転職サイトのスカウト機能、使い方や評判、返信方法など

転職サイトのスカウト機能、使い方や評判、返信方法など

転職サイトにはスカウト機能が備わっている場合が多いです。

実は、検索可能な求人は全求人の中でほんの一部分であり、スカウト機能を使うことでわかる非公開求人のほうが多いのです。

その為、転職活動を成功させようと思ったらスカウト機能を使わないわけには行きません。

そこで、今回は転職サイトのスカウト機能の使い方を紹介していきます。

スカウト機能とは?

まずは、簡単にスカウト機能について紹介していきます。

スカウト機能は、転職サイトの中で、レジュメを登録することで、職歴やスキルにあった求人のオファーを受けることができる機能です。

企業にとって、全然的外れの人材からいくら応募してもらっても意味はなく、求めている人材に応募してもらいたいです。

そこで、スカウト機能を利用して、欲しいと思った人材に応募しませんか?とオファーを送るのです。

オファーの中には、書類選考免除などのメリットがつくこともあり、公開されている求人に比べると楽になることが多いです。

また、企業だけではなく転職エージェント会社からオファーが来ることもあります。

転職させることができる、紹介できる求人があるといった場合に、サポートを申し出てくる場合があります。

スカウト機能の充実している転職サイト

転職サイトにはスカウト機能のあるもの、スカウト機能がないものがあります。

リクナビネクストDODAなどの大手の転職サイトにはほとんど備わっているので、大手転職サイトであれば利用可能です。

ただ、転職サイトによってはスカウト機能の充実度に優劣があります。

スカウト機能が最も充実しているのはリクナビネクストです。

登録されている求人の数、オファーの量が転職サイトの中で最も多いです。

スカウト機能利用時の注意点

では、次にスカウト機能利用時の注意点を紹介します。

オファーの種類

スカウト機能を利用した場合に来るオファーは、必ずしも有益なものであるとは限らず、オファーというよりも企業の宣伝に過ぎないものもあります。

こういったものは、多くの転職者に一括で送られている為、転職で有利になることはありません。

リクナビネクストには、プライベートオファー、オープンオファー、興味通知オファーの3つがあります。

オープンオファーや興味通知オファーは、職歴等で一致している人に、大量送信されるものであり、個人個人のレジュメをしっかり見て送られてくるわけではありません。

もちろん、それが無意味であるわけではなく、そのオファーによってその求人を知ることができ、応募するきっかけになることもあります。

ただ、他の人に比べて有利になるわけではなく、書類選考で落ちることもあります。

一方、プライベートオファーは、個人個人のレジュメを読んだ上で、その人に対して送ってきているオファーである場合が多いです。

その為、書類選考免除など有利になることもあります。

ただ、プライベートオファーの中にも、機械的に送っている場合もある為、メールの文面から判断することが必要です。

オファーに対する返信

オファーに対して、どう返信すればいいかわからないという人もいるかもしれませn。

そこで、オファーに対する返信方法を紹介します。

応募したい場合

オープンオファーであろうと、プライベートオファーであろうと、応募したい時には返信しましょう。

オファーを貰ってから返信はできるだけ早く変身するようにしてください。

オファーに対する返信内容としては以下のポイントを入れるようにしてください。

  • オファーに関する感謝
  • 応募の意思があるということ
  • 応募したいと思った理由
  • 質問事項

職歴、自己アピールなど基本的なことはレジュメで確認して貰ってるはずなので、書く必要はありません。

断る場合

オファーに対して興味がなく、オファーを断る場合には、返信する必要は全くありません。

わざわざ1件ずつ断りのメールを入れるのは時間の無駄ですから、辞めましょう。

ばれる心配はない

スカウト機能を登録する際、勤務先を登録したり、これまでの職歴を登録する為、ばれるのではないかと心配になる人もいるでしょう。

ただ、その心配はありません。

まず、名前や勤務先、住所といった個人情報は企業が見ることはできません。

職歴の社名なども非公開にしておけば、誰からも見ることはできません。

また、ブロック機能もあって、特定の企業に対しては一切レジュメを見ることができなくなる為、自分の会社や関連会社をブロックしておけば良いでしょう。

オファーされても書類選考で落ちることもある

オファー=ほぼ内定なんてことはありません。

オープンオファーはもちろんですが、プライベートオファーを貰った場合でも書類選考で落ちることもあります。

ですから、履歴書や職歴書など書類選考に必要なものや、面接などに絶対に手を抜かないようにしてください。

確かに有利になることはあります。ただ、そう思って手を抜くと、せっかくのオファーが無駄なものになってしまう危険があるのです。

スカウト機能を上手く使って転職活動を進めよう

スカウト機能は、上手く使うことができれば転職活動を有利に運べますし、様々な企業のオファーを貰えることで楽に転職活動を進める道具になります。

ですから、積極的に使うようにしてみましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ