新卒で入社したばかりでも仕事を辞める勇気は持つべき。転職は今でもできる。

新卒で入社したばかりでも仕事を辞める勇気は持つべき。転職は今でもできる。

新卒で入社した会社が希望のものとは違った。新卒で入社した会社がブラック企業だった。違う部署に配属され、やりたい仕事ができなかった。

就職してからというものそんな気持ちで働いている人は少なくないと思います。

ではもしそんな気持ちを抱えていたとしたら、この先どうしていくつもりですか?

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

新卒で入社、辞めたくて仕方がなかったらあなたはどうする?

新卒で入社した会社を辞めたい。辞めたくて辞めたくて仕方がない。そんな時、どういった行動をとるのでしょうか。

悩みに悩んだ結果、結局その気持ち通りに仕事を辞める人も多いでしょう。

実際、新卒者の3年以内離職率は高卒で4割、大卒で3割を超えています。

ただその一方で、新卒で入社したばかりだから、まだたいして働いていないからという理由で仕事を辞めずに働き続ける人というのも多いでしょう。

どんなに辞めたくて辞めたくて仕方がなくても、ブラック企業に入社してしまってあきらかに理不尽なことをされていても、新卒だから、入社したばかりだからといった理由で続ける人も多いのです。

確かにそんな気持ちになるのも仕方ないかもしれません。

ただでさえ不安な転職。ましてや新卒で勤続年数が短く仕事のスキルも不十分だとその不安はさらに大きくなるし、この先仕事を続ければ何か変わるかもしれないという期待がある分、転職に踏み切ってしまうと後悔するかもしれないとも思ってしまいます。

新卒で入社したばかりでも仕事を辞める勇気を持つべき

辞めたいならさっさと辞めるべきだとは思いません。

辞めたかったという人でも仕事を続けた結果、数年たつと仕事を辞めなくてよかったと思っている人はたくさんいますし、勢い任せに辞めてしまい後悔する人も少なくありませんから。

ただその一方で辞めたくて辞めたくて仕方がないのに、新卒だからという理由で退職に踏み切ることができず、いつの間にかストレスが限界を超えてしまう人もいるのもまた事実。

無理をしたせいで体を壊してしまった人をたくさん知っています。

ですから時には辞めることも必要なのです。

だからこそ、たとえ新卒として入社したばかりだとしても仕事を辞める勇気を持ち、選択肢の一つとして持っておくべきです。

辞めることと続けること、双方の選択肢を持った上でなければ、本当に辞めるべき時に辞めることができなくなってしまいます。

辞める勇気を持つ為に知っておくべきこと

仕事を辞める勇気を持つ為に、まずは転職に関して正しく知ることが必要です。

すぐに辞めても転職はできる

新卒入社3年以内に転職する人は第二新卒として転職することになります。

そしてこの第二新卒転職は近年需要が増加。かなり活発化している状態にあり、大手企業も積極的に採用を行っています。

3年以内ではスキルもなく、すぐ辞める人間と見なされるのでまともな会社に転職することができないなんて全くないのです。

それどころか未経験の仕事に就こうと思ったらむしろ他の年代より有利。やりたいことがあるなら下手に年齢を重ねるよりもさっさと転職に踏み切った方が良いというのが今の転職市場となっています。

無理にでも続けた方がメリットが多いとは限らない

もちろん仕事を続けることによって得られるメリットはあります。

3年たてば経験がありと認められるし、スキルだってそれなりには身につくでしょう。

人間関係にも慣れていきます。

ただそういったメリットに反して、デメリットも多いということを忘れてはいけません。

第二新卒として転職することが出来なくなる分、スキルを問われることになるし、未経験職種への選択肢は狭くなります。

そして3年という貴重な時間を嫌な仕事に費やすこと自体にもデメリットがあります。

まだ何にも染まってなく仕事の吸収が早い時期を無駄にすることになりかねないわけですからね。

辞めるのは特別なことではない

新卒社員が3年以内に辞めることは恥ずかしいことであるなんて思う人もいるようですが、そんなことはありません。

そもそも3年以内に辞める人は大卒でも3割、1年以内でも1割もいるわけで、全く珍しいことでも特別なことではないのです。

転職活動はリスクなく始めることができる

転職活動はリスクなく始めることができます。

不安になる必要はないのです。

今の会社に比べて転職しても良いと思えば転職に踏み切れば良い、もし転職活動がだめだったらさらに転職活動を続けるか、仕事を続けることにするかを選べば良いだけ。

リスクなくチャレンジすることができるものですから、辞めたくて仕方がないというならやってみるべきです。

第二新卒としての転職について

第二新卒して転職では、転職サイト、転職エージェントの利用をおすすめします。何かとスムーズに転職活動を進めることができます。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのがまず以下の2つ。

登録は無料でしかも数分で終わります。あっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。



このページの先頭へ