失業保険(雇用保険)の加入条件や手続き、加入の確認方法

失業保険(雇用保険)の加入条件や手続き、加入の確認方法

会社を辞めた、もしくは辞めさせられてしまった。会社が倒産してしまった。

色々な形で失業する人がいます。

その結果、お金がなくて生活できないということがないよう、失業保険(雇用保険)があります。

今回は、この失業保険(雇用保険)の加入条件や手続き、加入しているかの確認方法などを紹介していきます。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:ハローワークの職業訓練校とは?種類や給付金について

関連記事:失業保険(雇用保険)の金額計算や給付期間、条件、手続き方法

関連記事:労働基準法の残業、休憩時間、労働時間などを簡単解説

スポンサーリンク

失業保険(雇用保険)とは

失業保険(雇用保険)とはどういったものか、簡単に説明していきます。

失業保険と雇用保険の違いは?

失業保険と言われたり、雇用保険と言われたりしますが、その違いを知っていますか?

正確には、失業保険は雇用保険の中の失業等給付のことを指します

雇用保険には他にも、雇用安定事業や能力開発事業といった雇用保険二事業というものも含まれています。

失業保険という言葉がなぜ使われているかというと、

失業保険という制度が1947年に制定され、実際に使われていたためです。

1974年に失業保険が雇用保険に変わりましたが、昔からの呼び名が今も使われているのです。

今では、雇用保険もほとんどの場合、失業等給付のことを指しており、

「失業保険=雇用保険」として使われています。

失業保険(雇用保険)とは

失業保険は雇用保険の失業等給付のことを指すことは前項で述べましたが、この失業等給付とはどういったものでしょうか。

厚生労働省のホームページによれば

雇用保険は政府が管掌する強制保険制度です。

(労働者を雇用する事業は、原則として強制的に適用されます)

雇用保険とは

労働者が失業してその所得の源泉を喪失した場合、労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合及び労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給

となっています。

何らかの事情(自主退職やリストラ、会社の倒産)により失業し、所得がなくなってしまった場合に、

お金がなく生活ができなくなることを防ぐ為であったり、次の就職をに向けた職業訓練等の経費支援の為の保険となります。

スポンサーリンク

失業保険(雇用保険)の加入条件、加入手続き

失業保険(雇用保険)の加入条件や給付条件を解説していきます。

失業保険(雇用保険)の加入条件

失業保険(雇用保険)の加入条件は、以下の通りです。

  • 1週間に20時間以上の労働時間
  • 31日以上の雇用見込み

この2つの条件を満たす場合は会社の規模や雇用形態(正社員、パート、アルバイト)に関わらず、加入することになります。

失業保険(雇用保険)は強制保険の為、事業主は加入させなければなりません。

しかし、現実としてはパートやアルバイトの方々を加入させない場合が多くあります。これは雇用保険法違反となり罰則対象となります。

失業保険(雇用保険)加入手続き

加入の手続きは事業主が行います。

雇用者側から加入手続きの為にすることはありません。

その為、雇用者側はこの保険制度を知らないと、加入しないままとなってしまうことにもなりかねません。

失業保険(雇用保険)に加入しているかのの確認方法

加入手続きは会社が行う為、実は加入されていなかったなんてこともあります。

雇用者として、加入しているか確認しましょう。

雇用保険被保険者資格取得等確認通知書が交付されているか

失業保険(雇用保険)に加入している場合、雇用保険被保険者資格取得等確認通知書が交付されています。

通常、働いているときは会社が保管しており、退職すると渡されます。

退職したにも関わらずもらえないということは加入できていない、もしくは会社側が渡すのを忘れていることが考えられます。

雇用保険被保険者証が交付されているか

上記と同様で、失業保険(雇用保険)に加入している場合に雇用保険被保険者証が交付されています。

こちらも通常、働いているときは会社が保管しており、退職した際に渡されます。

厚生労働省のホームページで確認

勤務先が雇用保険に加入しているかどうかを労働者が確認できます

ただし、正社員のみ加入させ、パートには加入させていないといった場合は、

会社としては加入している状態なので、判断がつきません。

参考:厚生労働省

給与明細で確認

失業保険(雇用保険)に加入している場合、毎月の給料から雇用保険料が引かれます。

そして、引かれていることが給与明細に明記されています

記載がない場合、加入していないことを疑いましょう。

ハローワークで確認

わざわざハローワークに行かなくてはならない為、多少めんどくさいかもしれませんが一番確実な方法です。

ハローワークで配布されている雇用保険被保険者資格取得届出確認紹介票に記載し、直接持っていくか、郵送で送りましょう。

失業保険(雇用保険)にもし加入していなかったら

失業保険(雇用保険)に加入していると思っていたにも関わらず加入されていなかったらどうすればいいのでしょうか

事業主に加入手続きをするよう伝える

加入手続きはあくまで事業主です。

実は単純に忘れているということも多い為、直接伝えてみるということは一つの手です。

ハローワークに相談する

事業主に伝えることが困難である場合は、ハローワークに直接伝えましょう。

遡って加入も可能

もし、退職してしまってから加入していないことに気づいた場合でも大丈夫です。

失業保険(雇用保険)の加入条件にあてはまっていたのであれば、2年間分については遡って加入することができます。

ただ、2年間分の雇用保険料を納付しなくてはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

会社に雇われる場合、労働基準法では使用者と雇用者は対等とされていますが、実際はそうもいきません。

雇われる側として、私たちの武器となる法律を知っておくことは必要なことだと思います。

いざという時の為に頭にいれておきましょう。

困ったことがあったらハローワークに行き相談してみてください。

ただ、転職活動はハローワークではなく転職サイトで行うことをおすすめします。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連記事:再就職手当ての受給条件や、金額計算方法

関連記事:試用期間中にクビ!その解雇は妥当ですか?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ