仕事のストレスを上手く解消できてる?おすすめの解消方法を紹介

仕事のストレスを上手く解消できていますか?おすすめの解消方法を紹介。

仕事をしている人にとって、ストレスはきってもきれない関係。

適度なストレスは必要ですが、溜めすぎて過度なストレスとなると心ばかりか身体にも悪い影響を及ぼしてしまいます。

その対策は、

  1. ストレスを取り除く
  2. ストレスを解消する

このどちらかになりますよね。

1.ストレスを取り除くという点は、過ごし方で多少なりともできますが、仕事をする限り満足するほどまではいきません。

必ずストレスはありますし、どうしても取り除くことができないストレスがあります。

そこで大事になってくるのが2.ストレスを解消するということ。

人によっては強いストレスを感じても、上手く解消することができますが、

ストレス解消が下手な人は、上手く解消できずストレスが溜まっていくばかり。これではあなたに悪影響を及ぼしてしまいます。

精神的、身体的健康の為にもストレスは上手く解消したいですよね。

でもどうすればうまくストレスを解消できるのか、良い解消方法はないのかという悩む人も多いかとおもいます。

そこで今回は、仕事のストレス解消方法を紹介します。

関連:仕事の人間関係が上手く行かず辞めたい。そんな時の対処法。

関連:仕事のストレスが大きすぎる。その原因はどこにある?

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

ストレスを感じるのはなぜか

ストレス解消方法の前に、そもそもなぜ人はストレスを感じるかを知っておきましょう。

ストレスとはなにか

ストレスとは、生物学的には何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態を意味している。

ストレスの原因はストレッサーと呼ばれその外的刺激の種類から物理的ストレッサー(寒冷、騒音、放射線など)、化学的ストレッサー(酸素、薬物など)、生物的ストレッサー(炎症、感染)、心理的ストレッサー(怒り、不安など)に分類される。ストレッサーが作用した際、生体は刺激の種類に応じた特異的反応と刺激の種類とは無関係な一連の非特異的生体反応(ストレス反応)を引き起こす。

引用:Wikipedia

ストレスと言うと、心についてのことのみと思いがちですが、心の面だけではなく体などにも感じるものです。

ストレスを感じると、あなたの身体はストレス反応を引き起こします

ストレスは人から怒られたり、思い通りにいかなかった時に感じるだけではありません。

なにか変化あった時に、人はストレスを感じるのです。

今回は、精神面に特化して話しますが、精神面でストレスを感じる場合は以下のような時です。

  • 身近な人の死
  • 病気やけが
  • 結婚、離婚
  • 就職、転職、転勤
  • 出世、異動、残業、人間関係の悪化
  • 失敗、今後の不安、不満

出世や結婚など、一般的に好ましいとされているものでも、環境変化に人はストレスを感じるのです。

そして、ストレスを感じる状態が続くと、肉体や精神に悪い影響がでてしまうのです。

ですのでストレスを上手く解消していくことは非常に大切なのです。

ストレス解消方法。最初のステップ

環境の変化が起こらない人はいません。

ですので、ストレスを感じるのは当然のことです。

ですので、ストレスと上手く付き合い、解消していくことが必要となります。

そこで、大切なことは

  1. 環境の変化でストレスを感じるということを知る
  2. ストレスを感じていることを認める
  3. ストレスを解消する為の行動をする

となります。

ストレスを感じている状態を認めることをしない人が多いのですが、

自分でストレスを感じているという認識し、その上で行動にうつらなくてはなりません。

スポンサーリンク

仕事のストレス解消方法

具体的に、どのような行動がストレス解消につながるか、そしてその為の具体的な方法を解説します。

仕事のストレス解消のためには

仕事でのストレス解消には以下のことが有効です。

ストレス解消方法①:リラックス

心身ともにリラックスすることで、心身の緊張を緩め、副交感神経の活発にしてくれます

ストレス解消方法②:泣く

泣くことにより、エンドルフィンが脳内で増加します。このエンドルフィンには強い鎮静作用があり、ストレス解消に役立つとされています。

ストレス解消方法③:笑う

笑うこともエンドルフィンの分泌を促進させることに役立ち、ストレス解消につながります。

ストレス解消方法④:仕事以外の趣味

仕事以外の趣味を持ち、仕事から頭を切り離すことで、ストレスの原因になったものから離れることができます。

気にしない方法

仕事において、過度なストレスを感じる原因に、仕事を辞めることができないと思い込んでいることがあげられます。

自分の転職市場価値を調べてみると、自分には転職先があることがわかり、追い込まれることが減ります。

選択肢があるということを認識することが大切なことです。

 

仕事のストレス解消の為の具体的なおすすめ解消方法

上記を実現できる具体的な解消法です。

読書

読書は、自ら読むという行為(能動的行為)のため、読み始めると没頭しやすく、ストレスを感じている仕事から脳を切り離すことができます。

また、没頭すればするほど感情を揺さぶられる為、泣く、笑うといったエンドルフィン分泌の促進にもつながります。

実際、たった6分の読書でストレスが大幅に軽減されたという研究結果があります。

テレビ、映画

笑う、泣くといった感情によるエンドルフィンの分泌促進にはもっとも容易な方法です。

ただ、受動的行動となる為、没頭できなければあまり効果はありません。

スポーツ団体に属する

なにか得意なスポーツであれば、どこかのスポーツ団体に所属してみるのもいいでしょう。

運動することはもちろん、誰かと一緒に行うことでより没頭でき、

また大会などにも出場することで喜びや悔しさなどを感じることができます。

スポンサーリンク

最後に

仕事でのストレスを上手く解消して行かないと、うつ病といった心の病や身体の病を引き起こしてしまいます。

身体を壊してしまっては元も子もありません。

とは言うものの、今の社会ではストレスから逃げることがなかなか困難です。

ストレスから逃げれないからこそ、解消する為の行動にうつりましょう。

また、仕事上であまりにひどいストレスを感じているのであれば、体を壊す前に会社をやめましょう。まずなにより身体が大事です。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。一方、適度なストレスは必要。

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

関連:職場のモラハラにはどう対策すればいい?モラハラの問題点と対策方法

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ