転職で失敗して無職に!やり直しする為にも早いうちから取り組もう。

 転職で失敗して無職に!やり直しする為にも早いうちから取り組もう。

転職で失敗して無職になってしまったなんて話をたまに聞きます。

まあ転職先が見つからずに、会社を辞めてから転職活動している場合はみんな肩書は一度無職とはありますが、一番問題なのは仕事探しすらできてない状態です。

まあ自分はそうはならないだろうと思っていると、思わぬところに落とし穴があり、いつのまにか無職になってしまう人もいますから注意が必要です。

関連:無職期間が長い場合に転職は不利になる。空白期間の理由はなんて言う??

関連:転職活動を会社を辞めてから行う時に注意しなくてはいけないこと

転職で失敗して無職になる原因

まずは、転職で失敗して無職になってしまう原因から考えていきましょう。

先走って会社を辞めてしまった

まず一つ目の原因が先走って会社を辞めてしまったということ。

考えた末に、どうしようもないから、辞める場合は仕方ありませんが、ろくに考えず、辞めた後の計画も立てすに先走って辞めてしまうことはリスクをかなり高めてしまうことになります。

転職活動は基本的に辞める前に転職活動を始めること。そうすればかなりリスクは低くなります。

一度会社を辞めてしばらく会社に行くことがなくなると、それに慣れてしまってもうちょっともうちょっとと中々転職活動を始めようとしなくなる場合があります。その結果、特に仕事探しもしなくなってしまうのです。

転職したこと自体が失敗だった

転職先は一度は決まったけれど、実際に入社したらとんでもない会社であったり、自分にまったく合わない会社ですぐ辞めてしまうというパターンもよくあります。

転職活動を早く終わらせたい、早く転職先を見つけたいと思うあまりにかなり妥協した会社に入社してしまうことで、転職に失敗してしまう人は非常に多いです。

失業保険に甘えてしまった

自己都合の退職の場合、3ヶ月後からは失業保険を貰うことができるようになります。

これが支給されるようになると、だらだらと無職のまま何もせずに過ごしてしまう人が非常に多いです。

特に働かなくても、生活が困らない程度にはお金が入ってくるのですから、わざわざ仕事をする気になれないと感じてしまうのは仕方ないかもしれません。

特に、失業保険を支給されるようになるまでの3ヶ月間でなかなか転職先が決まらないと、転職活動を進めることの辛さ、大変さを実感している為、余計に転職活動をして仕事を決める気がなくなってしまう人が多いです。

もしも無職になってしまったら

無職になってしまう原因としては上記のようなものがあり、そうならない為にも会社は転職先が決まってから辞める、自分が納得できる会社から内定を貰うことができるまで粘り強く転職活動を進めるといったことが必要になります。

ただそうは言っても、すでにそのような状況に陥っている人もいるでしょし、上記の原因を知っていてもそうなってしまう人もいます。

では、もし無職になってしまったらどうすればいいのでしょうか。

支出と貯金を確認する

無職であることの最大のデメリットは収入がないことです。

一生働かなくてもいいくらいの貯金があればいいですが、まあそんな人はほとんどいないでしょう。

失業保険をもらえる期間には限度があり、いつかは本当に収入が0になってしまいます。しかし、それでも家賃や生活費、健康保険料などはかかりますから貯金はどんどん減っていきます。

一度、実際に支出と自分の貯金額を計算してみてください。そうすることで危機感を感じることがで、だらだらと無職を続けることに焦りを感じることになるでしょう。

働く形態を考える

次にどういった形態で働くかを決めましょう。

優先すべきは正社員として働くことです。しかし、例えば間もなく失業保険の受給期間が終わるけど貯金もないなんて場合には、まずは正社員ではなく派遣社員として働くことが必要になるかもしれません。

スケジュールを立てる

支出と貯金を考えた上で、余裕を持った転職活動のスケジュールを立ててみましょう。

転職活動の平均期間は2から3ヶ月程度。年齢が高かったり、無職期間が長いと、転職で不利になりもっと時間がかかることも考えられます。

貯金から考えると最低でもいつまでの働き出さなくてはならないか、正社員を目指すデッドラインはいつかなどを明確にすることで、実際に課題がわかり動きやすくなります。

まずはとにかく転職活動を始める

無職の人がそこから脱出しようとすると、結局は転職活動を始めなければどうしようもありません。ですから、とにかく自分のスケジュールにそって転職活動をしなければなりません。

転職活動を進める上で転職サイトと転職エージェントを活用することは必須です。

特に転職活動することが面倒くさい、なんかやる気がおきないという人は絶対に使うようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

とにかく黙っていても状況は悪化するだけ

無職になってしまったどうしよう、そんな風に思っていても悩んでいるだけでは何も変わりませんし、黙っていると貯金はどんどん減っていくし、無職期間が長引いてしまって転職活動で不利になってしまったりと、状況はさらに悪化する一方です。

ですから、まずは自分の現状を確認し、実際に行動に移していかなけれがなりません。

関連:転職先を妥協して選ぶことのメリット、デメリット。間違った妥協は絶対NG。

関連:在職中の転職活動、やり方と注意点



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ