ストレスの少ない仕事、ストレスが多い仕事の特徴

ストレスの少ない仕事、ストレスが多い仕事の特徴

できればもっとストレスの少ない仕事につきたいなーなんてことを考えたことはありませんか?

仕事をしているとストレスを感じるのは仕方のないことだとしても、できるだけ少ないほうが良いと思うのは当然のことです。

そこで、今回はストレスが多い仕事、ストレスが少ない仕事の特徴を紹介します。

人によって、どういった部分にストレスを感じるかやストレスを感じやすいかどうかは大きく変わりますので、まずは自分がどういったことにストレスを感じやすいかを考えてみてください。

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。適度なストレスは必要。

ストレスの高い仕事の特徴

では、ストレスが高い仕事の特徴を紹介します。

ただ、ストレスの感じやすさや感じ方は人によって様々であり、ある人にとってストレスを感じることであっても、違う人にはなんとも思わないということも多々あります。

ですから、自分にあてはめて考えてみるようにしてみてください。

責任が重い、ミスが許されない

仕事の責任が重く、ミスが許されない仕事に対してストレスが高くなりがちです。

例えば、人の命に関わる医者や看護師といったものが挙げられます。

もちろん、そういった仕事に限らず、ミスするとプロジェクトに大きな影響があるような仕事であったり、ミスすることで上司にひどく怒られるような状況であったりすると、高いストレスを感じやすいです。

せっかく昇格しても責任が重くなったことで仕事を辞めてしまう人も少なくはありませんし、そもそも出世したくないという人も非常に多くいます。

ノルマがきつい

営業なんかだと、個人に対してノルマを課している場合が多いです。

ただ、このノルマはストレスの大きな原因。

特に、未達成であった時に怒られたり、嫌みを言われるような環境だとさらにストレスは高くなります。

例えその月なんとか乗り切ったとしても、また次の月にはゼロから頑張らなくてはならないと思うと、うんざりするのも仕方ありません。

営業の件数のように、数字として明確にわかってしまう評価指標というのは、評価がしやすいというメリットがありますが、あまり成果がでていない社員のプレッシャーが高くなり、ストレスが高くなってしまうというデメリットがあります。

 自分の意志が反映できない

本当はこうした方が良いのに、本当はこれがやりたいのにと思っても、なかなか自分の思った通りにはできず、上司の指示に従うのみという場合は多いですよね。

仕事の自由度がないと、やらされ感ばかりが強くなってしまい、ストレスは高くなる一方です。

さらにストレスが高くなるのが、自由度は全くないにも関わらず高い成果を求められ、指示通りにやって失敗した場合にも責任を負わされるという場合。そういった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

仕事量が多すぎる、または少なすぎる

仕事の量は、多すぎても少なすぎてもストレスを感じる原因になります。

仕事量が多いと、労働時間が長くなってしまったり、仕事が終わらないことを上司に怒られてしまったりします。

逆に仕事量が少なくて、暇をもてあますこともストレスにつながっていきます。

適切に評価されない

自分はこんなに頑張っている、こんなに成果を出していると思っていても、それが適切に評価されずに昇給や昇格が周囲に比べて遅れていることに関してストレスを感じる人も少なくはないでしょう。

評価は上司次第、仕事の内容次第な部分もあって、優秀な人材だからといって必ずしも評価が高くなるわけではないというのは、どこの会社でもある話。

ただ、本人にとってはそれが仕方ないで済ませることではないですよね。

人間関係が上手くいっていない

仕事でどんなことにストレスを感じていますかという質問に対して、最も一番多かったのが職場の人間関係です。

中には、デリカシーのないことを言ってくる人、あからさまに嫌な態度をしてくる人もいたりともします。

仕事である以上、面倒な人、嫌な人とも付き合っていかなくてはならす、多大なストレスを感じている人は少なくないでしょう。

給料が低い、休みが少ない

ストレスを感じるのは、仕事の内容や職場環境だけではありません。

仕事に見合わない低い給料や、休みが少ないといった、労働条件に関することでストレスを感じる人も多いです。

仕事は大変だけど、給料を貰うことがストレスを緩和している、休日にしっかり休むことでストレスを解消しているという人も少なくありません。

そこに不満があると、普段感じているストレスをさらに増幅させてしまうことになってしまいます。

自分に合っていない仕事

自分の得意なこと、自分のやりたいこととは全く違う仕事を強いられることもストレスを感じる原因になってしまいます。

仕事の楽しさを全く感じることができず、仕事がつまらない、能力を発揮できないと常に不満ばかり感じてしまうようになってしまいます。

ストレスの少ない仕事の特徴

では、逆にストレスの少ない仕事はどういった特徴があるでしょうか。

ミスに対して寛容

例え仕事でミスをしたとしても、そのミスの関してそんなに責められることなく、寛容に受け止めてくれる環境だとストレスは少なくなります。

そんなに責められないと思えるからこそ、難しいことにもチャレンジしやすくなりますし、ミスを隠すといったことも少なくなります。

ノルマがない

ノルマがあるよりは、やはりノルマがないほうがストレスは少ないです。

もちろん、仕事の成果はださなくてはなりませんが、それでも達成目標として明確な数字があるかないかでは、感じるプレッシャーは違います。

程よい仕事量

多すぎず少なすぎず、程よい仕事量であることが、ストレスの低い仕事の条件と言えるでしょう。

無理しすぎなくても十分こなすことができ。残業もほどほどでできる仕事だと、プライベートの時間もとれるし、仕事が終わらないことで感じるプレッシャーも少なくなります。

また、仕事をしても終わりが見えないのではなく、着実に抱えている仕事が減っていっているという実感を得ることができるのも、ストレスが少なくなる要因です。

人間関係が上手くいっている

上述したように、人間関係にストレスを感じている人は非常に多くいます。

もし人間関係が上手くいけばそれだけでストレスはかなり軽減されるでしょう。

人間関係が上手くいくと、仕事が円滑に進みやすくもなりますし、仕事自体が楽しくなったりもします。

自分の裁量で仕事をしやすい

自分の裁量が大きく、自由にできるようになるほどストレスは小さくなると言われています。

裁量が大きいことでやらされ感がなくなりモチベーションを維持しやすく、ポジティブに仕事に取り組めます。

また、仕事自体を自分事としてとらえることができるようになり、たとえミスしたとしても人のせいではなく自分のこととして受け止めることもしやすくなります。

仕事に見合った給料を貰うことができる

上述したように、仕事である以上は給料を貰うというのは非常に大切なこと。

仕事に見合った給料を貰うことで、仕事を頑張ってよかったと思うことができるし、今後のモチベーションにも繋がっていきます。

仕事でのストレスが体に与える影響は大きい

多くの人は、仕事でストレスを感じるのは仕方ないと考えているでしょう。

確かにその通りで、ストレスを全く感じない仕事なんていうのはおそらくありません。

ただ、過剰なストレスは体に様々な悪影響を及ぼすことを忘れてはいけません。

最悪の場合、うつ病などの精神疾患になってしまったり、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気になってしまうこともあるのです。

どういったことにストレスを感じやすいかや、ストレスに対して強いか弱いかは人によって様々。

周囲からはそんなことでと思われるようなことだとしても、当の本人にとっては過剰なストレスとなっている場合もあります。

だからこそ、自分自身で気を付けていかなくてはなりません。

無理だと感じたら、時には仕事を変えることも考えてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

関連:仕事を辞めたいならうつ病になる前に行動を!そんなに頑張って働く意味はない


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ