転職サイトはどれに登録しておけば良い?パターン別におすすめ

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

転職サイトはどれに登録しておけば良い?パターン別におすすめ

非常に色々な種類がある転職サイト。いざ登録して転職活動を始めようと思ってもどれに登録するのがいいか迷いますよね。

そこで今回は転職に対する意識別に登録しておきたい転職サイトを紹介します。

さくっと登録してあなたの転職活動をスタートさせましょう。

転職サイトを選ぶ前に

どこの転職サイトに登録するかを選ぶ前に、まず以下の2点については知っておくと良いでしょう。

年齢、経験有無は気にしなくて良い

転職エージェントの場合は第二新卒向け、20代向け、30~40代向けというように年齢ごとにターゲット層が分かれているものもある為、自分に合ったものを選ばなくてはいけません。

また一部転職エージェントでは未経験職種への転職を希望している場合やこれまでに派遣社員や契約社員としてしか働いていない人へのサポートを断る場合もあります。

しかし転職サイトは基本的に年齢層、職歴に条件をつけずに20代から40代、経験者から未経験者まで利用可能。

幅広く求人が準備されています。

ハイクラス層は転職エージェントを

ただし管理職や年収1000万円以上を狙うハイクラス層の転職希望者は転職サイトに利用よりも転職エージェントに利用をおすすめします。

こういった求人は求人数自体が少ない上にほぼ非公開求人となっており、ハイクラス層向けの転職エージェント経由でないと中々転職を成功させることができない為です。

参考:エグゼクティブ転職サイト、転職エージェントの特徴やおすすめエージェント

すぐに転職したい、すぐに本格的に転職活動をスタートさせたい

ではまずはすぐに転職したい、すぐに転職活動をスタートさせたいという人向けの転職サイトです。

登録する転職サイトのポイント

すぐに転職したいと考えている人が登録する転職サイトのポイントは以下の点。

  • 求人数が豊富で実績がある
  • 転職エージェントと連携が取れる

まず重視すべきなのが求人数の多さ。

求人数が多ければ多いほど選択肢は広がり自分の希望に合った求人が見つかりやすくなります。

また転職サイトによって、そのサイトでしか扱っていない求人も多数あるので、二つ以上の複数サイトに登録することをおすすめします。

無料で登録も簡単ですから2、3個同時並行するのは難しいことではないと思います。

そしてもう一点が転職エージェントと連携が取れること。

非公開求人の紹介や転職全般に関するサポートを行ってくれる転職エージェントは転職活動ではやはり有用。

すぐにとは行かなくてもいずれは使うことになることも多いので、転職エージェントもある転職サイトがおすすめです。

登録しておきたい転職サイト

以上の点から登録しておきたい転職サイトは以下の二つ。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量。非公開求人のオファー量も他に比べて多いです。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは利用したいと思ったタイミングで簡単に申請可能で連携をとって転職活動を進めることも可能です。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

大手だけあって求人数も実績も豊富です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能

最初は転職サイトのみの利用、後日転職エージェントを利用に変更することも可能です。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

良い転職先があれば転職したい

次に今すぐとは行かなくても、良い転職先があれば転職したいと思っている人向けの転職サイトです。

登録する転職サイトのポイント

良い転職先があればと思っている人におすすめなのが、オファーを貰えるタイプの転職サイト。

大手転職サイトのスカウト機能がその一つ。

そして最近はオファーを貰うことに特化した転職サイトもあります。

好条件の求人はその大半が非公開求人。

定期的に公開されている求人を見ているだけでは中々見つかりませんから、登録してオファーを待った方が良いです。

とりあえず登録しておいて、オファーが来るのを待つ。基本放置でOKなので転職活動の負担もありません。

登録しておきたい転職サイト

リクナビNEXTDODAといった大手転職サイトはスカウト機能がありオファーメールの量も多いので当然おすすめ。

そしてそれに加えてもう一つおすすめなのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

登録しておくだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

とりあえず情報収集したい

そして最後にすぐに転職するつもりではないけどいずれは転職することを考えていて、まずは情報収集したいという人向け。

登録する転職サイトのポイント

転職サイトは求人情報が掲載されているものではなく、様々な転職に関する情報、仕事に関する情報も掲載してくれています。

ただその情報は転職サイトによって様々です。

そして情報収集の目的で転職サイトに登録するのであれば、そういった情報が充実していることが大切です。

登録しておきたい転職サイト

情報収集を目的にする場合に登録しておきたい転職サイトは以下の二つ。

MIIDAS(ミーダス)は登録時点で想定年収を算出してくれるとともに、7万人の転職事例を見ることができるというのが大きなポイント。

7万人もいれば自分がしたい、自分がするつもりの転職と近い人の事例が見つかり参考になるでしょう。

そしてもう一つがキャリコネ転職サービス

この転職サイトは実際に働いている人、働いた経験がある人による口コミを見ることができ、実際の職場の環境や収入がわかる点。

かなりの数の口コミが掲載されていますから、ここでしか得られない情報がたくさんあります。

もちろん口コミの中には嘘の情報が記載されている場合もあります。

ホワイト企業であっても、職場で嫌がらせを受けるなど会社に恨みを持って退職した人も少なからずいますからね。

最後に

たくさんある転職サイト。

今回色々なものを紹介してみましたが、一通り使ってみて自分の目的に合っているか確かめてみるのも良いでしょう。

完全無料だし、登録も1~3分程度で終わる簡単なものばかり。

スマホでも簡単に使えますからね。



このページの先頭へ