総務、人事に転職したい。30代未経験でも転職は可能?

総務、人事に転職したい。30代未経験でも転職は可能?

文系職種の中で人事や総務へ転職を希望する人は多く、常に人気が高い職種となっています。

転職を希望する人の中には未経験者も多く、それまで営業等をしてきた人などが転職を希望しています。

中途採用の場合は基本的に経験者を採用するというのが通常の考え方ですが、昨今の人手不足の深刻化などから未経験者から採用される割合は高くなっているというのが現在の転職市場となっています。

総務、人事とは

まずは簡単に総務や人事がどういった仕事を行っていくのかということから紹介していきましょう。

総務

総務の仕事は、非常に多岐にわたります。

受付や電話対応など会社の窓口となったり、会社資産や備品の管理、会社ルールの作成など、他の部で行われていない仕事を一手に引き受けることになります。よく何でも屋ということを言われます。

大企業の場合、総務部とは他に下記で紹介する人事関連の仕事は人事部が、法律関係の仕事は法務部が、経理関係の仕事は経理部が担当することになりますが、

中小企業の場合はそれらの仕事が部として独立しておらずに総務部が一括して行われている場合が多いです。

人事

会社の人材に関する仕事を行う人事部。採用時に関わったことがある人も多いでしょう。ただ仕事として行うのは採用に関することだけではなく、以下の仕事を行うことが多いです。

  • 新卒・中途採用活動
  • 教育、研修
  • 会社イベント運営
  • 人員配置
  • 人事評価、労働条件決定
  • 労務管理

人事部で働く場合、人事評価や労働条件に携わる仕事を行うことがあるので会社によっては管理職でなくても労働組合に加入しない場合があります。

組織の規模によって、担当する業務の幅は大きく変わってきます。

会社の規模が小さいと上述した仕事全般に携わる場合もありますが、規模が大きくなると業務によって課が分かれ、いずれかの仕事に特化することになります。

営業からの転職を望む人が多い、未経験でも転職は可能?

冒頭でも述べたように、総務や人事の仕事をしたいと未経験から転職を考える人は非常に多いです。

特にそれまでは営業職であった人から希望する人が多くなっています。

転職ではなく異動という形をとることもできなくはないのですが、実際は異動希望をだしてもなかなか通らないことが多く転職せざるを得ないという人も少なくはないでしょう。

未経験で総務や人事を目指す場合にカギとなるのは、以下の3点です。

  • 前職での仕事内容
  • 年齢
  • 転職活動時のふるまい

直接総務や人事部に属していなかったとしても、求められているスキルを持っていれば転職できる可能性は十分にあります。例えば営業職であれば対外交渉スキルが備わっているといった点は高く評価されるでしょう。また総務にしろ人事にしろ関係部署と連携する場面は多いので調整業務を行ってきた経験は約にたつと考えられます。

実際企業の中でも営業など事務系部署から総務部や人事部に異動が積極的に行われている事例というのは多々あり、未経験だからと言って最初は仕事が何もできないとは企業も考えていません。

年齢面では20代のほうが転職はやりやすく、30代になると難易度は上昇します。即戦力ではない人材を採用する場合、企業は今後の伸び代を考慮して採用可否を判断することになりますので、若手の人材を積極的に採用することになってしまいます。

後は転職活動で前職での経験や仕事に対する熱意をどれだけアピールできるかが重要になってきます。

いくら高いスキルや実務経験を持っていたとしても、それをアピールできなければ何の意味もありませんし、熱意がないと思われれば採用されることはまずありません。

未経験で転職する場合の成功のコツ

総務、人事に転職することは、たとえ未経験であっても決して不可能なことではありません。

ただ、それまでまさに総務や人事として仕事をしてきた人に比べれば、採用時に不利になってしまうというのは間違いなく事実であり、難易度としても高くなってしまいます。

そういった中で転職を成功させようと思えば、ただがむしゃらに行うのではなく、抑えるべき点はしっかり抑えながら戦略をもって転職活動を行っていかなくてはなりません。

仕事内容を確認する

総務や人事の仕事というのは、企業によって異なりますし、企業の中でも所属する課によっても大きく異なります。

単に人事だから採用活動を行うことになるのだろうと考えていては、企業に自分をアピールすることもできなければ万が一入社できたとしてもイメージとおギャップに苦しむことになっていしまいます。

求人情報に書かれている仕事内容はもちろん、転職エージェント等にも質問をしてみてより具体的に仕事内容をイメージできるように心がけてください。

直接生かせるスキルをアピール材料にする

仕事内容が自分の中で具体化できれば、これまでの仕事の経験からどういったことをアピールしていけるかがわかると思います。

中途採用の場において、これから頑張りますやこれから勉強しますはNGです。直接的には未経験であっても、これまでの会社生活で培ってきた経験で生かせる部分はあるはずであり、それを示せなければ企業は採用したいなんて考えません。

求人探しは非公開求人を利用

求人探しを行う場合は非公開求人を利用することをおすすめします。

総務や人事の仕事は転職サイトで検索した場合にもちらほら見受けられますが、決して量が多いとは言えません。

これらの求人は非公開求人となっており、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントからの紹介から応募することが可能となるものがほとんどです。

転職サイトは自分のペースで転職できるというメリットがありますが、手っ取り早いのは転職エージェント。総務、人事など職種を限定し、希望にマッチしたものを紹介してもらえるので相談してみるといいでしょう。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:総合職として転職。転職時の注意点や一般職から転職する場合に知っておきたいこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ