会社に尊敬できる上司、先輩がいないから仕事を辞めたい。成長できない職場にいることはマイナス?

会社に尊敬できる上司、先輩がいないから仕事を辞めたい。成長できない職場にいることはマイナス?

転職する理由としてメジャーなものと言えば給料が低い、人間関係がうまくいかない、残業が多い、休みが少ないといったことが挙げられます。

ただ理由として挙げられるのはそういったものだけではなく、意外に多いのが「尊敬できる上司、先輩がいない」と言う理由です。

上司や先輩から何も得るものがないと不満を感じている人は実はかなりいます。

そこで今回は会社に尊敬できる上司や先輩がいないことの問題点や原因、対処法を紹介していきます。

関連:仕事を教えてもらえない、放置プレイされた時に辞めたいと思った時の対処法

関連:職場の雰囲気が悪い会社で働くことはデメリットしかない。改善の余地はある?

会社に尊敬できる上司や先輩がいないことはマイナス?

長く仕事をやっているからと言って仕事ができるわけではないし、中にはだらだらしているなんて人もいるのは確かです。

本来ならば全員が仕事に対して真摯に取り組み成長し、その中でも優秀な人が出世するというのが理想ではありますが、従来から終身雇用制度を取り入れてきた日本において勤続年数が長いというだけで管理職になったり、そうそうクビにはならないので適当に仕事をしているという人がどうしてもでてきます。

その為、就職した会社、配属された職場によっては尊敬できる上司や先輩がいないなんてことが起きてしまうのも仕方のないことかもしれません。

では、尊敬できる上司や先輩がいないといたことによってどんな影響がでてくるのでしょうか。

モチベーションの低下

いくら自分が仕事を頑張ろうと思っていても、上司や先輩にその気がないと当然モチベーションはあがりません。

また目標とすべき存在がいないことによって、自分の将来の姿をイメージすることができずに目標を立てることができないということもなかなかモチベーションを保てない原因になります。 

成長できない

尊敬できる上司や先輩がいないことに対する懸念として自分の成長を気にしているという人は多いのではないでしょうか。

どんどん成長していきたいと思っているにも関わらず上司や先輩から吸収することができるものがあまりないと成長が遅れてしまっているのではないかと不安になります。

また、そういった環境で長く過ごすことによって自分も上司や先輩のようになってしまうのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。

仕事がしにくい

尊敬できる上司というと、仕事がばりばりできて能力も高く、それでいて部下のこともしっかり考えてくれるといた人を思い浮かべます。一方で全然尊敬できない上司は仕事もろくにできないくせに口だけはうるさくて部下に対してやたら厳しいけどいざとう時には役にたたないといった感じですかね。

どちらの上司の下が働きやすいかといえば当然前者。尊敬できないと思ってしまう原因はそのまま仕事がしにくくなる原因にもなってしまいます。

逆に出世しやすいかも

ただ悪いことばかりではないかもしれません。尊敬できる上司や先輩がいないということは、自分が頑張ることによって簡単に逆転でき、出世も楽になるないらんて場合もあるでしょう。

先輩が優秀な人ばかりの場合と、仕事ができない人ばかりの場合、自分はどちらで高い評価を得ることができるかと言えば当然後者。

会社の評価はあくまで相対評価。ライバルが弱ければ弱いほど楽になります。

なぜ会社に尊敬できる上司や先輩がいないのか

ではなぜ会社に尊敬できる上司や先輩がいないのでしょうか。その原因について考えてみましょう。

自己評価が高すぎる

まず一つ目の原因として考えられるのが自己評価が高すぎるという点。上司や先輩の能力が決して低いわけではないけれど、過度に自分に自信があると能力が低いと決めつけがちです。

特に入社したての若手社員にこういった傾向があります。

実際に仕事を一人でこなしていない為、仕事の本当の難しさをよく理解することができていないということが多々あります。

この場合、数年仕事を続け仕事のやり方等を覚えて始めて上司や先輩の偉大さに気づくなんてこともあります。

見ている範囲が狭い

会社という組織の中には優秀な人もいれば仕事があまりできない人もいますし、そもそも仕事のやる気が全くない人もいます。

そしてたまたま周りにそういった人が集まってしまうなんてこともよくある話です。

ただ実は職場から一歩踏み出せば同じ会社に優秀な人がわんさかいるかもしれません。

狭い範囲で判断するのはとても危険です。その場に甘んじているといざ異動した時に使えない人間になってしまう可能性があります。

理想が高い

上司だって先輩だって結局はサラリーマン。ちょっと長い間働いていて、ちょっと多くのことを経験しているだけの人です。

そういった人に高い理想を求めすぎてはいませんか?

全てが完璧な人なんてそうはいません。それを求めていてはおそらくどんな上司や先輩の下で働くことになっても尊敬できずに不満を感じてしまうでしょう。

もちろんたまにはそういう人もいます。一度そういった人に出会ってしまうと全ての人にその理想を求めてしまいがちになりますが、そういった人は特殊な例と考えておいたほうがいいです。

本当に上司や先輩の能力が低い

もちろん中には会社の上司や先輩の能力があなたの能力に比べて低いという場合もないわけではありません。

あなた自身の能力が相当高かったりするとそういったこともでてくるでしょう。

私も社会人を経験している中で稀に飛びぬけて優秀な人、人が時間をかけて何度も経験して身につけていくようなことをあっという間に身につけてしまう人、とにかく向上心が高く仕事に貪欲な人というの見たことがあります。

尊敬できる上司、先輩がいない時に試してほしいこと

もしもあなたが尊敬できる上司や先輩がいないと悩んでいるなら、まずは仕事を辞める前にこれから紹介することを試してみてください。

自分と上司、先輩を改めて比較してみる

上司や先輩の能力の高さというのを実はあまり見えておらずに実際よりもかなり低く見積もってしまっている場合があります。

その一方で自分の能力は過剰に高く評価をしてしまう場合があります。

やったこともなかったり、ほんの入り口だけをやっただけでなぜか全てをわかった気になって自分ならできると決めつけたりします。

これらお考え方は現実と大きく乖離してしまっている場合があります。

一度あらためて自分と上司、先輩について客観的な視線から比較をしてみましょう。するとそれまでは気づくことができなかった尊敬できる部分も見えてくるかもしれません。

時間や経験年数、立場を言い訳にしない

あなたと上司、先輩の仕事ぶりを比較した時、あなたが勝っている部分も多いかもしれませんが、逆に自分にはまだできないことなんかもおそらくあるでしょう。

そんな時、その理由を経験年数が違うから、立場が違うからという理由で片づけてしまっていませんか?

どんな理由であっても自分ができないことをできるという時点でその部分に関しては尊敬をすべき。時間がたてば経験を積めば自分にだってできるはず、立場があれば自分にもできるはずというのは単なる甘えにすぎません。

人間性と仕事の能力は別だと考える

尊敬できないことは上司や先輩の人間性の部分が理由になっている人も多いでしょう。

仕事に対していつも愚痴を言っている、やるべきことをやっていない、すぐ部下のせいにして逃げる。確かにこんな人だと尊敬なんてできません。

しかしこういった人はどこの会社にだっていますし、会社員として働く以上はこういった人達とも付き合っていかなくてはなりません。

別井人間性の部分は尊敬する必要なんてないです。性格なんて個人でバラバラ。さらに立場も違うわけですから理解なんてできません。

人間性の部分は仕事とは別と割り切ってしまいましょう。

成長できない理由を上司や先輩だけのせいにしない

尊敬できる上司や先輩の元で働くことと、尊敬できる上司や先輩がいない中で働くこと、どちらが成長できるかは人によって違います。

優れた人を見て多くのことを吸収できるという場合もありますし、尊敬できる人がいない分、自らの頭で考えるようになって成長していくという場合もあります。

少なくとも尊敬できる上司、先輩がいないからと言って全く成長できないなんてことはありません。もし成長できていないならそれは自分自身にも問題のあることです。

どんな環境であれ、まずは上司や先輩から与えられることばかりを求めるのではなく、自分で成長していけるように行動していくことが重要です。

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

過酷すぎる職場環境は逃げ出すのが得策

関連:クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ