転職したばかりなのに仕事を辞めたい。無理に働き続けないことだって一つの選択肢。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

転職したばかりなのに仕事を辞めたい。無理に働き続けないことだって一つの選択肢。

入社して働き出してから初めて転職の失敗。

少しでも環境が良くなればと思って大変な思いをして転職活動をやってきたのに、実際は想像とは違う現実にとにかく会社に行きたくないと考えてしまっているという人は少なくはないと思います。

そうなってしまえば仕事を辞めたいと考えるのも当然なんですが、実際に行動に移せるかというと簡単にはできませんよね。

辞めたい、このまま続けているのは精神的にきつすぎるなんて感じつつも、こんなすぐに仕事を辞めていいものなのか、自分は甘えすぎなのではないかなど、辞めることに対する不安と自分に対する不甲斐なさにとにかく悩み続けることになってしまっているんではないでしょうか。

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?

転職したばかり、だけどもう辞めたい

転職したばかりの頃は仕事のやり方もわからないし、周りも知らない人ばかりなので、職場に慣れるまでは大変な日々が続くのは当たり前です。

もちろん転職直後から楽しく充実した日々を送ることができている人もいるかもいれませんが、そういった人は少数派でしょう。

ですから転職すると決めたらなら最初はその大変さを乗り越える覚悟を持っておくことも必要なことだとは思います。

ただ時に転職では予想もしていないことが起こります。

最初は頑張ろうと思っていたはずなのに、現実に直面すると何か月頑張ろうとも良い未来が想像できないような事態に陥ってしまうことがあるのです。

辞めたいと思う人はこんな理由

では具体的に転職したばかりで仕事を辞めたいと思ってしまうような理由にはどういったものがあるでしょうか。

今現在まさにそんな風に考えている人は、自分がなぜそう思ってしまっているかということを改めて確認する為にも自分と照らし合わせて読み進めてください。

人間関係が上手くいかない

おそらく最も多い原因は上司や同僚と人間関係が中々上手くいかないということでしょう。

新卒では同時に入社する同期もいるし、周囲も新入社員という立場を理解して受け入れている場合が多くのに比べ、中途採用の場合は社会人経験がある人間が一人きりで誰も知らない中でやっていかなくてはなりませんからかなり大変。

最初から年齢の高い中途採用者に対して冷たく当たってくる人がいたり、扱いにくいと思われてずっとよそよそいくされてしまったりすることもあり、慣れるまでは相当辛い思いをすることになるかもしれません。

仕事に興味がわかない、つまらない

給料や条件面重視で仕事を決めてしまった場合、この仕事は面白うそうだと想像で決めてしまった場合、聞いていた仕事内容と実際に仕事が大きく違っていた場合などで、転職後に仕事がつまらない、仕事をやっていても全く興味を持てないなんて言う風に思ってしまう人も多いですね。

会社で過ごす時間はとても長いからこそ、給料が上がったとしても、労働環境が改善されたとしても、仕事がつまらないのは大きなストレスとなってしまうことです。

仕事についていけない

転職して新たな仕事を始めるとなれば、最初は中々上手くいかないのは当然。

経験者だからと言って仕事のやり方が大きく違う場合もあるし、実は違う能力を必要とされているなんて場合もあります。

ただ中途採用の場合は新卒時と違って最初からかなり高いハードルで仕事をすることが求められてしまったり、それほど仕事を教えてくれるわけでもなくとにかく早く仕事を覚えることを求められてしまう場合も少なくありません。

仕事ができない、ついていけないという状態に陥るのは誰にだって大きなストレス。居心地がとても悪くなってしまうし、周囲から冷たい言葉を投げかけられたり陰口をたたかれなんてすることもありますからね。

聞いていた条件と違う

給料はこれだけ出してくれる、残業は平均○○時間、休みは週二日、そう聞いていたはずなのに入社してみると全然違っていたという経験をした人は意外に多いみたいです。

ひどい場合だと給料は30万円以上と言っておきながらあれこれ難癖をつけて20万円程度になったり、残業は10時間以内と言っておきながらサービス残業が毎月50時間あったり、完全週休二日制と言いながら1日は必ず休日出勤を強制されたりなんて場合もあるみたいです。

本来は雇用契約を結ぶ際に賃金や労働時間、休日、残業の有無などを明示することが法律で義務付けられているので労働条件通知書として会社が労働者に対して通知しなくてはなりません。

しかしそれを口頭で終わらせ、入社後にそんなこと言っていないと難癖を言って労働者にとって不利な条件にしてしまう会社が存在しているのです。

転職失敗の原因は?

ではなぜこんな風に転職が失敗に終わってしまうのでしょうか。

転職活動中にやるべき企業研究や自己分析が不十分だった、勢いで転職を決めてしまったなどは一つの原因であると考えられるでしょう。

また人間関係が上手くいくかどうかは入社後の自分の振舞い方によっても左右されるものですから、入社後の態度で反省すべき点もあったのかもしれません。

ただ転職活動では徹底的に企業研究や自己分析を行い、入社後の振舞い方を十分に気を付けていたとしても、失敗してしまう時は失敗してしまいます。

失敗する可能性を低くすることはできるでしょうが、決してゼロにすることはできないのが転職です。

実際に入社してみないとわからないこと、入社前には予想もつかないことはたくさんあります。転職においてそれは仕方がないことです。

後悔したところでもう遅いし意味はない

転職に失敗は起こりうることだし、仕方がないことである。そう考えていても実際に転職した人はまさか自分がそんな目に合うとは思ってもいないし、実際に起きてしまったら仕方ないで済ませられるものではありません。

ただ転職したこと自体を後悔したとしても何も得るものはありません。

前の職場の方が良かった、転職しなければ良かった、そう思う気持ちはわかりますが、そう思えばそう思うほどにより後悔の念は強くなり、現在の仕事に対するストレスは増していくばかりです。

こうなってしまった時にあなたが選ぶことができる方法は二つ。

割り切って今の仕事を当分続けるか、それとも辞めて再度転職するかです。

辞めたいなら辞めればいい

転職で失敗した、転職したばかりだけど仕事を辞めたいと考えている人のほとんどは、既に辞めることを中心に考えていると思います。

せっかく採用してくれた会社に迷惑がかかるから、すぐに辞めると転職がしにくくなるから、転職したばかりなんてまだ何もわかっていないから。

働き続けるべきだということにどんな理由をつけたところで納得はしないでしょう。

結局は仕事を辞めるということを自分の中で正当化し、決断に至ることができる理由を探っているだけに過ぎないんではないでしょうか。

ただそんなことに意味はありません。

もう辞めたいなら辞めればいいと思います。それでしか解決しないんですから。

確かに転職では不利になるでしょう。でも現在の転職状況では転職先が見つからないなんてことはないでしょうし、転職先が見つかってから辞めることにすればリスクにすらなりません。

頑張って続けていれば変わるかもしれないなんて意見がありますが、それが無さそうだから辞めたいと思っているわけですから、これ以上苦しみながら続ける必要もないと思います。

どうせこのまま働き続けたところでただ辛い思いをしていくことになるだけでしょう。だったらさっさと抜け出す為の行動を起こした方がいいと思います。

転職活動時に注意したい点

一度失敗した転職。2回続けて失敗してしまうのは絶対に避けなくてはいけません。

先ほども述べているように、転職えは入社してみなければわからないこともあり、失敗の可能性をゼロにすることはまず不可能です。

ただ失敗の確率をできる限り少なくすることはできます。

元々転職における成功率というのは高く、失敗する人は少数派。転職活動を正しく行えば相当失敗する確率は下げることができるでしょう。

しかも一度失敗している経験というのは、あなたにとって最大の武器になるはず。過去の経験から学んだことをしっかり生かしましょう。

転職活動を行うにあたり、転職サイトはもちろんですが転職エージェントも利用することをお勧めします。転職に関する悩みも一人え抱え込まずに相談することができますから。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事が難しい、ついていけなくて辞めたい。転職するべき?

関連:転職で後悔した人の事例とそれに対する原因と対策。後悔しない為に大切なのは準備と心構え



このページの先頭へ