スタートアップ企業に就職、転職する場合に知っておきたいメリット、デメリット。使い捨てにされる危険性があるかも

スタートアップ企業に就職、転職する場合に知っておきたいメリット、デメリット。使い捨てにされる危険性があるかも

転職市場においては、年収が高い、休日が多い、安定しているといった理由から大企業に人気が集中し、企業によってば数百倍のという倍率にあることもあります。

ただ、転職を希望している人の全てが大企業に魅力を感じているというわけではなく、大企業で働いている人でもわざわざベンチャー企業に転職を考える人もいます。

今回、ベンチャー企業の中でも特にスタートアップ企業と呼ばれる企業について、転職することのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?

関連:ワンマン社長の会社は危ない!?特徴や対処法とは。

スタートアップ企業とは

独自の革新的な技術や製品、サービスでビジネスを行うベンチャー企業の中でも、特に起業間もない企業のことをスタートアップ企業と呼びます。

スタートアップの本来の定義としては、新しいビジネスで急激な成長を遂げ、上場等によって大きな利益を得ようと考えている一時的な集合体ということみたいで、ベンチャー企業とは違いがあるのですが、現在では上述したように使われる場合が多くなっています。

今回紹介するスタートアップの企業とは起業間もない企業という意味合いで使っていきます。

スタートアップ企業に就職、転職するメリット

スタートアップ企業には、企業間もないからこそのメリット、デメリットがあり、これから就職、転職しようと考えている人はそのことをしっかり考えておかなくてはなりません。

まずはメリットから紹介して行きます。

裁量が大きい、自由度が高い

すでに形がある程度出来上がっている企業に比べて、裁量の大きさ、自由度の高さというのは格段に優れているということでしょう。

特に大企業ではすでにできあがったシステムの中で決められた手順を上司の指示に従って行うことになることがほとんどですが、スタートアップ企業となると自分で物事を考えて行わなくてはいけない一方でその分裁量は大きくなります。

このことによって、大幅な成長を実感できる人は少なくないと思います。

給料の大幅増にも期待できる

スタートアップ企業の場合、最初は給料が低いことがほとんどです。

しかしながら、会社の成長と共に給料は格段に増えていく可能性があります。

どんどん会社が大きくなった時、最初からいたという点から役員などそこそこ重要な役職を任せられる可能性も十分にあります。

また、その企業が上場することということなればストックオプションによって大きな利益を得ることが可能となる場合もあります。

会社を大きくするというやりがいを感じることができる

まだ小さな会社を、自分の努力によって大きくしていくということはやはりやりがいの大きいことです。

毎日ただ生活費を稼ぐという考え方では、目的をもって働くことができ、しかも成果として目の当たりにすることが可能となります。

スタートアップ企業に就職、転職する場合のデメリット

就職、転職して働く上で考えておかなくていけないのはメリットよりもデメリットです。

労働基準法を守らない会社も

スタートアップ企業は、その他の企業に比べて労働基準法を守らない企業が増えてしまいます。

一番多いのはサービス残業でしょう。

会社として安定するまで、経営状態が悪かったり仕事が忙しすぎたりする結果、守ることができなくなっている会社が多い傾向にあります。

もちろん全てではなく、従業員のことをしっかり考えている企業もありますが、スタートアップ企業の場合だと情報が手に入りにくい、もしくはそもそも従業員を雇うのが初めてでどうなるか不明といった点があるので、入社してみてからのギャンブルになってしまいます。

ワンマン社長

社長がワンマン社長で、従業員の意見を聞かない、全て自分が正しいと思っていて平然とパワハラを行う、従業員に還元する気は全くないという場合もあります。

スタートアップ企業の場合、社長の性格、態度、考え方によって働き方は大きく変わるので、採用試験の際はこちらからも社長の可否をしっかり判断することが重要です。

経営陣は数年持てばいいと考えている場合も

会社を立ち上げるにあたり、全て長く続けば良いと考えられている企業ではありません。

流行り廃りのある仕事で、とにかく短期間でも大きく稼いでしまおうと考え会社を立ち上げ、とりあえず数年もてば良いと考えて従業員を雇っている場合があります。

一時的に流行っていることであっても、それで得た資金から事業を展開し会社を大きくしていきたいと考えている場合ももちろんありますが、だめになったら潰せばいいと考えている企業も中にはあるのです。

そもそも起業した会社のうち、5年以内にと倒産する確率は75%、10年以内で5%と非常に高い数字になっており、転職しても職を失う可能性が高くなっています。

成長できるかは人次第

スタートアップ企業、ベンチャー企業で働けば裁量も大きいし、責任が重い仕事を任せられるまでも早いので成長速度が速いと考えている人が多いかもしれませんが、必ずしも成長できるとは限らないので注意してください。

仕事の内容、個人の性格によっては自由度が低くてもマニュアル等がしっかりしていてしっかり教えてくれる人がいるほうが成長が早いという場合も多いです。

わからないことがあった時、答えがすでにあるのは大企業です。

同じ内容でわからないことがあった時、大企業であれば過去の実績を調べたり、周囲の経験が多い人に聞けばすぐにわかるかもしれませんが、スタートアップ企業の場合は自分で調べ、考えなくてはならず大幅に時間がかかってしまう可能性があることは知っておいてください。

社会的信用が低い

起業間もない会社の社会的信用は低く、ローンが組めない、クレジットカードの震災に通らないといったことはよくある話です。

もしもそういった審査が必要となるものがある場合については、転職前に済ませておくことが必要です。

デメリットは大きい、それでもチャレンジしたいなら働いてみよう

スタートアップ企業で働くことは、やはりデメリットが多く、それ相応のリスクを伴います。

ただ、人によってはそのデメリットが気にならないほど魅力的に感じる人もまたいると思います。

もしデメリットを知ってもチャレンジしてみたいと思えるならばぜひ働き出してみましょう。

スタートアップ企業の求人は企業サイトにおいて募集がだされていることが多いですが、転職サイトや転職エージェント等でも募集している場合があるので確認してみてください。

転職サイトや転職エージェントで募集をだすのにはお金がかかるので、そこそこ経営的には安心感があり、かつ優秀な人材を採用することに積極的であると言えるのでおすすめです。

もちろんその他の大企業等とも比較することができますしね。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。



このページの先頭へ