試用期間中に退職するメリット、デメリットと退職する理由や方法

試用期間中に退職するメリット、デメリットと退職する理由や方法

多くの会社では、新たに採用した人に対して3ヶ月程度の試用期間を設けています。

本当に能力が備わっているか、勤務態度などに問題がないかといった、数回の面接だけでは見抜くことができない点を確認する為に設けられており、あまりにひどい態度であったり、極端に能力が不足している場合は解雇される場合もあります。

ただ入社して実際に働いてみなくてはわからないというのは労働者側も同じ。実際に働いてみて仕事が合わないと感じ退職を決断する人もいるでしょう。

そこで今回は試用期間中の退職に関するメリットやデメリット、退職方法などを紹介していきます。

関連:転職後の初任給はどう決まる?いつ貰える?もし思ってたよりも少なかったら?

関連:試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点

試用期間中の退職はどんなメリットがある?

ではまずは試用期間中に退職するメリットを紹介していきましょう。

基本的に転職してすぐに辞めてしまうことは、再度転職する際に不利に働いてしまうとされていますが、その中でもメリットはどういた点があるのでしょうか。

職歴に書く必要がない

試用期間中に仕事を辞めた場合、その仕事をしたことを職歴に書かなくても特に問題はなく、職歴書だけ見ても企業側はその人が前の会社をすぐに辞めたということを知りえません。

それだけで書類選考の通過率は大きく変わってくると思います。

社会保険に加入した場合はその履歴で会社側が知ってしまいますが、それが原因で職歴詐称として採用取り消しになるようなものではありません。

無理に頑張る必要がない

入社してみたらブラック企業だった、無理な働き方を強いられる、仕事をろくに教えて貰えずに周囲からいじめられる、そんな状況で無理に頑張り続けるのはとても大変なこと。

中にはそのまま頑張り続けた結果、精神的に病気になってしまうことだってありえます。

さっさと試用期間内に辞めることで、無理に限界を超えて頑張る必要がないというのは一つの大きなメリットだと思います。

早めの決断で転職が有利になる

すぐに辞めて転職することが必ずしも悪い結果をもたらすかというとそういうわけではありません。

希望の会社とは全然違ったけど短期離職はだめだからと数年働いた人、試用期間内でさっさと辞めて転職した人、後者はまず年齢面で有利になります。

例えば25歳で転職する人と30歳で転職する人では、やっぱり有利になることが多いですし入社後の仕事に対する順応性も高いです。

また転職では時期も転職しやすさに大きく影響します。

現在は求人数が求職者数を大きく上回っている超買い手市場の状態。数年後も今の状態が続いているとは限らず、もし景気が悪くなっていて売り手市場の状態になってしまっていれば転職はそう簡単にすることができるとは限りません。

試用期間中の退職はどんなデメリットがある?

では続いて試用期間中の退職に関するデメリットを紹介します。

無職期間がある

もし試用期間中のことを職歴書に書かなかったとしたら、その部分は無職期間になってしまうことになります。

無職期間なしで転職して試用期間内1ヶ月で退職すれば無職期間は1ヶ月しかないので不利な原因にはなりませんが、会社を辞めて転職活動を開始した人だと無職期間が長くなる場合があります。

転職活動に費やした期間3ヶ月、試用期間で働いたのが3ヶ月ともなれば、6ヶ月も空白期間ができてしまうので、転職活動時に不利になってしまう場合があります。

面接で聞かれれば答えなくてはならない

書類選考に無事通過したとしても、面接でその無職期間について問われたら正直に答えなくてはなりません。

空白期間が2、3ヶ月程度であれば聞かれない場合もありますが、長くなればなるほどに空白期間で何をしていたのかと聞かれる可能性は高くなる為、試用期間内で辞めた正当な理由を答えることができるように用意しておかなくてはなりません。

本質部分を見極めることができない

入社前に聞いていた給料よりも少ない、休日が少ないなど労働条件が違うといった理由ならいいんですが、もしも仕事が合わない、人間関係が上手くいかない、仕事が上手くできないといった場合は注意が必要。

転職して入社間もない頃は、新卒の時よりも人間関係を築くのが中々難しかったり、仕事で求められる能力が高くて上手くできないと感じてしまうことも多いし、最初は望んだとおりの仕事ができずに仕事が合わないと感じてしまうことも多いもの。

しかし数か月たつとなんだかんだ慣れてきて、その転職が正解であったと感じることも少なくはなく、試用期間内で辞めることが実際はマイナスになる場合もあるのです。

試用期間中の退職方法、退職理由

このように試用期間中に退職することはメリットもある一方でデメリットがあることも忘れてはいけません。

しかしそれでも退職する決心が固い場合、できるだけ早めに退職するようにしましょう。

そこでここでは試用期間中の退職方法や退職理由に関して紹介していきます。

退職方法は試用期間中であっても特別なことはない

退職方法に関しては、試用期間中だからと言って特別なことはなく、決められたルールを守って退職することが必要になります。

最低でも退職日の14日前に上司に退職することを伝えて退職届を提出、短い期間であると言えども自分が受け持っている仕事には責任を持ち必要に応じて引継ぎを行ってください。

バックレなどは極力避けなくてはなりません。懲戒解雇にされてしまったり、自宅にまで押しかけてくる場合もあるので、できる限りルールにそった形で退職をすすめましょう。

退職理由

せっかく採用したのにすぐに退職。会社にとっては正直困ります。

高いお金を出して求人をだしたのに、他の転職希望者を断ったのに、仕事を教える時間をつくったのに。

そんな中で退職するわけですから、退職理由はできるだけ相手に不快感を与えずに納得してもらうようになりませんし、最後には謝罪の言葉を述べる必要もあります。

まず会社や職場を否定していると捉えられてしまうのは絶対にNG。社風が合わない、人間関係が合わない、仕事がつまらない、そんな言葉は避けましょう。

またよく考えていれば入社前でもわかるだろうというような理由もNG。給料が合っていない、○○の仕事がやりたいなんていう転職活動の時点で判断すべきものを理由にされては、イラっとさせてしまいます。

例えば自分は○○のが得意でありこの能力で会社に貢献していきたいと考えていたが、想定していた仕事内容と異なり能力を生かすことができない為といった理由や、家庭や健康面などでやむを得ないと判断される理由にしておくことが無難です。

再度の転職に向けて

試用期間内で退職するとしても、また転職活動を進めることになります。

もしも次の転職活動まで時間が空いてしまうと、さらに無職期間が長くなってしまう為、転職がどんどん難しくなっていきますからできるだけ早めに転職活動を始めるようにしてください。

そして次の転職では、今回のようにすぐ辞めるのではなく長く働くことができる会社を転職エージェント等にも相談しながらしっかり探しましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ