深夜勤務のリスク。きつい、辞めたいと感じたら素直に従ったほうがいいかも

深夜勤務のリスク。きつい、辞めたいと感じたら素直に従ったほうがいいかも

深夜勤務が必要となる仕事というのが色々とありますよね。実際されているという方も多いと思います。

ただ深夜勤務は体にとってあまり良いものだとは言えません。

もちろんその勤務をしていても全然平気だと言う人はいるでしょう。ただもし今あなたが今の仕事がきつい、もう辞めたいと考えているならば、そのまま働き続けるのは辞めたほうがいいかもしれません。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:休みが少ない会社からは早めに脱出を。休日は転職するしか解決策はなし

深夜勤務はきつい

飲食店やコンビニ、看護師や交代勤務制の工場作業員など、深夜勤務が必要となる仕事というのはとてもたくさんありますよね。現在の社会では欠かせないものになっています。

ただやっぱり深夜勤務ってやっぱりきついですよね。

同じ時間働いたとしても、精神的、肉体的疲労度は昼間働いた時とは全然違いますし、夜寝る代わりに昼寝ても疲れが中々取れません。

もちろん深夜勤務にもメリットはあって、昼間働く場合に比べて2割5分以上の手当がつきますから給料は増えます。

例えば昼間働いて20万円の給料をもらえるとしたら、深夜働くと25万円。これはかなり大きな差です。

人によっては深夜勤務でもなんともないという人もいますから、そういう人にとってはメリットがある働き方だと言えるかもしれません。

ただあまりにその働き方に対してきついと感じている人は、今のまま働き続けるというのはリスクが大きいことかもしれません。

深夜勤務のリスク

では深夜勤務にはどういったリスクがあるのでしょうか。

体調が悪くなる

人は朝起きて夜寝るのが基本。日光が体のリズムを作ってくれます。

しかし夜勤はその基本となるリズムをあえて崩すことになってしまい、それによって自律神経が乱れてしまう可能性が高くなります。

そうなった時に起こるのが体調不良。頭痛やめまい、便秘や下痢などの体に不調がでてきます。

また寝るべき時に寝れずに疲労が溜まってきてしまうというのも体に悪影響を及ぼしてしまう原因。深夜勤務をしていてなんだか疲れが全然とれずに何をするにも億劫だという人は多いと思います。

生活習慣病やがんになるリスクが高まる

深夜勤務は糖尿病などの生活習慣病やがんなどの発生リスクが高くなるという研究結果もあります。

深夜勤務による睡眠週刊の乱れが、免疫力の低下などを招いてしまう為です。

もちろん深夜勤務をしたからと言ってすぐ発症するというものではありません。ただ何年も続けることによってあなたの体は確実にダメージを受け、そのダメージが蓄積されてしまうのです。

精神疾患にかかるリスクが高くなる

深夜勤務に従事している人にはうつ病などの精神疾患になってしまうリスクも高いと言われています。

日光を浴びない生活による生活リズムの崩れ、睡眠不足による疲労の蓄積などによってそれは引き起こされています。

ただでさえストレスの多い会社生活。そこに深夜勤務という状況が加わってしまうと精神的なストレスは非常に大きなものになってしまいますから注意が必要です。

仕事を辞めたいと思ったら無理に続けないほうがいい

深夜勤務をする場合でもできるだけ自律神経を乱さなかったり、睡眠不足にはならないように睡眠の質を向上させて行くということは可能です。例えばその方法として以下のことが挙げられます。

  • 睡眠時にはできるだけ暗くし静かな環境を作る
  • 睡眠前にスマホをしようしない
  • 寝酒はしない
  • お風呂に入り体をリラックスさせる

深夜勤務をせざるを得ない人は、自分の体を守る為にも最低限のことはしなくてはなりません。

ただできることにも限界があります。

人によってはどれだけ睡眠の質を向上しようとも、きつい、しんどいという思いからは逃れることができないかもしれません。

もしあなたがそうならば、自分には深夜勤務が向いていないと割り切ってその仕事を辞め転職してしまったほうがいいかもしれません。

今後数十年働いていくことを考えた場合、深夜勤務の手当がちょっといいからと言って働き続けるのは少しリスクが高すぎます。また年齢が高くなればなるほどにしんどさは増していくでしょう。

今はかなりの売り手市場で転職がしやすい状態。無理をせずに働くことができる環境に今のうちに移ることも考えてみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:三交代制の工場勤務で夜勤あり。もし体がしんどいと思ったら、転職を考えたほうがいいかも

関連:ブラック企業を辞めたい人が知っておくべき辞め方やその後の転職について



このページの先頭へ