早期退職のメリット、デメリット。その後の生活はどうなる?

早期退職のメリット、デメリット。その後の生活はどうなる?

早期退職に憧れたことはありませんか?

定年60歳、少子高齢化に伴って定年は65歳になっていくとも言われています。

その年齢まで会社で働かずに、早期退職して自分の好きなことをしたいという人も多いでしょう。

今回はそんな早期退職についてメリット、デメリットや早期退職したその後の生活について紹介します。

関連:仕事を辞めたい、会社に行きたくないならチェック。理由と対処法。

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

関連:仕事を辞めづらい。辞めたいけど言いにくい。そんな時は?

早期退職者の推移

早期退職者は増えていると思いますか?

東京商工リサーチが調査した結果は以下のグラフの通りとなります。

早期退職者の推移

見てわかるように、2002年と2009年で飛び抜けて多いことがわかります。

この二つの年に言える共通点は不景気であったということ。

2002年はITバブルが崩壊した年であり、2009年はリーマンショックが起きた年です。

早期退職には2種類あります。

一つ目は、常時行われているものであり、60歳の定年前に一定以上の年齢全員を対象としたもの。

もう一つは、業績悪化により人員削減が必要となった場合に行われているもの。

2002年と2009年は後者の場合が増えたことによって、早期退職者が増加しています。

スポンサーリンク

早期退職のメリット、デメリット

早期退職するとした場合、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

早期退職のメリット

早期退職におけるメリットの一つが退職金の割増です。

以前の記事、退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。で紹介していますが、

早期優遇退職の場合は退職金が多いことがわかります。

また、もう一つのメリットは退職して自由な時間を手に入れることができるということ。

早期退職した後に働くのであれば関係ありませんが。

早期退職のデメリット

早期退職するということは、その分毎月の給料が貰えなくなるということです。

退職金が増えたとしても、総合的に考えるとやはり減ってしまいます。

また、年金についても減ってしまいます。

本来であれば60歳の定年まで国民年金、厚生年金、企業年金の3階建てを積み立てるわけですが、

早期退職で会社を辞めると、その後は国民年金のみとなるわけですから、積み立てる額は減り、その分貰える額も得るのです。

スポンサーリンク

早期退職、その後の人生を幸せにすごす為に

早期退職を選ぶ理由はそれぞれですが、その後、幸せに過ごせる人もいれば、そうではない人もいます。

その後の人生をすごす上で必要となることは、まずは貯金です。

上記のデメリットでも話しましたが、早期退職する上で金銭面は減っていまいます。

退職金が増えるという目の前の甘い汁にまどわされず、その後まで見据えることが必要です。

早期退職時した場合では、再就職を斡旋してくれる場合もあります。しかし、50歳という年齢ではなかなか難しいのが現実です。

スポンサーリンク

退職金についてはこちら⇒退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

最後に

早期退職して、自由を手に入れることって憧れますよね。

しかし、それだけではその後に後悔することになってしまいます。

しっかり考えたうえで、早期退職するかしないかを決めましょう。

関連:サラリーマンの平均年収。正社員と派遣ではこんなに違う。

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

そして今は企業が人手不足となっていて求人も増えていいますし、転職サイトに登録すると来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私自身、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけになりました。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多く、スカウトが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強みや市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ は企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。

また、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習などを行ってくれます。

リクナビNEXT 同様、リクルートが運営しており、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ