総合職として転職。転職時の注意点や一般職から転職する場合に知っておきたいこと

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

総合職として転職。転職時の注意点や一般職から転職する場合に知っておきたいこと

元々総合職として就職した人はもちろん、最初は一般職として就職したものの転職時に総合職に変える人も少なくはありません。

仕事においては一般的に総合職のほうが厳しい部分が多いものの、給料が高い、仕事におけるやりがいが大きいといった観点からそのような選択をする人が男性だけではなく女性にも増えていっています。

そこで今回は総合職と一般職の違いや総合職に転職する場合の注意点について紹介していきます。

総合職と一般職の違い

ある程度規模が大きい会社では、従業員に対して総合職と一般職というが採用時点で分けられているという場合が多くなっています。

企業によっては生活スタイルの変化に伴い希望すれば総合職から一般職に職種を変更することが可能となったり、逆に一般職として採用された場合であっても試験を受けて合格すれば総合職に変えることができる場合もありますが、大多数は当初採用された職種においてずっと働き続けることになります。

それぞれの職種で給与体系、昇格制度、仕事内容等は大きく異なり、どちらの職種で採用されたかによって

一般的に総合職には以下の特徴があります。

  • 管理職候補で出世が早い
  • 給料が高い
  • 仕事の責任は重い
  • 職種が限定されておらず、異動や転勤がある

そして一般職には以下の特徴があります。

  • 昇格はあるものの管理職にはならない
  • 総合職に比べて給料が低い
  • 職種が限定され、異動や転勤があまりない
  • 仕事の責任は低く、総合職の補助的な仕事がメイン

一般職は企業によって事務職、業務職など様々な呼び方をされる場合があります。

総合職への転職する場合の注意点

給料面を考えれば、総合職として働くことにはやはり魅力的な部分があります。ただ一般職に比べて高い給料を貰う代わりに犠牲にしなくてはいけない部分もありますし、注意しなくてはならない点もあります。

仕事内容にこだわっても異動の可能性あり

仕事を選ぶ際、仕事内容にこだわりを持つという人は決して少なくはないと思います。

しかし、総合職として働く場合には異動の可能性は常につきまとうものであり、最初は希望通りの職種として転職することができたとしても数年後には違う仕事に異動される可能性があるということを忘れてはいけません。

実際、希望の職種で転職したもののたった1年で異動を命じられてしまい転職直後とは全く違う仕事をせざるを得なくなってしまったという人もいます。

総合職として採用される場合、職種は限定されないという前提のもと雇用関係を結ぶことになりますから、もし異動を命じられた場合に基本的に拒否することはできません。

万が一頑なに拒否し続けていると、業務命令違反にあたり最悪の場合懲戒解雇すらあり得ます。

勤務地が限定されない

総合職では職種同様、勤務地も限定されない場合がほとんどであり、こちらも正当な理由がない限りは拒否することができません。

女性であっても家庭環境に関係なく転勤を命じる場合も決して少ない話ではなく、家族がばらばらになってしまう可能性というのもゼロではありません。

ですから会社選びは特に重要となります。もし転勤することが受け入れにくいというのであれば、遠方への転勤がない企業や家庭環境を踏まえて転勤等を考慮してくれる会社を選ぶことが必要になるでしょう。

仕事の負担は大きくなる

一般職に比べれば仕事の負担としては大きくなる場合がほとんどです。

総合職だからといって残業が多いとは限りませんが、一般職に比べれば労働時間としては多くなる傾向にありますし、仕事の責任も大きくなる為プレッシャーも大きくなります。

この負担の大きさから総合職から一般職に変える人も中にはいるくらいです。

もちろん責任が重い代わりに仕事にやりがいを感じることができるようになったり、給料も多くもらえる、認められれば出世し昇給も多いというメリットもありますから責任が重くなること自体がデメリットとは言えませんが、それなりにストレスは大きくなるものだということはいぇおれておかなくてはいけないことです。

企業によって総合職の範囲は様々

総合職と言っても、採用された場合に就く可能性がある範囲というのは様々です。

事務系と技術系に分かれており、例えば技術系として採用された場合には経理や人事、営業といった文系職種に就くことはほとんどない場合もあれば、特に分け隔てはなく技術職であっても営業等に異動する可能性がある場合など、企業によって総合職の扱いというのは多種多様です。

転職を考える場合、直近の職種はもちろん重視すべき点ではありますが、入社後にその会社でどういったキャリアを歩む可能性があるのかというのはしっかり調べておいたほうが良いです。

一般職から総合職への転職に向けて

これまで総合職として働いていた人が、これまで通り総合職として転職するというのは一般的な話ですが、それまで一般職として働いていた人が総合職に転職するというのは割と珍しいことになります。

一般職であっても総合職に転職することは可能

一般職と総合職ではそもそも仕事内容や仕事への取組み方が全然違うから転職はできないと考えている人もいますが、決してそんなことはありません。

総合職から転職する場合に比べると何度は確かにあがりますが、一般職であってもそれまでの仕事でしっかり実績を積んでいけば高い評価を得ることができる可能性は十分にあるといっていいでしょう。

女性を積極採用している会社も多い

ひと昔前までは男性は総合職、女性は一般職という考え方がありました。しかし近年は女性であっても総合職としてキャリアを積んでいく人が決して少なくなくなっています。

企業の中には女性の管理職の割合を増やそうと総合職としての採用を積極的に行っている企業もかなり増えています。

男性に比べて女性の場合には出産、育児によって仕事から離れなくてはいけない期間ができてしまう場合が多いですが、そういった点が採用時に不利とはならないようになってきているので積極的にチャレンジしていくことは可能です。

生活等を考えた上で企業選びを

現在の状況から考えると、女性であっても、現在一般職として働いている人であっても、総合職として転職することは十分に可能です。

ただ働き方を考えた場合、仕事自体の大変さ、異動や転勤の有無といった観点から一般職と同じように働くことはできません。

自分の生活スタイル、仕事に求めること、将来のキャリアプランといったことをしっかり考え、自分に合った働き方ができる企業を選ばなければ、採用されたとしても結局退職することになってしまう可能性もあります。

仕事を選ぶ際には自分のこと、そして会社のことをしっかり考え検討するようにしましょう。

転職活動時の自己PR

一般職から総合職に転職する場合に気を付けなくてはならないのが、総合職としての働き方を意識して自己PRをしなくてはならないという点です。

それまで一般職として総合職の補助的な仕事をしてきたというだけでは、総合職として活躍できるだろうと企業に思わせることはできません。

職種上は一般職であっても総合職に近い仕事の経験、自ら考え提案して行った仕事の実績等がないと企業としてもスキルや経験といった点を高く評価することはありません。

履歴書にしろ面接時にしろ、これまでの仕事においてどういった専門性を身につけてきたか、仕事を通じて問題解決能力、交渉力などどれほど身につけ実績を残してきたか、そういった点をアピールしていくようにしてください。

仕事はきつくても魅力はある

総合職としての仕事は、責任も重く時に残業が多くなったりして大変なものですが、しっかり労働管理がされている企業であれば、やりがいや給料といった点で大きな魅力があるものになっています。

もし今の仕事に不満を感じ、働き方を変えたいと考えている場合にはぜひ挑戦してみてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:準社員とは何?正社員との違いや準社員から正社員になれる可能性

関連:限定正社員とは。制度の概要、働き方やメリット、デメリット。



このページの先頭へ