職場ですぐ怒る人の特徴。怒りっぽい上司への対処法とは?

職場ですぐ怒る人の特徴。怒りっぽい上司への対処法とは?

上司がすぐ怒る、怒りっぽいということで困っている人も多いのではないでしょうか。

誰だって怒られたくないでしょうし、職場の雰囲気も悪くなってしまいますよね。

ですからから、すぐ怒る上司よりも、優しい上司のほうが良いですよね。

とは言え、上司は自分で選ぶことができませんから、怒りっぽい上司にあたってしまったとしても我慢するしかありません。

でも、なんでこんな怒りっぽいんだろうと不思議に思いますよね。

そこで、今回はすぐ怒る人の特徴や対処法を紹介します。

関連:会社で上司に怒られやすい人の性格や特徴

関連:理不尽な上司にうんざり、どう対処し、どう付き合えばいい?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

すぐ怒る、怒りっぽい人の特徴

職場にいるすぐ怒る人、怒りっぽい人、特に上司はどんな人ですか?

実はこんな特徴を持っているかもしれません。

自分に自信がある

過去にこんなことをやってきたという自信や、能力は誰にも劣っていないという自信を持っている人ほど、怒りっぽい人が多い傾向にあります。

自分はできることがなぜできないのかということを思う場合や、自分の実力、正当性をアピールする為に行っている場合があります。

こだわりが強い

仕事はこうあるべきだ、仕事はこうするべきだというこだわりが強い人もまた、すぐ怒る、怒りっぽい人が多いです。

こだわりが強い為に、少しでも思い通りにいかないと、イライラしてして怒ってしまいます。

ミスがなくても、仕事の流れが違っていたり、仕事のやり方が違っていると、すぐ怒りだします。

怒ることに意味があると思っている

部下を成長させる為には、怒ることが必要だ。

怒らなければ、部下はわからない。

そんな風に思っている結果、すぐ怒る人もいます。

実際怒ることによって、部下の意識改革を促すこともあるでしょうが、必ずしもそうなるわけではありませんし、大きなストレスを与えてしまうことにもなります。

しかし、怒ることを過剰に正当化してしまっている場合が多いです。

実は小心者、不安症

仕事でミスをしてしまうと、そのミスの大きさによっては、あなただけの問題だけでなく、上司の問題にもなることがあります。

上司はそれだけ責任の重い立場なのです。

ただ、上司が小心者であったり、不安症だと、怒りっぽくなりがちです。

自分が怒られることをひどく嫌い、部下のミスに敏感に反応し説教したり、常に状況を把握していないと不安で、報連相を怠るとひどく怒ることが多々あります。

また、小心者であるが故に、怒ることで上司としての立場を守っているなんて人もいます。

普段から大きなストレスを感じている

怒りっぽい原因が、性格ではなく、むしろその人の置かれている状況に原因があるかもしれません。

誰だって、ストレスが溜まっている時というのはイライラしがちですよね。

上司という立場は、責任が重くなり、一般社員よりも大きなストレスを感じてしまっている場合が大いにあります。

また、ストレスが溜まるのは仕事だけじゃありませんね。家庭のことなどでストレスを感じてしまっている場合もあるかもしれません。

すぐ怒る、怒りっぽい上司への対処法

怒りっぽい上司なんて、部下にとっては正直迷惑。

とは言え、怒りっぽい性格を直してもらうなんてことはできません。

ですから、上司が変わることに期待するのではなく、自分がどう対処していくかが大切になります。

なんでこんなに怒るんだろうと考えてみる

怒りっぽいとは言っても、その理由は人によって様々。

実は小心者であったり、実は尊厳を示したいだけであったり、単にイライラしているだけであったり。

まずは、何が原因で怒っているのかを知るところから始めましょう。

そうすることで、今後何をすれば怒られるのか、何をすれば怒られにくくなるかということも見えてきます。

下手に意見は言わない

怒られている時は、下手に意見を言うのは辞めておきましょう。

何か言うと、言い訳だなんだと思われてしまい相手の怒りを増幅させてしまう可能性が高いです。

逆に、正当な意見を言ったとしても、よりいっそう上司を怒らせることになります。

ようするに、どんな意見を言ってもよりいっそう怒らせるだけです。

怒られる時はできるだけ短時間で終わらせるように心がけ、また普段もあまり関わらないようにするのがいいでしょう。

尊敬している感じをだす

怒られている内容がわけのわからないものであったり、理不尽なものであるなんてことはよくあります。

そんなことで怒られると、イライラしてしまうし、上司を尊敬することなんてできませんよね。

ただ、態度としてそれがでてしまうと、余計怒られることになります。

尊厳を示したいから怒っている上司にとって、そういった態度を取られると余計イライラします。

適当に尊敬している感じをだして、その場をやりすごすのが一番楽です。

怒られすぎて大きなストレスとなっていたら

すぐ怒る、怒りっぽい人が上司になってしまうと、毎日大きなストレスにを感じることになりますよね。

なんとか適当にやる過ごせるのであればいいのですが、我慢のしすぎには注意しましょう。

また、怒ることがひどくなり、パワハラになっている場合もあります。

もしもあなたに行われている行為がパワハラであるならば、会社に相談したり、転職することも視野にいれておきましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

関連:仕事、会社生活で理不尽なことが多すぎる。それって当たり前なの?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ