退職する相談を上司にしては絶対だめ、退職するかどうかは自分で決めよう

退職する相談を上司にしては絶対だめ、退職するかどうかは自分で決めよう

退職、転職というのは大きな決断を要するもので、かなりの勇気がいるものです。

当然怖くもなるし、不安にかられることもあって、自分ひとりでは決めきれずに誰かに相談したくなる気持ちもわかります。

ただ、その相談相手はよく考えて決めなくてはなりません。

関連:転職の悩み、転職活動の悩み、誰を相談相手にすればいい?

関連:仕事を辞められないのは会社のせいではなく自分のせい。必要なのは強い意思だけ。

退職するかどうか迷った時、誰に相談する?

退職するかどうかを迷った時に思いつく相談相手は誰がいますか?

家族、会社とは関係ない友人、会社の同僚、上司なんかが思いつきますよね。

家族はプライベートにおいても身近な存在であり親身になって一緒に考えてくれますが、会社や仕事についての不満は中々理解して貰えない可能性もありますね。

会社とは関係ない友人も同様です。

そう考えると最も今の仕事について理解してくれるのはやっぱり会社で一緒に働いている人で、特に上司は会社内では一番近い存在と言えるかもしれません。

じゃあ上司に相談するのが一番か。いいえ、上司は一番相談してはいけない存在です。

上司だけは辞めておいたほうがいい

退職、転職の相談を上司にすることは絶対に辞めておいたほうが理由には以下のことが挙げられます。

そもそも相談にならない

まず上司に相談しても、そもそも相談にはなりません。

あなた自身は退職するかどうしようかを相談していても、上司としてはほぼ間違いなく退職しない方向に持っていこうとします。

結局相談したところで返ってくるのはもう少し頑張ってみたほうがいいという答えだけです。もしかしたら現状の問題点を解消するような案を出してくれるかもしれませんが、それは退職するかどうかの回答ではありません。

もし誰がどうみても退職するのがベストな方法だったとしても、立場上「退職したほうがいい」なんて言う上司はまずいないのです。

退職してもしなくても面倒なことになる

相談した後で退職しないことにした時も、面倒なことが色々とあります。

一度は退職したいと思っていた人間に対して、嫌悪感を抱く場合もあるし、傷物に触るような感じで接してくる上司もいます。

もちろん特に何事もなかったように接してくれる上司もいますが、中にはこれまで通りとは行かなくなるということもありえることに注意しましょう。

退職を決めた時にも面倒になる

相談したのち、結局自分の中で退職することに決めたとしてもやっぱり面倒なことが色々とあります。

退職することにしたと伝えても、もう少し考えてみたほうがいいとか、もう少し頑張ったほうがいいだとか、色々と言われて引き止められる可能性が高くなります。

一度悩んでいる姿を見せれば、引き止めることができる可能性があると思わせてしまいますから、すんなり辞めることができなくなってしまう原因になるのです。

上司には退職の二文字を伝える時は、すでに決定事項となった場合だけ。そうしなければなんとか辞めさせまいとあの手この手を使ってくる場合も自ずと増えてしまうことをよく覚えておいてください。

退職するかは自分で決める

結局、退職するかどうかを決めることができるのは自分だけです。誰かに相談したところで、答えがでるなんてことはほとんどありません。

確かに大きな決断で勇気のいることかもしれません。ただ大きな決断だからこそ、やっぱり自分で納得できるまで考え抜いて決断するべきことです。

もしどうしても決めきれないなら先に転職活動を始めてみるのも有りです。

転職活動をすることによって自分の意志を明確にすることができますし、内定を貰った上で本当に退職するのかどうするのかを見極めることもできます。

転職活動をする場合には転職活動では転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

関連:転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?



このページの先頭へ