仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

仕事を辞めることに決めたら、できる限り早く仕事を辞めたいと思うもの。

とは言っても、今日決心したから明日辞めるなんてことは基本的にはできませんから、一定期間は出社することが基本です。

ただ、中には上司からのパワハラなど様々な理由かrあどうしてももう1日として行きたくないなんて人もいるでしょう。

そこで、今回は仕事を今すぐ辞めたいと思った時に即日退職する方法を紹介します。

関連:正社員で仕事をバックレるとどうなる?トラブルに避ける退職方法

関連:仕事を辞めることを上司にメールで伝えても大丈夫?そのメリット、デメリットとは

法律上で2週間前に退職の意思を伝える必要がある

民法第627条では、労働契約解除時には解約の申し入れた日から二週間経過することによって終了するとされています。

会社の合意があれば即日でも可能ではありますが、会社が認めてくれない場合だと、退職することを伝えてから2週間は退職できないことになり、出社して仕事をする必要があります。

即日退職できないのは、社会的なマナーとしてだけではなく、法律上においても決められていることなのです。

ばっくれ、無断欠勤はNG

すぐに退職する手段として、仕事をばっくれたり、退職を伝えてから合意もなしに無断欠勤するといった人もいます。

ただ、これはできる限りさけたほうが良いです。

ばっくれや無断欠勤をした場合、懲戒解雇扱いとなってしまい、本来貰うことができるはずの退職金を貰えなかったり、退職理由も自己都合ではなく重責解雇と離職票に書かれる為、転職で不利に働く可能性があります。

また、ばっくれや無断欠勤によって会社側が損害を被った場合には損害賠償を請求することも可能となります。

ほtんどの場合は、請求されることはありませんが、その可能性があることだけは知っておきましょう。

問題なく仕事を即日退職する為の方法は有給消化

では、どうすれば即日退職することができるでしょうか。

法律上2週間と決められている為、こればかりはどうしようもありませんが、その2週間を有給休暇を使って会社を休むことで出社はしなくてよくなります。

厳密に言うと退職日は有休消化後となる為、即日退職ではありませんが、退職を告げた次の日か会社に行かなくていいことには変わりません。

さらに、有休消化分の給料も貰うことができる為、大きなメリットがあるえしょう。どうせ退職するなら余っている有給休暇を全部使ってもいいと思います。

40日残っていたら、退職日を稼働40日間過ぎた日に設定すればそれだけ給料をもらい続けることができるのです。

実際に即日退職する場合の流れ

では、ここからは実際に即日退職する場合の流れを紹介しましょう。

こっそり退職に向けて準備する

もう仕事を辞めると決心したら、まずすべきことは退職に向けてこっそり準備することです。

特に私物を整理しておかないと、後日出社して整理しなくてはならないなんてことにもなりかねませんので、注意してください。

また、会社に返却しなくてはならないものもあるので、確認しておきましょう。

退職時に返却しなくてはんらないものとしては、健康保険証、社員証、名刺、会社から支給された備品といったものがあります。

健康保険証は有休消化中も使う機会があるのですぐ返却ではなく、後日郵送での返却という形になりますが、他のものは最後の日に返却するよにしてください。

退職届を出しを退職宣言する

次に行うのが上司に退職届を提出そ、退職を宣言することです。

退職願いと退職届は若干ニュアンスが違い、退職願いは退職を願い出る、退職届は退職を届け出るものである為、今回の場合は退職届を出すようにしましょう。

引き止めはきっぱり断る

退職を申しでるとかなり強い引き止めに合う場合もあります。少しでも可能性があるように見せるとしつこく行われる可能性もある為、絶対に辞めるし気は変わらないということをきっぱりと伝えましょう。

だめと言われても気にしない

中には退職を許さないなんて言い出して、退職届を受理してくれない場合もあります。

しかし、退職は許可のいるものではなく、会社側が退職を止めさせるなんてことはできませんから、気にする必要はありません。

ただ、念の為退職届をだして退職する意思を伝えたことを証明する為に内容証明郵便にて人事に送っておくといいでしょう。

そうすることで退職届を受け取っていないと揉めることはなくなり、理不尽に懲戒解雇等にされなくなります。

有休休暇を使用することを宣言する

退職届に書く退職日は有休消化後の日付であり、退職と同時に残りの日数を有休消化することを伝えましょう。

有休の申請方法は会社によって異なる為、上司に伝えた後で会社のやり方にそって申請するようにしましょう。

だめと言われても気にしない

引継ぎ等もありますから、上司からはそんなことは許さないなんて言う風に言われることもしばしばあります。

それなりに揉めることは覚悟しなくてはなりませんが、そこまで気にする必要はありません。

法律上拒否権がないこととを伝える

あまりに許してくれないようならば法律を武器にしましょう。

労働者の有給休暇取得に関して会社側ができるのは時季変更権だけです。

これは、忙しい時期や何連休も取ろうとしたことで業務に支障がでる場合に、取得の時期を変えるというものです。

ただ、これができるのは代わりとなる日があることが条件です。

退職日が決まっている場合には代わりとなる日がない為、この時季変更権は使うことができず、有給休暇をとらせるしかないのです。

退職に向けた手続きをする

退職することが決まったら、実際に退職に向けて手続きするようにしましょう。

人事と直接やり取りをする

基本的に手続きは人事の退職を扱っていると直接やるようにしたほうがいいです。機械的に終わらせてくれるので楽です。

退職の手続きをしていると、処理に数日間かかるなど色々と言われる場合もありますが、明日以降来ないということを伝えればなんとかなります。

後日に行く必要がな用いように進める

とにかく気を付けていけないのは後日行く必要がないようにすることです。

書類等が必要ならば郵送でやり取りすることを伝えておけば、ほぼ行く必要はありません。

即日退職するような場合だと、再度行くのは非常に憂鬱なことですから、あらかじめそれがないようにしておきましょう。

即日退職はどうしようもない場合だけにしよう

これまで、今すぐ仕事を辞めたいと思った時に即日退職する方法を紹介してきました。

しかし、即日退職するとなんだかんだで嫌な思いをすることが多いです。

どうしようもない理由がない限りはやはり1ヶ月前には退職を伝え、引継ぎを行い、円満退職するようにしましょう。

転職活動はできるだけ早く始めよう

もう一つ注意してほしいのが、転職活動はできるだけ早く始めるようにすることです。

思い切って仕事を辞めると、少し休もうと思い転職活動をなかなか始めない人もいあmす。

しかし、無職期間が長引けば長引くほど、仕事に復帰することが怖くなってきたり、お金面も含めて無職であることに焦りや不安を感じるようになってきます。

もちろんせっかく辞めたのですから少しは休んでもいいでしょう。ただ転職活動は2から3ヶ月程度はかかるものであり、いざ働こうと思ってもすぐ働くことができるわけではありません。

ですから、すぐに働きだすわけではないとしても転職活動だけは始めておくようにしてください。

転職活動は転職サイトや転職エージェントを有効的に使うことで、手間をかなり省け、成功率もあがります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば知名度のある以下の2つを利用してみるのをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

関連:無断欠勤してしまったら。無断欠勤による影響と対処法。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ