総務、人事に転職したい。30代未経験でも転職は可能?

総務、人事に転職したい。30代未経験でも転職は可能?

文系職種の中で人事や総務へ転職を希望する人は多く、常に人気が高い職種となっています。

転職を希望する人の中には未経験者も多く、それまで営業等をしてきた人などが転職を希望しています。

中途採用の場合は基本的に経験者を採用するというのが通常の考え方ですが、昨今の人手不足の深刻化などから未経験者から採用される割合は高くなっているというのが現在の転職市場となっています。

総務、人事とは

まずは簡単に総務や人事がどういった仕事を行っていくのかということから紹介していきましょう。

総務

総務の仕事は、非常に多岐にわたります。

受付や電話対応など会社の窓口となったり、会社資産や備品の管理、会社ルールの作成など、他の部で行われていない仕事を一手に引き受けることになります。よく何でも屋ということを言われます。

大企業の場合、総務部とは他に下記で紹介する人事関連の仕事は人事部が、法律関係の仕事は法務部が、経理関係の仕事は経理部が担当することになりますが、

中小企業の場合はそれらの仕事が部として独立しておらずに総務部が一括して行われている場合が多いです。

人事

会社の人材に関する仕事を行う人事部。採用時に関わったことがある人も多いでしょう。ただ仕事として行うのは採用に関することだけではなく、以下の仕事を行うことが多いです。

  • 新卒・中途採用活動
  • 教育、研修
  • 会社イベント運営
  • 人員配置
  • 人事評価、労働条件決定
  • 労務管理

人事部で働く場合、人事評価や労働条件に携わる仕事を行うことがあるので会社によっては管理職でなくても労働組合に加入しない場合があります。

組織の規模によって、担当する業務の幅は大きく変わってきます。

会社の規模が小さいと上述した仕事全般に携わる場合もありますが、規模が大きくなると業務によって課が分かれ、いずれかの仕事に特化することになります。

営業からの転職を望む人が多い、未経験でも転職は可能?

冒頭でも述べたように、総務や人事の仕事をしたいと未経験から転職を考える人は非常に多いです。

特にそれまでは営業職であった人から希望する人が多くなっています。

転職ではなく異動という形をとることもできなくはないのですが、実際は異動希望をだしてもなかなか通らないことが多く転職せざるを得ないという人も少なくはないでしょう。

未経験で総務や人事を目指す場合にカギとなるのは、以下の3点です。

  • 前職での仕事内容
  • 年齢
  • 転職活動時のふるまい

直接総務や人事部に属していなかったとしても、求められているスキルを持っていれば転職できる可能性は十分にあります。例えば営業職であれば対外交渉スキルが備わっているといった点は高く評価されるでしょう。また総務にしろ人事にしろ関係部署と連携する場面は多いので調整業務を行ってきた経験は約にたつと考えられます。

実際企業の中でも営業など事務系部署から総務部や人事部に異動が積極的に行われている事例というのは多々あり、未経験だからと言って最初は仕事が何もできないとは企業も考えていません。

年齢面では20代のほうが転職はやりやすく、30代になると難易度は上昇します。即戦力ではない人材を採用する場合、企業は今後の伸び代を考慮して採用可否を判断することになりますので、若手の人材を積極的に採用することになってしまいます。

後は転職活動で前職での経験や仕事に対する熱意をどれだけアピールできるかが重要になってきます。

いくら高いスキルや実務経験を持っていたとしても、それをアピールできなければ何の意味もありませんし、熱意がないと思われれば採用されることはまずありません。

未経験で転職する場合の成功のコツ

総務、人事に転職することは、たとえ未経験であっても決して不可能なことではありません。

ただ、それまでまさに総務や人事として仕事をしてきた人に比べれば、採用時に不利になってしまうというのは間違いなく事実であり、難易度としても高くなってしまいます。

そういった中で転職を成功させようと思えば、ただがむしゃらに行うのではなく、抑えるべき点はしっかり抑えながら戦略をもって転職活動を行っていかなくてはなりません。

仕事内容を確認する

総務や人事の仕事というのは、企業によって異なりますし、企業の中でも所属する課によっても大きく異なります。

単に人事だから採用活動を行うことになるのだろうと考えていては、企業に自分をアピールすることもできなければ万が一入社できたとしてもイメージとおギャップに苦しむことになっていしまいます。

求人情報に書かれている仕事内容はもちろん、転職エージェント等にも質問をしてみてより具体的に仕事内容をイメージできるように心がけてください。

直接生かせるスキルをアピール材料にする

仕事内容が自分の中で具体化できれば、これまでの仕事の経験からどういったことをアピールしていけるかがわかると思います。

中途採用の場において、これから頑張りますやこれから勉強しますはNGです。直接的には未経験であっても、これまでの会社生活で培ってきた経験で生かせる部分はあるはずであり、それを示せなければ企業は採用したいなんて考えません。

求人探しは非公開求人を利用

求人探しを行う場合は非公開求人を利用することをおすすめします。

総務や人事の仕事は転職サイトで検索した場合にもちらほら見受けられますが、決して量が多いとは言えません。

これらの求人は非公開求人となっており、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントからの紹介から応募することが可能となるものがほとんどです。

転職サイトは自分のペースで転職できるというメリットがありますが、手っ取り早いのは転職エージェント。総務、人事など職種を限定し、希望にマッチしたものを紹介してもらえるので相談してみるといいでしょう。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:総合職として転職。転職時の注意点や一般職から転職する場合に知っておきたいこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ