新卒で入った会社を辞めたい人は、思い切って転職してみるのも大事。

新卒で入った会社を辞めたい人は、思い切って転職してみるのも大事。

新卒での就職が失敗した人、成功したものの働き出してみたら想像していたものと違っていた人、希望の部署に入れなかった人など、会社を辞めたいと思っている人は少なくないでしょう。

就職した会社がたとえ有名な大企業であっても、他社に比べて待遇がよくても、人間関係が良好であっても、会社を辞めたいと思うことはあるし、そう思いながら働き続けるのは大きなストレスです。

しかし、世間から、会社から、家族から「そんなすぐに辞めるべきではない」、「まだ何もわかっていない」なんていう風に厳しい言葉を掛けられます。それによって辞めたいと思いながらも本当に辞めていいものかどうかどうか悩んでしまっている人もかなり多いのではないでしょうか。

誰かにその悩みを相談してもほとんどの場合に帰ってくるのは「辞めるべきではない」という回答です。本当は誰かに辞めることを後押しして欲しいのに、悲しいことに誰も後押しはしてくれません。

もしそれでやっぱりもう少し働いてみようと前向きに思うことができればいいのですが、ほとんどの人は前向きにはならずに、余計悩みを悪化させてストレスが溜まっていってしまうだけになってしまっています。

ですから、もしも会社を辞めたいという思いが強いなら人になんて言われようと、自分の意思に従って思い切って転職してみるというのも一つの手です。

関連:第二新卒の転職が成功しやすくなった理由。需要増のはこんな背景が

関連:新卒の就職に失敗した人が今転職すべき理由、過去を後悔しても仕方ない

嫌なものは嫌、続けるのは苦痛

サービス残業が多すぎるだとか、パワハラを受けているといった理由であれば多少周囲からも理解されるかもしれませんが、やりたいことと違うだとか、人間関係が悪いだとか、仕事がつまらないといったことは中々理解はして貰えません。

当の本人にとってはかなり重大な問題であっても、その悩みの大きさ、ストレスの大きさは周囲には理解できません。その為、辞めたいということを周囲に話したところでこちらが望んだような答えは返ってこず、ありがちで一般的な回答しか返ってこないのです。

そんな状況なわけですから、周囲の意見なんて全くあてになりませんし、ましてや後押しなんて期待するだけ無駄なのです。

ただ、はっきり言って嫌だ嫌だ、辞めたい辞めたいと思いながら働き続けるというのは正直言ってかなりの苦痛です。3年続けるなんて想像しただけでも厳しすぎます。そしてその苦しさを味わうのは自分自身だけです。

ですから、辞めるか辞めないか、思い切って転職するか転職しないかというのは、人の意見に左右されずに自分自身で決めなくてはならないことなのです。

せっかく就職した会社を辞めるなんてもったいない?全くそんなことはありません。いくら待遇が良くても、ネームバリューのある会社であっても、苦しみながら働くことに幸せはないからです。

リスクなんて挙げてもきりがない

転職するかどうか悩む原因の一つに転職のリスクがあります。周囲に後押しを求めてしまう理由がこのリスクによるものです。

給料が下がる可能性、環境が改善するどころかむしろ悪化する可能性、新しい環境に馴染めない可能性、希望している仕事ができない可能性。

挙げようと思えばいくらでも挙げることができますし、それは実際に起こりうることです。

将来どうなるかなんて100%はわかりません。もしかしたら今は会社を辞めたいと思っても、慣れてきたらその思いがなくなってしまう可能性もあります。

今の会社の待遇が良ければ良いほどリスクは高くなることが多いでしょう。

しかし、辞めずに働き続けることのリスクもまた大きいことを忘れてはいけません。

いつかは考え方が変わるかもと思っていても、やっぱり変わらないことのほうが多いし、転職するなら早いほうが良いのに無駄に苦しい時間を過ごすだけになってしまうかもしれないのです。

リスクを挙げるのは良いでしょう。ただそのリスクを恐れて何もせずに現状維持することが一番危険です。リスクに対してすべきことは事前に予期し、そのリスクを下げるようにしていくことです。

転職活動で言えば、転職先を見つけてから会社を辞めるだとか、自己分析をしっかり行い希望条件を明確にするだとか、色々とリスクを下げる方法はあります。

成功もあれば失敗もある

もちろんいくらリスクを予期し対応しても、転職が成功に終わることもあれば失敗に終わることもあるでしょう。

第二新卒としての転職がしやすくなったとは言っても、全員が成功できるわけではありません。

転職のデータの中には、転職して良かったと感じている人の割合が8割というデータもあります。かなりの大多数が転職して良かったと感じているわけですが、2割の人は転職しなければ良かったと感じてしまっているのです。

成功の確率は、しっかりと準備することによって高めることはできますが100%にできるものではありません

ただ、別に失敗してもまだまだ若いので取り返すチャンスはいくらでもあります、人生が終わるわけではありません。1回の転職が今後の人生に与える影響なんてそう大きくはないのです。

後は勇気を持てるかどうかです。

失うものより手に入れることができるものを考えよう

会社を辞めたくても辞められない人、転職になかなか踏み切れない人は、たいてい失うものばかりを考えてネガティブな思考に陥りがちです。

そんな時は考え方を変えて、失うものではなく手に入れられるものは何かということを考えてみましょう。

それは転職する場合にしろ、働き続ける場合にしろ同様です。

転職すれば失敗するかもしれない、失うかもしれない。働き続けたらしんどい、辛いといったネガティブなものではなく、転職すれば○○を手に入れることができるかもしれない、働き続ければ○○ができるようになるかもしれない。

そんな風に前向きに思考を変えてみましょう。

ネガティブなことを考えた場合、人は現状維持に走ります。その結果、何も変えることができないことがほとんどです。

前向きに考えるからこそ、それは行動につながっていくのです。

第二新卒としての転職は選択肢は多い

最後に、新卒で会社を辞め、転職する場合のことを紹介していきます。

先ほどちらっと触れましたが、入社1年目から3年目の人が転職活動をする場合は第二新卒者として転職活動をすることになります。

この第二新卒者は、近年需要が非常に増えており、非常に転職しやすい状況となっています。

「とりあえず3年働け」というのは一昔前の話です。

第二新卒者を募集している企業は離職率の高いブラック企業や、新卒採用であまり人が集まらない中小企業だけではありません。

大企業であっても積極的に採用するようになっており、選択肢は非常に広いと言えます。

下手に勤続年数が増えると、特定の経験を求められる場合が多々ありますが、第二新卒の場合はスキルではなく、ポテンシャル重視である為、職種などの観点でもむしろ選択肢は広くなります。

ですから、残業が少ないほうが良い、年間休日は120日以上がいい、福利厚生が充実している企業がいいといった希望も叶えることは十分に可能です。

給料面でも、入社時点ではそこまでアップは見込めないとしても、会社の給与体系をしっかり確認しておけば数年後の給料が今の会社で働き続けた場合に比べて大幅にアップさせることも可能です。

だからこそ、思い切って転職してみるのもありなのです。

具体的に転職活動を進める場合には、第二新卒として転職することを意識し準備を進めましょう。

選考過程などは通常の転職活動と変わりませんが、アピールすべき内容や、重視される内容は通常の中途採用とは多少変わってきます。その点を抑えなければ転職を成功させることができません。

ただ、そこまで重たく考える必要はなく、転職サイトや転職エージェントを上手く活用していけばスムーズに進めることができます。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:23歳での第二新卒転職体験談、成功例と失敗例から見る成功に向けたコツ

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。



このページの先頭へ