転職したいけどできないと悩むなら、その理由を一つずつ潰していくことが必要

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

転職したいけどできないと悩むなら、その理由を一つずつ潰していくことが必要

転職したいけどできない。そんな悩みを持っていませんか?

会社を辞めることも転職することも、それは労働者の自由であり、本来は転職したい時には誰だってすればいいことなのですが、様々な理由から転職できずにいる人も少なくはありません。

ただ、何かと理由をつけて転職できないと嘆いていてはいつまで経っても転職することができずにチャンスを逃すだけになってしまいます。

ですから、まずは転職できない理由を明確にし、どう対処していけば考えていきましょう。

転職したいのにできない理由と対処法

転職したいのにできないという理由には以下のものが挙げられます。

貯金がない

転職したいのにできない理由として経済的な理由を挙げる人が少なくありません。

会社を辞めてから転職活動をする場合には失業保険がでるまでの生活費がかかりますし、在職中に転職活動して決まってから辞める場合でも遠方の会社を受ける場合には交通費もかなりかかりますし、採用された場合には引っ越し費用お必要になります。

対策としては、お金が極力かからないように転職活動を進める、もしくは現実的に必要な費用を計算した上で目標を設定して貯金を始める必要があります。

お金がない、お金がないと嘆いていてはいつまでたっても転職することはできず、本当は年収アップできるはずなのにそのチャンスを捨ててしまっている場合があります。

すぐには無理でも、目標に向けて行動していくことが必要になります。

参考:転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?

仕事が忙しい、時間がない

仕事が忙しくて毎日遅くまで残業するような生活だと、なかなか転職活動に手がだせないという場合もあるでしょう。

転職活動するにあたり、仕事、会社選び、履歴書作成、面接など時間、労力ともに必要となるのは仕方ありません。

転職活動では面接も平日に行われることがほとんどですから、なかなか休みがとれずに面接日の調整も四苦八苦します。

ただ、忙しいことを言い訳にしている人は、実際に多少和らいでも何かしらの理由をつけてやらないことが多いです。

どうしても転職したいなら時間がなくても隙間時間でやろうとするはずです。

かかる時間や手間を少なくする方法としては、転職エージェントの頼ることが有効です。転職に関する様々なサポートを行ってくれる為、利用しているのとしていないのではかかる手間が全く違います。

参考:転職活動したいけど仕事が忙しくて時間がない時の対処法

会社が辞めさせてくれない

いくらこっちが退職する意思を伝えても、会社側が受け入れてくれずに困っているという話もよく聞きます。

中には損害賠償を請求するだtか言ってきたり、退職届をその場で破り捨てたりする上司もいるみたいですね。

ただ、この場合は会社がなんと言おうとも気にしないということが大事です。

退職するこてゃ労働者の権利であり、2週間前にさえ伝えれば損害賠償を請求されることなんてありません。退職届を受け取ってくれないのであれば、内容証明郵便で送るという方法もあります。

参考:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

上司に言いにくい

会社が辞めさせてくれない以前に、上司に怒られるかもしれない、責められるかもしれないなんて言う風に考えてしまい、上司に言いにくいと感じてしまっている人もいるでしょう。

まあこればっかりは勇気を持って言うしかありませんね。

ただ、上司って思っているよりも無関心だし、なんだかんだ代わりはいるし、言ってみたらなんともなかったということが多いことが多いですよ。

参考:仕事を辞めづらい。辞めたいけど言いにくい。そんな時は?

転職のやり方がわからない

初めての転職であれば転職活動のやり方がわからないのも仕方ありません。

そしてわからないが故に何もしていないという人も多いですね。

そんな人はとりあえず転職エージェントに登録して一度面談をしてみたらいいと思います。

基本的な流れ、やることは全部教えてくれるし、それぞれのフェーズでわからないことがあっても相談にのってくれます。

参考:転職から退職までのやり方、進め方。面倒だと思っても一つずつ

失敗するのが怖い

転職すると絶対に成功するということが保障されていればいいんですが、まあそんなことはなくて中には失敗する人もいます。そのことから失敗するのが怖くなり転職したいけどできない、する勇気を持てないという人も多いですね。

そんな人は今一度、現在の仕事で働き続けてもいいのかということを考えてみてください。

ちなみに転職で失敗する人は少数派で、転職して良かったという人は8割にも上るくらい成功率の高いものです。その点を鑑みてチャレンジするか考えみましょう。

また、在職中に転職するのであれば、転職先が決まってから今の会社とどちらが良いかを判断することができます。このようにリスクを下げた転職活動をしていくというのも大事になります。

参考:転職が怖いは当たり前。どう解消しどう乗り越えるか。

家族から反対されている

自分では転職する意思があるのに、家族から反対されて転職ができないという人も少なくありません。

特に結婚されてる方に多く、嫁ブロックなんて言葉もあるくらいです。

転職は確かに家族を巻き込むことですから、無理やりしてしまうと家族の仲が悪くなってしまうリスクもありますから難しい問題でしょう。

そんな人はとりあえず転職活動を始めてみて良い転職先を見つけることに専念してみてどうでしょう。

たいてい反対される理由は年収が下がるからです。

もし年収が下がらないもしくは年収がアップする転職先を見つけることができたなら、反対が賛成に変わるかもしれません。

転職できるほどのスキルがない、自信がない

就職活動と違って転職活動では、これまでどういった経験をしてきて、どういったスキルを持っているかというのが非常に大事になるということを知っている人も多いでしょう。

その為、スキルがない、自信がないという人で転職することをとどまっている人が非常に多いです。

ただ、たいていの人はなんかしらのスキルが身についています。まずは自分のスキルの棚卸から始めてみましょう。

また転職市場において必要とされるのはスキルだけではないこともお忘れなく。

参考:転職したいけどスキルに自信がない、スキルゼロ。転職しないほうが良い?

できない理由をつけていてもチャンスを逃すだけ

ざっと転職できない理由を挙げてはみましたが、どんな理由であっても何かしらの対策手段はあります。

ですから、ただ諦めるのではなく、じゃあどうすればできるようになるのかということを考えてみることが大事です。

転職できない理由ばかりを挙げて、いつまでも先延ばししていると、せっかく目の前にあるチャンスを逃すだけになります。

まずは転職活動を始めてみる

転職できない、転職できないと嘆いてばかりいるのではなく、とりあえずまずは転職活動を始めてみましょう。

転職サイトや転職エージェントに登録して、色々な仕事を見てみる。これだけでも大きな前進で、意外にそこからあっという間に転職活動は進んでいきます。

転職活動をすすめるにあたり、転職サイトや転職エージェンはしっかり有効活用するようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

関連:転職が難しい人、転職しやすい人、その違いは?



このページの先頭へ