転職に慎重さは大切。ただ慎重になりすぎてしまうとチャンスを逃すので注意が必要。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職に慎重さは大切。ただ慎重すぎてしまうのはNG。

失敗してしまうこともある転職。転職に失敗して後悔する人は少なからずいるのが現実です。

だからこそ転職では慎重さを持って行動、決断をすることが重要で、勢い任せに進めていくことは避けなければなりません。

これから行うあなたの転職を成功に導く為、ぜひ一度この慎重さについて確認してみてください。

関連記事

 

勢いだけでは失敗する!転職に大切な慎重さとは

転職活動を始める前は必要以上に慎重になりすぎてしまう人は少なくないでしょう。

「転職はうまくいくのだろうか」「転職して後悔はしないだろうか」「転職するタイミングなのだろうか」

あれこれと不安を感じ、中々転職活動を始めることができずにいます。

しかしいざ転職活動が始まると、一転して勢い任せに大胆になりすぎる人が多いです。

転職活動を終わらせることに重きを起き、転職活動を終わらせることが転職の成功だと勘違いしてしまう為です。

しかし転職を成功させようと思っていてはこれではだめ。慎重になるべき時にならず勢いに任せてしまうと、その転職が失敗に終わる可能性は高くなってしまいます。

転職活動を始める際に慎重さはいらない

まず転職活動を始める時に慎重さはいりません。むしろここは勢いも大切。

なぜなら転職活動を行うことに大きなリスクはないからです。

万が一転職活動が上手くいかず転職できなかったとしても、そこに大した損害はありません。

結局は転職活動をしなかった時と同じように今の会社で働き続けるだけのことですからね。

大きなリスクがないなら慎重にならず、だめもとでもいいからやるだけやってみようという勢いで始めてみるのも大切なこと。

それが功を奏すことはよく起こることです。

ただ転職活動を始めた後は慎重さが必要になります。

転職は決断の連続

転職は決断の連続です。

  • どういった条件を希望するか
  • どこの会社に応募するか
  • 内定を受けることにするか、辞退するか

自分で考え、自分で調べ、自分で判断した上で決断をしていかなくてはなりません。

そしてもしあなたがあなたにとって後悔のない、満足のいく転職をしようと思ったら、全てで正しい決断を行うことが必要となります。

自分が希望していることをしっかり理解し、それに合った会社を見つけて応募する。内定を貰ったらあらためて自分の希望に本当にあっているか確認する。

これで初めて転職は成功するのです。

決断は慎重に行わなくてはならない

転職活動ではいかに書類選考を通過するか、いかに面接を通過するなどテクニックの部分ももちろん大切です。

ただ要所で正しい決断をするというのはそれ以上に大切。

いかに内定を取るテクニックが優れていたとしても、自分の希望に合っていない会社から内定を貰っても転職後に後悔するだけですから。

だからこそ決断は慎重に行わなくてはいけないんです。

希望条件を決める際、自分の浅い考えに捉われてなんとなくで決めてはいけません。

自分の市場価値を知り、自己分析を行い、求めることや妥協できることを明確にし、自分が本当に望んでいることを明らかにするというステップが必要です。

応募する企業を決める際、表面上の条件や知名度だけで決めてはいけません。

その会社がどういった会社なのか、自分にとって働きやすい会社なのか、希望条件に本当にマッチしているのか、できる限り調べてに調べて決めなくてはいけません。

内定を貰ったからと言ってすぐに転職すると決めてはいけません。

あらためて本当に希望に合った会社、満足できる会社なのかを確認した上で最終判断をしなくてはいけません。

勢い任せにして失敗する人はたくさんいる

実際、勢い任せに転職活動を進めていったせいで失敗する人というのはたくさんいます。

会社についてよく調べなかった結果、ブラック企業に転職してしまった人。

転職後に自分にとって働きやすい会社ではないこと、やりたい仕事ではなかったことに気づいた人。

就業条件が思っていたものと違っていた人。

転職先の会社自体に問題がある場合も多々ありますが、その会社を選んでしまったのは自分の責任。よく調べず、確認しなかった結果です。

転職の失敗を恐がっている人はたくさんいると思いますが、実際に起こっている転職失敗は慎重になってさえいれば十分防げることが大半なのです。

転職はあくまで手段、目的になってはいけない

転職活動を始める際に覚えておいてほしいのが転職はあくまで手段であるということ。目的ではありません。

転職活動を進めていると、いつの間にか転職することが目的となってしまい、転職活動を終わらせることが目標となってしまっている人がたくさんいます。

転職はあくまであなたの希望を叶える為に行うもの。

それができないとわかったら時に撤退する勇気も必要です。

慎重になりすぎるのもだめ、チャンスを逃す結果に

転職活動では常に慎重に判断していく冷静さが必要です。

ただ、あまり慎重になりすぎてしまうのもチャンスを逃してしまう結果になるので気を付けてください。

最後は確信が持てなくても勇気を持った決断をすることも必要になります。

はっきり言って成功すると確信できることはほぼありません。

会社について調べるにも限界があって転職前にはどうしてもわからないこともあります。

いくら慎重になったって転職に対する不安がゼロになることもありません。

しかも時間は限られています。

会社で働きながら転職活動する場合、割ける時間はたくさんあるわけではありませんし、求人には募集期間があるのでだらだらしていると締め切られてしまいます。

慎重さは必要ですが、最後は思い切った決断をしなくてはいつまでたっても転職を実現することはできないのです。

最後は勇気を出して決断することが重要

転職しようと思ったら、やはりどこかで勇気を出して思い切った決断をすることが求められます。

ただ、慎重に慎重を重ね、自分がやれることをやった上で決断した結果はそうそう裏切ることはありません。

ぜひ転職活動では慎重さとともに、勇気を持ち、あなたのにって最良の転職ができるように進めていきましょう。

転職活動では転職エージェントの利用がおすすめ

転職活動では、ぜひ転職エージェントサービスを使うようにしてください。

非公開求人の紹介から転職全般のサポート、さらには自分では調べにくい会社の情報収集にも役立つ為、転職成功の確率は上がります。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ