新卒で営業に配属。辛い、辞めたいと思った時に転職はあり?

新卒で営業に配属。辛い、辞めたいと思った時に転職はあり?

就職することができたまでは良かったけれど、希望とは裏腹に絶対にやりたくなかった営業職に配属されてしまったと悩んでいる新卒社員は少なくないでしょう。

また実際に配属されてからノルマの厳しさ、人間関係の難しさ、体力面での大変さから辛い、辞めたいと感じるようになったなんて人も多いと思います。

今回紹介するのは、そんな意図せず営業職になってしまい大きな不満を感じている新卒社員の今後の方針。

歯を食いしばってでも当面は続けるべきなのか、それともさっさと転職した方が良いのか、考えていきましょう。

転職できたことに満足して不適切な振る舞いをしてしまい、転職先の人から嫌われてしまってはその転職は決して成功にはならないのです。

関連記事

 

新卒で全く希望していない営業に配属

総合職として入社する場合、入社時点ではどこの部署で働くことになるのか、何の職種に就くことになるのかが決まっていないのが一般的。

そして入社後にそれぞれの希望をとったり、面談を行い配属先が決まることになります。

企画ができる部署に行きたい。総務部がいい。人事部がいい。

内定を貰い入社するまではそんなことを考えていたかもしれません。

しかし皆が希望通りの部署に配属されることはなく、希望とは全然違う部署へと配属されてしまう人がいるのも事実。

そして、配属先に特に不満を感じる人が多いのが営業職に配属された人でしょう。

営業は多くの人員が割り当てられる部署。

その反面、他の部署に比べて人気が無い為、希望していない人でも配属されてしまうことがどうしても多くなります。

会社によっては新入社員はとりあえずみんな営業からスタートなんて会社もありますね。

営業が辛い!辞めたい!

こういった理由から希望していなくても配属されてしまうことがどうしても多い営業職。

ただだからと言って仕方がないなんてことは言ってられませんよね。

やりたいと思っていた仕事ができないことはもちろんですが、それ以上に向いていない仕事、やりたくない仕事をするって相当辛いこと。

営業は営業だからこその大変さというのが色々とあります。

毎月厳しいノルマを課されて常に数字に追われることになったり、仕事の時間以外でも付き合いが多かったり。

土日も仕事であったり、残業が他の部に比べて多かったり、サービス残業もやらざるを得なかったり。

いくら会社の指示で仕方がないとは言え、受け入れることができる人ばかりではありませんよね。

営業が嫌で転職はあり?辞めずに続けるべき?

ではもし営業が嫌で嫌でたまらないとなってしまったらどうすれば良いでしょうか。

異動に期待して我慢して働き続けるべき?

それともさっさと営業以外の仕事に転職するべき?

転職、異動、双方について考えてみましょう。

転職のメリット、デメリット

転職のメリットは自分の希望している職種をターゲットにできること。

そして仕事を続けながら転職活動を行うことができるので、希望通りの仕事に就ければ転職すればいいのでそこまでリスクも大きいわけではないこと。

現在は新卒入社3年以内の人を対象にした第二新卒転職が活発となっている点も好都合。まだ社会人としての経験が浅いことも気にする必要はありません。

ですから営業が嫌で嫌でたまらない人、どうしても営業以外の仕事に就きたい人にとって転職と言うのは決して悪くない選択肢です。

ただデメリットもあります。

職種にこだわりすぎると、条件面で多少なりとも妥協しなくてはならない可能性が高くなります。

また転職した時点では希望通りの仕事に就くことができたとしても、転職して数年たったら営業に回されてしまうなんて可能性だってゼロではありません。

異動の可能性

会社によっては商品の知識を学ばせたり、販売の最前線を経験させる為に新人の多くをまず営業に配属するような場合があります。

そもそも異動前提の配属となっているのです。

もしそうした理由から営業に配属されているなら、今すぐ辞める必要なんてありませんよね。

会社自体に不満はなくいずれは異動できるのであれば、勢いで転職に踏み切ってしまうと後悔してしまうことになりかねません。

ただ異動できると思っていたら結局できずじまいなんて可能性があることも忘れてはいけません。

もし転職するなら第二新卒としてできるうちに

異動が確実ではない以上、営業としての仕事がどうしても嫌なら転職という選択を捨てることはできません。

そして転職するなら第二新卒として転職できる3年以内のうちにする必要があります。

なぜなら未経験職への転職、特に営業から営業への仕事を希望するなら第二新卒の方が圧倒的に転職しやすいからです。

20代後半以降でも未経験職への転職ができないわけではありません。

ただ年齢が高くなるにつれて、選択できる職種の幅は狭くなります。圧倒的に営業職の求人が増えるのです。

また年齢が高くなってから未経験職へ転職すると、年収等の条件も大幅に悪くなってしまうことになります。

2年を一つの目安に

もし営業から異動できる可能性が著しく低かったり、わざわざその会社に居続けるほどの必要がなかったり、もう少しも耐えれないというならさっさと転職に踏み切っていいでしょう。

先ほども述べているように社会人経験が浅くても第二新卒転職が活発化しているので転職に過剰に心配になる必要なんてありません。

ただもし辞めるか辞めないか、転職するか転職しないか悩んでいるなら2年を一つの目安として考えてみてはいかがでしょうか。

2年もたてば異動できるのかどうなのかだいたいわかってくるだろうし、だめならそこから第二新卒として転職することも可能。

人によってはあれほど嫌だった営業という仕事に不満を感じなくなることだってあります。

仕事ができないうちというのはどんな仕事でも楽しくないもの。

2年の経験によって仕事のコツを掴むことができた結果、給料に成果が反映される営業にやりがいを感じることができるようになることだってあるのです。

だからこそ悩んでいるなら2年。一つの目安にしてみてください。

転職も決して逃げではない

新卒の新入社員が3年もたたずに辞めてしまうことに対し、逃げるだの甘えだのと言う人もいます。

ただそんな言葉にだまされず、自分がベストだという選択を自分で判断するようにしてください。

転職は逃げでも甘えでもありません。

やりたくもない仕事、向いていない仕事を一生やり続けるなんてかなりしんどいです。

そうならない為に自ら行動を起こすことは、逃げなんかではなくむしろ攻めの行動です。

ぜひ、転職も一つの選択肢として持ち、長い目で何をすれば良いのか、どうするべきなのかをこの機会に考えてみてください。

転職できたことに満足して不適切な振る舞いをしてしまい、転職先の人から嫌われてしまってはその転職は決して成功にはならないのです。

第二新卒転職に向けて

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ