ストレスの少ない仕事、ストレスが多い仕事の特徴

ストレスの少ない仕事、ストレスが多い仕事の特徴

できればもっとストレスの少ない仕事につきたいなーなんてことを考えたことはありませんか?

仕事をしているとストレスを感じるのは仕方のないことだとしても、できるだけ少ないほうが良いと思うのは当然のことです。

そこで、今回はストレスが多い仕事、ストレスが少ない仕事の特徴を紹介します。

人によって、どういった部分にストレスを感じるかやストレスを感じやすいかどうかは大きく変わりますので、まずは自分がどういったことにストレスを感じやすいかを考えてみてください。

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。適度なストレスは必要。

ストレスの高い仕事の特徴

では、ストレスが高い仕事の特徴を紹介します。

ただ、ストレスの感じやすさや感じ方は人によって様々であり、ある人にとってストレスを感じることであっても、違う人にはなんとも思わないということも多々あります。

ですから、自分にあてはめて考えてみるようにしてみてください。

責任が重い、ミスが許されない

仕事の責任が重く、ミスが許されない仕事に対してストレスが高くなりがちです。

例えば、人の命に関わる医者や看護師といったものが挙げられます。

もちろん、そういった仕事に限らず、ミスするとプロジェクトに大きな影響があるような仕事であったり、ミスすることで上司にひどく怒られるような状況であったりすると、高いストレスを感じやすいです。

せっかく昇格しても責任が重くなったことで仕事を辞めてしまう人も少なくはありませんし、そもそも出世したくないという人も非常に多くいます。

ノルマがきつい

営業なんかだと、個人に対してノルマを課している場合が多いです。

ただ、このノルマはストレスの大きな原因。

特に、未達成であった時に怒られたり、嫌みを言われるような環境だとさらにストレスは高くなります。

例えその月なんとか乗り切ったとしても、また次の月にはゼロから頑張らなくてはならないと思うと、うんざりするのも仕方ありません。

営業の件数のように、数字として明確にわかってしまう評価指標というのは、評価がしやすいというメリットがありますが、あまり成果がでていない社員のプレッシャーが高くなり、ストレスが高くなってしまうというデメリットがあります。

 自分の意志が反映できない

本当はこうした方が良いのに、本当はこれがやりたいのにと思っても、なかなか自分の思った通りにはできず、上司の指示に従うのみという場合は多いですよね。

仕事の自由度がないと、やらされ感ばかりが強くなってしまい、ストレスは高くなる一方です。

さらにストレスが高くなるのが、自由度は全くないにも関わらず高い成果を求められ、指示通りにやって失敗した場合にも責任を負わされるという場合。そういった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

仕事量が多すぎる、または少なすぎる

仕事の量は、多すぎても少なすぎてもストレスを感じる原因になります。

仕事量が多いと、労働時間が長くなってしまったり、仕事が終わらないことを上司に怒られてしまったりします。

逆に仕事量が少なくて、暇をもてあますこともストレスにつながっていきます。

適切に評価されない

自分はこんなに頑張っている、こんなに成果を出していると思っていても、それが適切に評価されずに昇給や昇格が周囲に比べて遅れていることに関してストレスを感じる人も少なくはないでしょう。

評価は上司次第、仕事の内容次第な部分もあって、優秀な人材だからといって必ずしも評価が高くなるわけではないというのは、どこの会社でもある話。

ただ、本人にとってはそれが仕方ないで済ませることではないですよね。

人間関係が上手くいっていない

仕事でどんなことにストレスを感じていますかという質問に対して、最も一番多かったのが職場の人間関係です。

中には、デリカシーのないことを言ってくる人、あからさまに嫌な態度をしてくる人もいたりともします。

仕事である以上、面倒な人、嫌な人とも付き合っていかなくてはならす、多大なストレスを感じている人は少なくないでしょう。

給料が低い、休みが少ない

ストレスを感じるのは、仕事の内容や職場環境だけではありません。

仕事に見合わない低い給料や、休みが少ないといった、労働条件に関することでストレスを感じる人も多いです。

仕事は大変だけど、給料を貰うことがストレスを緩和している、休日にしっかり休むことでストレスを解消しているという人も少なくありません。

そこに不満があると、普段感じているストレスをさらに増幅させてしまうことになってしまいます。

自分に合っていない仕事

自分の得意なこと、自分のやりたいこととは全く違う仕事を強いられることもストレスを感じる原因になってしまいます。

仕事の楽しさを全く感じることができず、仕事がつまらない、能力を発揮できないと常に不満ばかり感じてしまうようになってしまいます。

ストレスの少ない仕事の特徴

では、逆にストレスの少ない仕事はどういった特徴があるでしょうか。

ミスに対して寛容

例え仕事でミスをしたとしても、そのミスの関してそんなに責められることなく、寛容に受け止めてくれる環境だとストレスは少なくなります。

そんなに責められないと思えるからこそ、難しいことにもチャレンジしやすくなりますし、ミスを隠すといったことも少なくなります。

ノルマがない

ノルマがあるよりは、やはりノルマがないほうがストレスは少ないです。

もちろん、仕事の成果はださなくてはなりませんが、それでも達成目標として明確な数字があるかないかでは、感じるプレッシャーは違います。

程よい仕事量

多すぎず少なすぎず、程よい仕事量であることが、ストレスの低い仕事の条件と言えるでしょう。

無理しすぎなくても十分こなすことができ。残業もほどほどでできる仕事だと、プライベートの時間もとれるし、仕事が終わらないことで感じるプレッシャーも少なくなります。

また、仕事をしても終わりが見えないのではなく、着実に抱えている仕事が減っていっているという実感を得ることができるのも、ストレスが少なくなる要因です。

人間関係が上手くいっている

上述したように、人間関係にストレスを感じている人は非常に多くいます。

もし人間関係が上手くいけばそれだけでストレスはかなり軽減されるでしょう。

人間関係が上手くいくと、仕事が円滑に進みやすくもなりますし、仕事自体が楽しくなったりもします。

自分の裁量で仕事をしやすい

自分の裁量が大きく、自由にできるようになるほどストレスは小さくなると言われています。

裁量が大きいことでやらされ感がなくなりモチベーションを維持しやすく、ポジティブに仕事に取り組めます。

また、仕事自体を自分事としてとらえることができるようになり、たとえミスしたとしても人のせいではなく自分のこととして受け止めることもしやすくなります。

仕事に見合った給料を貰うことができる

上述したように、仕事である以上は給料を貰うというのは非常に大切なこと。

仕事に見合った給料を貰うことで、仕事を頑張ってよかったと思うことができるし、今後のモチベーションにも繋がっていきます。

仕事でのストレスが体に与える影響は大きい

多くの人は、仕事でストレスを感じるのは仕方ないと考えているでしょう。

確かにその通りで、ストレスを全く感じない仕事なんていうのはおそらくありません。

ただ、過剰なストレスは体に様々な悪影響を及ぼすことを忘れてはいけません。

最悪の場合、うつ病などの精神疾患になってしまったり、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気になってしまうこともあるのです。

どういったことにストレスを感じやすいかや、ストレスに対して強いか弱いかは人によって様々。

周囲からはそんなことでと思われるようなことだとしても、当の本人にとっては過剰なストレスとなっている場合もあります。

だからこそ、自分自身で気を付けていかなくてはなりません。

無理だと感じたら、時には仕事を変えることも考えてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトや転職エージェントに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

関連:仕事を辞めたいならうつ病になる前に行動を!そんなに頑張って働く意味はない



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ