転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

今いる会社に不満はありませんか?

満足している人もいるでしょうが、たくさんの不満をもっている人もいるでしょう。

特にブラック企業の場合、同じ会社にい続けてもなかなか改善の目は見られません。

にもかかわらず会社を辞めること、転職に対してネガティブなイメージを持っている人が多く、我慢し続ける人が多いですね。

しかし、そのイメージは間違っています。

今回はよく思われがちな転職のイメージと実際との違いを紹介しましょう。

転職活動のイメージ

あなたは転職に対してこんなイメージを持っていませんか?

中小企業から大企業は絶対無理という間違い

やっぱり大企業は給料が高いし、福利厚生はいいし、労働環境も中小企業に比べると良いことが多いです。

そこでよく思われがちなのが、中小企業から大企業への転職は無理だという考え。

元々大企業に勤めている人は大企業に転職することが可能だjけど、今の会社が中小企業だと受かることはないから受けるだけ無駄だと思いがちです。

しかし、その考えは間違っていて、実際5,6人の会社に勤めていた人が有名な大企業に転職できた例をいくつも知っています。

また、名前があまり知られていない大企業はたくさんあって、そういった会社であればかなり可能性が高くなります。

確かに、大企業はもともと倍率が高いので、難易度としてはあがりますが、中小企業に勤めているからといって受けないのはもったいないのです。

選考する際に、前の会社の企業規模を基準として持つことは少ないのです。

転職サイトを見るとわかりますが大企業がたくさん求人広告をだしています。まずは一度、転職サイトの中で求人数の多いリクナビネクストDODA、に登録してみてください。

転職活動が面倒という間違い

転職活動って面倒くさそうですよね。

確かに、会社に行きながら空いた時間でやらなくてはいけないし、面接の時には休みをとらなくてはいけない。

しかし、実際やってみるとわかりますが、思ったよりも気軽にできます。

選考においても、スカウト機能を使ってオファーを受けると書類選考が免除になったりもしますので、就職活動に比べるとずっと楽です。

転職というと、学生の頃に行った就職活動をイメージしがちですが、実は全然違っていて会社に行きながら空いた時間で行うのに十分です。

お金がかかるという間違い

転職するにはお金がかかると思っていませんか?

まず、転職サイトへの登録や、転職エージェントを利用することは完全に無料です。

お金がかかるとしたら、面接に行く際の交通費くらいです。

履歴書、面接が苦手。でも誰も助けてくれないという間違い

転職活動をするとなると、履歴書を書いたり、面接を受けたりする必要があります。

履歴書を書くのが苦手であるとか、面接が苦手という人も多いのではないでしょうか。

ただ、転職エージェントという転職活動では無料で助けてくれる存在がいるので、あまり心配はいりません。

使う前はとっつきにくいかもしれませんが、これがかなりありがたいです。

履歴書の添削も行ってくれるし、面接の練習もしてくれる。あなたの希望にそった企業も紹介してくれます。

転職=逃げという間違い

転職することに対して、それは逃げだと考えてしまう人が多くいます。

しかし、転職って逃げでもなんでもありませんし、最近はむしろ普通のことになっています。

実は転職を1度も経験しない人のほうが少数派であることを知っていますか?

一生で同じ会社で居続ける人のほうが少なく、転職することが当たり前になってきているのが現状です。

転職することが逃げだと思い、ブラック企業で働き続けるよりも、転職して優良企業で勤めるほうが絶対幸せです。

3年以内、いわゆる第二新卒の転職は困難という間違い

よく、新卒で働いたら3年は働かないと転職は困難だと言われます。

3年以内で辞めることについては、賛否両論ありますが、転職することに限ってはそんなことありません。

今の日本では、大卒の新卒3年以内の離職率は3割を超えています。

企業にとっては今後も働いてくれる人材の3割がやめてしまうのですから、人手不足に陥ってしまうわけです。

ブラック企業ではなく、優良企業ですら辞める人はたくさんいます。

ですから、需要はたくさんあるのです。

実際、その需要の多さからハタラクティブなどの第二新卒に特化した転職サイトもでてきています。

第二新卒向けの転職は通常の中途採用とは求められていることも違う為、それに特化したサポートが受けられるという特徴を持っており、転職のしやすさは格段にあがっています。

リクナビネクストDODAなどの転職サイトだけでなく、こういった特化した転職サイトも併せて使ってみたほうがいいです。

ブラック企業からの脱出の為には急いだほうがいい

転職活動はあなたが思っているよりも難しいものではありません。

実際に転職活動を初めて見ると、その点が見えてきます。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

関連:転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点



このページの先頭へ