転職したことない人が損しているかもしれないこと。実はもったいないことしてる。

転職したことない人が損しているかもしれないこと。実はその決断はもったいない。

なんとなく悪いイメージがある「転職」。

昔に比べれば一般的なものになってきたとは言え、まだまだ転職することは逃げ、転職すると損、転職すると年収は下がるなんて考える人は多いです。

そしてそんな考え方が前提にあるせいで、最初から転職という選択肢を取り除き会社生活を送っている人は少なくないでしょう。

ただはたして本当にそうでしょうか。

実はその考え方によって、損しないつもりなのに損することになっているかもしれません。

関連記事

 

転職しないことってそんなにいいこと?

そもそも転職しないことってそんなにいいことなんでしょうか。

会社にとってみれば、ころころと転職されないのはありがたいことです。

その会社での仕事に慣れている人は成果を出してくれる人なので辞められることは損害ですし、採用活動をすることになってしまったらそれなりにお金もかかります。

また簡単に転職しないとわかっているからこそそれほど賃金などを上げる必要もありません。

では雇われて働いている側の人にとってはどうでしょうか。

長く働いている分人間関係などができていて仕事がやりやすいなどもありますが、転職したこともなく、そもそも転職しようと考えたこともない人にとって一番大きいのは「今より悪化することがない」ことだと思います。

年収が下がってしまうことがない、人間関係も変わらない、休日が少なくなったり残業が多くなることもないなど、転職しなければ現状維持で保てます。

良くなることはなくても悪くなることもありません。

実際、転職に失敗して後悔する人、転職しなきゃよかったと思っている人がいるのは事実ですから、そんな話を聞くと失敗するくらいなら今のままでいいと考えてしまうのも仕方がないことなのかもしれません。

ただここで一つ知ってほしいのが、実は転職で失敗する人なんて実はかなり少数派であるということ。

実は成功している人、満足している人の方が圧倒的に多いのが転職です。

そもそも転職では内定を貰ってから本当に転職するかを決めることができるわけですから、情報収集を怠らなければよっぽどのことがないと失敗するものではないんですよね。

そう考えると転職しないことがいいことなんて全く言えないのではないでしょうか。

参考:あなたの転職に対するイメージは正しい?転職先の会社に対する満足度、不満を感じている人は意外に少ない。

転職したことがない人が損しているかもしれないこと

転職しないこと、一つの会社で働き続けることが悪いことだとは思いません。

やりがいを持ち、満足して働くことができているならばわざわざ転職する必要なんてありませんしね。

ただ転職したことがない人、特にこれまで全く転職を意識していなかった人は様々な点で損をしているかもしれません。

キャリアアップのチャンスを逃している

転職を意識していれば、実はこれまでにキャリアアップのチャンスがたくさんあったかもしれません。

同じ働き続けるからこそ得られるものもありますが、逆に転職しなければ得られないものもあります。

特に年収アップや様々な経験を積むことなどを考えれば転職は有効的な手段となりえます。

転職したことがなかった人は、これまでそのチャンスがあったのにそれに気づくことなく時間を過ごしてきてしまったかもしれません。

会社への依存度が高まる一方、しがみつきすぎることによるリスク

これまで転職したことがなく、この先に転職することを考えていない人は会社への依存度が高くなってしまいがち。

いざとなれば会社は簡単に社員を切り捨てるのに、会社がいつまでも守ってくれると勘違いしてしまっている人もいます。

定年まで会社が続く保証なんてどこにもないのに、そんな風に考えてしまうのは危険です。

またそういう人は、どんなことがあってもしがみつくことしかできず、何があっても逃げることができなくなってしまって自分を追い込んでしまう場合も少なくありません。

不満にストレスを感じながら働き続けたっていいことはない

色々な不満があるのにストレスに耐え続けながら働き続けたっていいことはありません。

転職で解決できないようなことなら仕方がないし、社会人として我慢しなくてはいけないこともありますが、もし転職で解決できるのであればやらない方がおかしなこと。

これまで転職してこなかったことで、解消できるはずの不満に無駄に耐え続けることになっていたかもしれません。

そもそも1社目で満足いく会社に巡り合うのは難しい

そもそも新卒で最初に入社した1社目で満足できる会社に巡り合うことはかなり難しいこと。

まだ社会人として働いたこともない時点で、自分のこともよくわかっていないままに会社を選ばなくてはならないのでそれは仕方がないことです。

就職時点では年収や知名度などを会社選びの基準にしていたが、実際に働くとそれよりもどんな仕事をするか、残業や休日がどれだけあるかの方が大事であることに気づいた人はかなり多いと思います。

もちろん中には最初から自分にとって満足できる会社に入社できた人もいるでしょうし、そういった人が転職したことがないなら問題はないと思います。

ただ満足してないのに、たまたま最初に入った会社という理由だけでいつまでも働き続けてしまうのは、かなり損してしまっているんではないでしょうか。

すぐに転職した方がいいわけではないが、その選択肢は持っておくべき

決して転職したことがないことを否定するわけではないし、すぐに転職することをおすすめしているわけではないし、この先転職しないというのも悪いことだと思っているわけではありません。

ただここで伝えたいのは「転職という選択肢」は皆持っておいた方がいいということ。

それを持っているか持っていないかだけで、あなたの会社生活は大きく変わるはずです。

転職するか迷ったら転職エージェントに相談してみるのもあり

もし少しでも転職するか迷っていたり、とりあえず転職の情報だけでも知りたいというなら転職エージェントに相談してみてください。

キャリアに関するカウンセリングを受けることができたり、どういった求人があるのかがわかったりと、答えを出すきっかけにはなるはずです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ