早期退職のメリット、デメリット。その後の生活はどうなる?

早期退職のメリット、デメリット。その後の生活はどうなる?

早期退職に憧れたことはありませんか?

定年60歳、少子高齢化に伴って定年は65歳になっていくとも言われています。

その年齢まで会社で働かずに、早期退職して自分の好きなことをしたいという人も多いでしょう。

今回はそんな早期退職についてメリット、デメリットや早期退職したその後の生活について紹介します。

関連:仕事を辞めたい、会社に行きたくないならチェック。理由と対処法。

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

関連:仕事を辞めづらい。辞めたいけど言いにくい。そんな時は?

早期退職者の推移

早期退職者は増えていると思いますか?

東京商工リサーチが調査した結果は以下のグラフの通りとなります。

早期退職者の推移

見てわかるように、2002年と2009年で飛び抜けて多いことがわかります。

この二つの年に言える共通点は不景気であったということ。

2002年はITバブルが崩壊した年であり、2009年はリーマンショックが起きた年です。

早期退職には2種類あります。

一つ目は、常時行われているものであり、60歳の定年前に一定以上の年齢全員を対象としたもの。

もう一つは、業績悪化により人員削減が必要となった場合に行われているもの

2002年と2009年は後者の場合が増えたことによって、早期退職者が増加しています。

スポンサーリンク

早期退職のメリット、デメリット

早期退職するとした場合、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

早期退職のメリット

早期退職におけるメリットの一つが退職金の割増です。

以前の記事、退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。で紹介していますが、

早期優遇退職の場合は退職金が多いことがわかります。

また、もう一つのメリットは退職して自由な時間を手に入れることができるということ。

早期退職した後に働くのであれば関係ありませんが。

早期退職のデメリット

早期退職するということは、その分毎月の給料が貰えなくなるということです。

退職金が増えたとしても、総合的に考えるとやはり減ってしまいます。

また、年金についても減ってしまいます。

本来であれば60歳の定年まで国民年金、厚生年金、企業年金の3階建てを積み立てるわけですが、

早期退職で会社を辞めると、その後は国民年金のみとなるわけですから、積み立てる額は減り、その分貰える額も得るのです。

スポンサーリンク

早期退職、その後の人生を幸せにすごす為に

早期退職を選ぶ理由はそれぞれですが、その後、幸せに過ごせる人もいれば、そうではない人もいます。

その後の人生をすごす上で必要となることは、まずは貯金です。

上記のデメリットでも話しましたが、早期退職する上で金銭面は減っていまいます。

退職金が増えるという目の前の甘い汁にまどわされず、その後まで見据えることが必要です。

早期退職時した場合では、再就職を斡旋してくれる場合もあります。しかし、50歳という年齢ではなかなか難しいのが現実です。

もし再就職を考えているのであれば、とにかく早く転職活動を進めてみてください。

転職サイトに登録し求人を確認する、転職エージェントに相談してみるといったことは事前に行っておきましょう。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

スポンサーリンク

最後に

早期退職して、自由を手に入れることって憧れますよね。

しかし、それだけではその後に後悔することになってしまいます。

しっかり考えたうえで、早期退職するかしないかを決めましょう。

関連:サラリーマンの平均年収。正社員と派遣ではこんなに違う。

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ