転職でかかるストレスは大きい?転職活動時のストレスの内容や対策方法

転職でかかるストレスは大きい?転職活動時のストレスの内容や対策方法

転職活動というのは、ほとんどの人が楽しいと感じることはできずに辛い、しんどいと思いながら進めていくことになります。

ストレスを全く感じることなく転職活動を終えたという人は本当にごく少数でしょう。

そこで今回は、転職活動においてストレスに感じる内容やその対策について紹介していきます。

関連:転職活動に疲れた、転職活動をもう辞めたい。そう思った時の対処法。

関連;転職したいけどめんどくさいという人が行うべき転職活動のやり方

転職活動中にはストレスを感じるもの

転職活動というのは、本来遊んだり休んだりすることができる時間にわざわざ履歴書を書いたり、面接にいったりと本当ならやりたくもないことをやらなくてはならない為、ただ続けるだけでもストレスを感じてしまうものです。

しかも、選考に受かるか受からないかというのは自分でコントロールできるものではなく、期待しているものを裏切られる連続になってしまう為、感じるストレスはさらに大きくなっていきます。

転職活動をする以上、これらのストレスを感じることから避けることはなかなかできないと考えておいたほうが良いでしょう。

中には、このストレスを嫌がって転職活動自体をしないという人も少なくはないかもしれません。

転職活動をするかしないかというのは、倒産などやむを得ない場合を除き個人の自由ですから、それはそれで一つの選択肢です。

ただ仕事に対して不満を感じている場合、転職活動しない限りはそれを解消することはできません。解消したいと考えるならばどこかで転職活動という期間限定のストレスに対し、向き合っていく必要があります。

転職活動中のストレスの原因

まずは転職活動において感じるストレスの原因について、明らかにしていくことにしましょう。

思っていたように選考に通らない

転職活動を進めていく中で、最も多くの人が強く感じる原因は思っていたように選考に通らないということだと思います。

落ちるたびにいつか受かるんだろうかと不安になり、自分を否定されたかのような気分になって落ち込んでしまう。そんな感覚を持ってしまっている人も少なくはないと思います。

転職活動では、内定がでるまで平均でも20社程度受けることになっており、何度も落ちることは当然のことです。30社、40社落ちることだって珍しいことではありません。

ただそうは言ってもやっぱり落ち続けるという現実を目の当たりするとやっぱりへこみますよね。

また、転職活動をしている人のうちでできるだけ早く転職したいと考えている人は多いでしょう。仕事を辞めてしまっている人はもちろん、仕事を辞めずに転職活動をしている人も何かしらの不満を持っているわけですから。

選考に通らないことが何回か続いてしまうと、早く転職したいのに転職ができないという状態でのもどかしさもストレスの大きな原因でしょう。

転職活動にかける時間がない

多くの人は仕事を辞めずに転職活動を行い、転職先が決まってから退職をするという形をとりますが、そうなった場合に仕事が忙しくて時間をかけることができないというのもストレスの原因。

応募しようと思っていたのに履歴書といった書類作成に時間をかけることができずに締め切りが過ぎてしまった、1ヶ月でたったほんの少ししか応募できなかったなど、思っていたように転職活動を進められないもどかしさにもやもやしてしまうこともあるでしょう。

また転職活動に時間をかけることができずに応募すらできないと、自然と転職活動にかかる期間は長くなってしまい早く転職したいのにできないという状態は長くなってしまいます。

仕事との両立に疲れた

仕事をしながら転職活動を進めている場合、何かは我慢し、多少は無理をしながら転職活動にあてる時間を捻出することになります。

帰ってからだらだらしている時間で求人情報を見る、土日に遊んでいた時間を履歴書の作成に充てるなど、やっぱり何かは我慢しなくてはなりません。

ただその状態が長く続いてしまうとやっぱり疲れはたまっていきます。どこかでもう疲れた、もう辞めたいと思ってしまうこともあるかもしれません。

本当に転職して後悔しないのかという不安

転職しようと転職活動を始めたはずなのに、選考が進んでいくと感じる「本当に転職して後悔しないだろうか」という不安。

その不安によって自分が進むべき方向性をわからなくなってしまうなんてこともよくあることです。

転職は絶対に成功が保証されているものではなく、失敗に後悔してしまう人もいるもの。失敗したからと言って前の状態に戻ることはできませんから、どうしても恐怖心は大きくなってきます。

ストレスの対策

転職活動では、上述したように色々と大きなストレスがかかってしまいます。

もちろん転職活動を辞めてしまえばそのストレスからは解消されるものの、転職することができなくなってしまうので現状の仕事で我慢し続けることになってしまいます。

転職活動でかかるストレスは確かに大きいものですが、あくまで一時的なものであり上手く対策して乗り越える方が、長い目で見て絶対に良いことです。

転職活動に関することを全くやらない日を作る

精神的な疲労、肉体的な疲労を取り除く為にも、休みを取ることは重要なこと。

早く転職したいという気持ちが強ければ強いほどの、空いている時間を転職活動に関することに費やしてしまいがちです。

ただ転職活動にかかる期間は2ヶ月から3ヶ月。場合によっては半年以上かかることだってあります。

そんな状態でこれだけ長い期間を過ごすことができるなんて人は少数派でしょう。

ですから、週に1、2回程度は転職活動に関することを全くやらない日を作ってみましょう。飲みに行くのもよし、ゲームをするのも良し。求人を検索することも履歴書を書くこともなく、自分の好きなことが時間をつくってみてください。

ここまでで得られたものを振り返ってみる

選考で落とされてしまうと、全てが無駄だった、またゼロからやり直しだなんていう風に考えてしまう人がいるかもしれませんが、実際には転職活動によって得られたこともあるはずです。

全てが無駄だったとマイナス方向のことばかりを考えるのではなく、むしろ得られたものについて考えるようにしてみてください。

落とされたのは縁がなかっただけだと割り切る

転職活動で内定を貰えることができるかどうかというのは、能力だけではなく運の要素も関係してきます。

企業によって求めている能力、人物像は違いますし、たまたま話した内容でも影響がでるようなものです。

特に中途採用は新卒採用と違って企業も能力、年齢、人物像など色々な点をかなり狭めて考えている為、自分がマッチしていると思っていても企業にとっては若干ずれている場合も多数あります。

ですから、採用試験で落ちてしまうというのは幾分仕方がないことであり、そんなことでいちいち落ち込む必要なんてありません。

落ちたからといってあなた自身を否定するものではなく、単に縁がなかっただけの話です。

愚痴を言える人をつくる

ストレスがたまった時、自分ひとりで抱え込むのではなく誰かに愚痴をいうのも大切。

誰でもいいので、愚痴を言える相手を見つけてみてください。そして無意味なプライドは捨てて愚痴ってみてください。

ただ、会社に関係ある人には言わないほうがいいですね。どんなに仲が良い人であっても、そこから上司などにばれてしまうという可能性もないわけではありませんから。

転職エージェントのサポートを利用する

転職活動に費やす時間がとれない、面接などの日程調整が大変、やることが多くて疲れたという人は転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職エージェントは最初に面談があり時間がとられるものの、それ以外の面で様々なサポートを行ってくれます大きな時間節約になります。

応募する求人の選定に関しても、希望にマッチしているという条件の元、企業の求めている人材と応募者がマッチしている求人を紹介している為内定率は高く応募社数は少なくて済みますし、履歴書や職歴書にしてもアドバイスを貰えるので自分ひとりで書くよりもずっと楽。面接日などの交渉も行ってくれるので、日程調整で悩むことも少なくなります。

転職活動もいつかは終わる。自分のペースで継続していこう。

転職活動というのは、仕事とちがってずっと続くようなものではなく、いつか必ず終わりを迎えます。

無理をせず、ただ決してだらけることなく、自分のペースでじっくり転職活動を行っていくようにしましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:効率の良い転職の仕方。転職活動は全く難しくない!

関連;転職活動に疲れた、転職活動をもう辞めたい。そう思った時の対処法。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ