職場で疎外感を感じてしまう人の特徴。もしかしたら思い込みかも。

職場で疎外感を感じてしまう人の特徴。もしかしたら思い込みかも。

仕事の良し悪しを決めるのは仕事内容、給料、残業時間などなど色々なことがありますがそれだけではありませんよね。一緒に働く周りの人との人間関係も仕事の良さに直結する大きなものだと思います。

職場の人と良い関係を築くことができているなら会社に行くのが楽しくなってくることもありますが、職場の人とあまり関係が良くないと会社で過ごすのが辛くなってきてしまうものです。

ただ相手がいる分、自分の力だけではコントロールすることができないのが人間関係。自分が希望している姿とは裏腹に、なんとなく疎外感を感じてしまっている人もいることでしょう。

ただその疎外感、実は思い込みかもしれません。

関連:人間関係悪化で仕事を辞めるのは甘えではない。変わるまで待つなんて無理なことがほとんど。

関連:職場で嫌われることによるデメリットや気にしない方法

職場での疎外感は思い込みの場合も多い

長い時間を過ごす職場だからこそ、ただ仕事をするのではなく良い人間関係の中で働くことは仕事を楽しむ為の条件だと言えます。

しかし残念なことに多くの職場において、一緒に働いている誰かを仲間はずれにするといったことが起きてしまっていいるのは事実。

話しかけても無視をされたり、自分だけ飲み会に誘われなかったり、仕事上で必要な情報を自分だけ教えて貰えないなんて場合も実際にあって、されている側の本人としてはかなり辛い思いをしてしまいます。

そこまでいくと中々抜け出すのは困難。

自分の振る舞いを反省し改善したり上司に相談してみるといったことももちろん大事ですが、和気あいあいと過ごすようになることは簡単にできるようなものではなく、結局割り切ってしまうか、異動や転職で職場を変えることくらいしかできません。

ただいくらあなたが疎外感を感じてしまっているとしても、周囲に仲間はずれにしようなんて気持ちは全くない場合があります。

自分が勝手に思い込んでしまっていまい、自分の考えで自分を苦しめてしまっている場合もあるのです。

疎外感を感じやすい人の特徴

特にここで紹介するような人は職場で疎外感を感じやすいかもしれません。

人の目を気にしすぎる

とにかく人目を気にしまい、自分は周りにどう思われているんだろうか、変に思われていないだろうかと考えがちな人は物事をネガティブに考えてしまいがち。

その結果あまり自分をだすことができなかったり、必要以上に人と関わることをしなくなってしまう為、嫌われているわけではないものの仲が良い人はできずに、どことなく疎外感を感じてしまいます。

またあわせて周りのことの人もよく観察しすぎていて、自分だけが輪に入れていないのではないのかなど不安になりマイナス思考に陥ってしまう傾向もあります。

被害妄想が激しい

小さなことでもマイナス方向に大げさに物事を捉えてしまう被害妄想の激しい人も疎外感を感じてしまいがち。

相手の特に深い意味がない行動や発言にも、自分は嫌われているんではないかと不安になってしまったり、馬鹿にされているのではないかと不安になってしまうことがあります。

その結果、自分から積極的に人に絡んでいくことができなくなり付き合いは必要最低限。仲良い人もできず疎外感を感じてしまうことが多くなってしまうでしょう。

劣等感を感じている

周囲と自分を常に比べ、自分に劣等感を感じてしまう特徴がある人もまた、周囲がそんな気は全くないのに自分から絡ませないような雰囲気を作りながら勝手に疎外感を感じていまいがち。

劣等感を感じてしまった結果、自分からは積極的に行けなくなってしまったり、それ以上に劣等感を感じることを避ける為深くは付き合おうとしない場合が多いです。

人付き合いを面倒くさがる

人から嫌われることや仲間はずれにされることを過度に恐れるくせに、なんだかんだで人付き合いを面倒くさがる、そんな人っていますよね。

飲み会を誘っても断られる、仕事以外のことには関わってこないとなれば、周囲もそういう人なんだと認識を持ちまうから、いずれは誘ってこないようになります。

基本的には面倒だけど毎回誘っては欲しいし輪に入れてほしいというのはちょっと虫が良すぎますよね。

だからと言って嫌われているわけではありません。会社は仕事をする場ですし、周囲も大人。あなたが望んでいないことを周りがしないようにしてくれるだけです。

自分の考え方を変えてみよう

あなたが自分の中で人間関係が上手くいかない、どことなく疎外感を感じているという場合、実は周りではなくあなた自身に問題があるかもしれません。

周囲は単純にあなたの考えを尊重し、無理に絡んでこないようにしているだけという場合もあるのです。

もしあなたが現在感じている疎外感から抜け出したいと思っているならば、まずどこに問題があるのかを知り、考え方を変えていく努力をしてみるようにしてください。

嫌がらせを受けている場合は別

今回紹介したのは、あくまで周囲から本当は嫌われたり仲間はずれにされているわけではないのに勝手に疎外感を感じてしまっている場合のこと。

ただ全てのケースで思い込みだというわけではありません。

職場の人達からはっきり仲間はずれをされていたり、無視などのいじめ、嫌がらせを受けているという人もいるでしょう。

その場合は思い込みだと我慢したり、自分を責めるようなことはしないでください。

そんな職場はできるだけ早く離れたほうが良い。異動するなり、転職するなり、あなたにとってももっと働きやすい環境で働くことをおすすめします。

転職するなら

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:職場で無視される。無視する人への対処法は?

関連:人間関係が悪い職場は辛いから転職したほうが良い、もっと良い環境はきっとある



このページの先頭へ