失業保険(雇用保険)の金額計算や給付期間、給付条件、手続き方法

失業保険(雇用保険)の金額計算や給付期間、条件、手続き方法

失業してしまった場合に、あなたの味方になってくれる失業保険(雇用保険)。

前回の記事では、失業保険(雇用保険)の加入条件や手続き、加入の確認方法などを紹介しました。

失業保険(雇用保険)の加入条件や手続き、加入の確認方法

今回は失業保険(雇用保険)についてもらえる金額の計算方法や、給付の手続き方法を紹介していきます。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:ハローワークの職業訓練校とは?種類や給付金について

関連:介護保険制度の特定疾病とは?種類や選定基準

スポンサーリンク

失業保険(雇用保険)の金額計算方法

いざ、退職を考えた時や退職が決まり、かつ次の仕事が決まっていない場合、あなたの生活を支えてくれる失業保険(雇用保険)。

計算方法を知っていますか?

給付金額は以下の条件によって変わってきます。

  • 退職前6ヶ月の給料
  • 年齢(①30歳未満②30歳~44歳③45歳~59歳④60歳~64歳⑤65歳以上)
  • 勤続年数

退職前給与が多ければ多いほど、失業保険(雇用保険)がもらえる額は多いですが、元の給料から減る額は大きいです。

また、年齢が③がもっとも高く①、⑤は低くなります。

総じて元の給料から50%~80%程度の給付となります。

スポンサーリンク

失業保険(雇用保険)の給付期間

失業保険(雇用保険)の給付期間は退職理由と、勤続年数により変わってきます

一般受給資格者の給付期間

一般受給資格者とは、自己都合の退職や、定年退職、懲戒解雇による退職の場合です。

この場合はいかの通りです。

  • 勤続年数1年~5年:90日
  • 勤続年数5年~10年:90日
  • 勤続年数10年~20年:120日
  • 勤続年数20年以上:150日

自己退職の場合、受給まで期間があくので、貯金は必要です。

また、転職先が決まってなくとも、

実際に自分の市場価値はどれくらいなのか、リクナビネクストで確認してみるといいでしょう。

 

特定受給資格者の給付期間

特定受給資格者とは、会社都合の退職の場合です。

倒産やリストラなどに加え、サービス残業や労働条件が違う等の労働基準法の場合にも該当します。

ただし、注意しなくてはならないのは、会社側がリストラにも拘わらず、無理やり自己都合にさせることがあるということです。

会社都合の退職は会社にとってはイメージが悪くなるなどの不利益が生じるためです。

ただ、こうなると失業保険(雇用保険)の給付期間は減ってしまいます。

そういった場合はハローワークに相談に行きましょう。

30歳未満の給付期間

  • 勤続年数1年未満:90日
  • 勤続年数1年~5年:90日
  • 勤続年数5年~10年:120日
  • 勤続年数10年~20年:180日

30歳以上35歳未満の給付期間

  • 勤続年数1年未満:90日
  • 勤続年数1年~5年:90日
  • 勤続年数5年~10年:180日
  • 勤続年数10年~20年:210日
  • 勤続年数20年以上:240日

35歳以上45歳未満の給付期間

  • 勤続年数1年未満:90日
  • 勤続年数1年~5年:90日
  • 勤続年数5年~10年:180日
  • 勤続年数10年~20年:240日
  • 勤続年数20年以上:270日

45歳以上60歳未満の給付期間

  • 勤続年数1年未満:90日
  • 勤続年数1年~5年:180日
  • 勤続年数5年~10年:240日
  • 勤続年数10年~20年:270日
  • 勤続年数20年以上:330日

60歳以上65歳未満の給付期間

  • 勤続年数1年未満:90日
  • 勤続年数1年~5年:150日
  • 勤続年数5年~10年:180日
  • 勤続年数10年~20年:210日
  • 勤続年数20年以上:240日

就職困難者の給付期間

就職困難者とは、障害者などのことを指します。

45歳未満の給付期間

  • 勤続年数1年未満:150日
  • 勤続年数1年~5年:300日
  • 勤続年数5年~10年:300日
  • 勤続年数10年~20年:300日
  • 勤続年数20年以上:300日

45歳以上65歳未満の給付期間

  • 勤続年数1年未満:150日
  • 勤続年数1年~5年:360日
  • 勤続年数5年~10年:360日
  • 勤続年数10年~20年:360日
  • 勤続年数20年以上:360日

失業保険(雇用保険)の給付条件

失業保険(雇用保険)の給付条件は以下の通り

  • 退職した時
  • 就職する意思があり、就職活動を行っている
  • 退職した日以前の1年間に雇用保険に通算6か月以上加入

退職したとき

自己都合、会社都合関係なく、退職することが必要。

まあ当然ですね。

就職する意思があり、就職活動を行っている

就職する意思を示さなければなりません。

といっても、ハードルは低く、簡単です。

実は起業準備であったり、結婚してもう働くつもりはない場合にもらっているという人もたくさんいるみたいです。

ただ以下の場合はもらうことができません。

  • 学校に通学し、就職予定がない
  • 就職先が決まっている
  • 自営業の届けをだしている
  • 上記の就職活動を実施しない

退職した日以前の1年間に雇用保険に通算6か月加入

転職した場合は、合算することができます。

またけが等で1か月以上働けず給料がまるまるない場合、その月は対象からはずれます。

すなわち、2か月けがで休んでいた場合、1年2か月のうち6か月加入していればいいのです。

また、加入していると思っていたが、会社側が加入していなかった場合でも2年間はさかのぼって加入できます。

詳細はこちら

失業保険(雇用保険)の加入条件や手続き、加入の確認方法

失業保険(雇用保険)の給付手続き方法

手続き方法を簡単に解説していきましょう。

参考:ハローワークインターネットサービス

手続きの為の必要書類

  1. 求職申込書
  2. 離職票1
  3. 離職票2
  4. 雇用保険被保険者証

1についてはハローワークに手続きに行った際に記入

2~4は事前に準備。

2、3は退職後にとどきます。

4は会社が保管している為、退職時に会社側からもらいます。

手続きの為の必要なもの

  1. 印鑑
  2. 写真(たて3cm×よこ2.5cm)×2枚
  3. 本人の住所、年齢が確認できるもの(免許証など)
  4. 預金通帳

手続きの流れ

簡単に流れを解説します。

  1. ハローワークでの申し込み
  2. 受給資格決定
  3. 受給説明会
  4. 求職活動
  5. 失業の認定
  6. 受給

a.ハローワークでの申し込み

ハローワークに行って必要書類を提出しましょう

b.受給資格決定

ハローワークにて受給要件を満足しているか確認します。

c.受給説明会

受給資格決定後、説明会の日時を指定されます。

必ず出席しましょう。

d.求職活動

失業保険(雇用保険)のもらう為の条件に求職活動を行っていることがある為、

求職活動をしている実績をつくりましょう。

e.失業の認定

受給説明会にて失業の認定日が知らされます。

その日にハローワークで失業していること、求職活動をしていることの確認が行われます。

f.受給

晴れて受給となります。

認定日から1週間程度で振り込まれます。

スポンサーリンク

最後に

ざっと説明しましたが、もし今あなたが受給したいと思っているならば、まずハローワークに行ってみてください。必要なことを教えてくれます。

ただ、転職活動はハローワークではなく転職サイトで行うことをおすすめします。

というのも、ハローワークは求人をだす企業が雇うことで補助金をもらうことができる一方、転職サイトで募集をかけ雇うと、企業側はお金を転職サイト側に支払わなければなりません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連記事:再就職手当ての受給条件や、金額計算方法

関連記事:試用期間中にクビ!その解雇は妥当ですか?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ