試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点

試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点

多くの会社では、転職をした際に試用期間を設定しており、求人情報にも記載されていますから、見たことがある人も多いでしょう。

入社後から数か月程度に設定される試用期間ですが、この試用期間内に退職する人もいます。

そこで、今回は試用期間内での退職について紹介します。

関連:退職時に引き止められた場合の対策方法

関連:完全失業率や失業者の人数、仕事がない理由は?

関連:仕事が続かないのはなぜ?原因と対処法

スポンサーリンク

試用期間とは

そもそも試用期間とは何でしょうか。

企業は、採用する際に書類選考、面接を実施し、その人が適性のある人材かどうかを見極めます。

しかしながら、それだけではその人材が適性かどうかを見極めることができない為、実際に働いてみた上で本採用を判断します。

試用期間とは、この働き出してから本採用までの期間です。

その期間は3ヶ月から6ヶ月程度。

期間は法律で決まっているわけではありませんが、就業規則や労働契約書には明記してある必要があります。

労働基準法第20条では、会社が労働者を解雇しようとする場合、少なくとも30日前には予告しなければならないとされています。

しかし、第21条において、試用期間中の人で入社後14日以内の人はこの限りではないとされています。

すなわち入社後14日以内であれば、正当な理由がある場合に即日解雇も可能となるのです。

試用期間は上記でも述べたように3ヶ月から6ヶ月で設定されることが多いですが、会社が設定した試用期間内でも14日以上たった場合には30日前の解雇予告が必要です。

関連:試用期間中にクビ!その解雇は妥当ですか?

試用期間内の退職。試用期間中に仕事を辞めたいと思ったら

せっかく入った会社だけど、働き出してみると想像していた仕事と違った。

そういった理由から入社後すぐに辞めたいと思う人も少なからずいます。

転職先を決める前によく調べなかったのが悪い、忍耐力がなさすぎるなどあまり良い風には思われないかもしれません。

しかし、いくら会社や仕事について調べても、実際に働いてみないとわからないことはどうしてもあります。

では試用期間内に退職する場合にはどういうことを注意すればいいでしょうか。

スポンサーリンク

試用期間内といえども14日前に退職を伝える必要がある

民法では、退職する場合には2週間前にその意思を伝えなければならないとされています。

これは、試用期間内であっても例外はありませんから、同様に2週間前に申し出なければなりません。

上記でも述べたように、入社14日以内は解雇予告が必要ありませんが、自ら退職する場合には14日以内であっても必要なのです。

試用期間中に退職した場合は職歴への記載は?

試用期間中に退職しようとした場合、気になるのは転職回数が増えること。

次の転職先を探す際に転職回数が多いと不利になりますし、ましてや1,2ヶ月という短期間での退職はよりいっそう不利になります。

ただ、試用期間中、特に3か月未満の職歴については書かなくてもよいとされています。

履歴書や職歴書を偽って書くことは決してしてはいけないことであり、入社後にばれると懲戒解雇の対象となります。

しかし、試用期間中の退職であればその対象とはなりません。

ただ、書かない場合には無職である期間ができますから、面接時に聞かれた時に答える必要がでてきます。

試用期間であっても社会保険等に入っていた場合、入社後にばれる為、もし面接時に空白期間について聞かれた際に嘘をつくと虚偽となってしまう為、気を付けましょう。

ミスマッチしない為には

試用期間内であっても、どうしても仕事を辞めたいのであれば辞めてもいいでしょう。

しかし、次の転職ではこの反省を活かし、ミスマッチをしないようにしなくてはなりません。

万が一、次の会社でも辞めたいと思ってもしばらくは働き続ける覚悟は必要です。

短い期間で転職回数を増やすこと、無職期間を増やすことは転職を不利にしてしまいます。

あなた自身の労力も大きなものがあるでしょう。

上手く転職サイトを活用し、しっかりとした仕事選びをしましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:上手い上司への退職の伝え方、どうせなら円満退職しよう

関連:仕事を辞める前に確認しておくべき4つのこと

スポンサーリンク



このページの先頭へ