに対して経験が無く、具体的にイメージできていない結果、憧ればかりが先行してしまっていることが多いです

好きで居続けられず、嫌いになったり飽きてしまう

好きなことだったとしても、それを仕事として行った結果、飽きて好きだはなくなってしまったり、それどころか嫌いになることすらあります。

そうなると、せっかく好きなことを仕事にできたことの意味がなくなります。

仕事をすることが苦痛になり、大きなストレスを感じながら仕事を続けることになってしまいます。

お金、休日、時間を犠牲にする必要がでるかもしれない

好きなことを仕事にでき、給料も高く、休みも多く、残業も少ない。

そんな仕事があれば最適ですが、そうはありません。

好きなことを仕事にしようとした時、給料が低かったり、休日が少なかったり、残業が多かったりするかもしれません。

それでもいいと最初は思えるかもしれませんが、仕事を続けているとそのことに不満を抱くようになってくることも多いです。

後悔しない仕事選びをする為には

せっかく好きなことができる仕事に就けたのに後悔してしまうようなことは避けたいです。

ですから、単に好きだからということで仕事を選ぶのではなく、しっかり考えて仕事を選ぶ必要があります。

仕事であることを意識する

まずは、仕事であることを意識しましょう。

仕事である限り、決まった期間で利益をだすことが必要となります。

納期もあるし、お客さんもいます。

好きなこととは言え、環境は違うのです。

具体的な仕事をイメージする

好きなことを仕事にしようとするならば、具体的にどのような仕事をすることになるのかイメージしましょう。

例えば、ある分野の研究職に就きたいと考えた時、どのような仕事をすることになるでしょうか。

単に実験して論文を書くだけでは終わりません。

もしかしたら実験は違う部に依頼することになるかもしれませんし、1つの研究のほんの一部分しか担えないかもしれません。

もし具体的にイメージできなければ、実際に同じような仕事をしている人にどんな仕事をしているか、聞いてみることも必要です。

将来をイメージする

5年後、10年後、20年後。

どんな人生を送っているか、どんな人生を送りたいかイメージしておきましょう。

それは仕事の面だけでなく、プライベートの面も含めてです。

まず仕事の面を考えてみましょう。

年数が経てば、仕事の内容も変わってくるでしょう。

出世するとマネジメントの仕事もしなくてはいけなくなるかもしれません。

プライベートの面で考えてみましょう。

いつかは結婚したいと考えているならば、好きなことを仕事にするだけでなく、お金もそれなりに必要となってくるでしょう。

そうなるといくら好きなことを仕事にしていても、給料の低さに不満を抱くことになりかねます。

スポンサーリンク

最後に

好きなことを仕事にして、生き生きと仕事をすることができるのは非常に幸せなことです。

ですからその道を選ぶことは間違ったことではありません。。

しかし、その前に自分の中でしっかり考える必要があります。

また、転職サイトを見るなりして、自分の知らない未知の仕事についても色々と調べてみるといいでしょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:仕事を辞める前に確認しておくべき4つのこと

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ