新卒で入社した会社がブラック企業だった。辞めたいならさっさと転職を!

新卒で入社した会社がブラック企業だった。辞めたいならさっさと転職を!

新卒で入社した会社が、サービス残業当たり前、パワハラ当たり前のブラック企業だった時の絶望感は半端ないですよね。

ただ一度入社してしまったことはもう覆すことができませんから、その事実を受け入れ、すぐに今後どうするのかを考えていかなくてはなりません。

というわけで今回は新卒でブラック企業に入社してしまった場合にどうするべきなのかということを紹介していきます。

関連:ブラック中小企業によくある特徴。大企業に比べると多いのでよく注意。

関連:ブラック企業からホワイト企業への転職体験談。転職することで何が変わった?

新卒ですぐ退職してもすぐ転職はできる

入社した会社がブラック企業で過酷な労働を強いられることになってしまっている場合、普通ならその仕事を辞めて転職することを選ぶと思います。

ただ新卒で入社したばかりだと、そんなすぐに仕事を辞めて良いものなのか、そんなすぐに仕事を辞めてまともな会社に転職することができるのだろうかと不安になり、辞めるのが当然なのに辞めることができないなんて人も多いのではないでしょうか。

しかしはっきり言って新卒ですぐ退職をしたとしてもまともな会社に転職することは十分可能です。

すぐ辞めたら次の仕事がないなんて思って我慢するなんてブラック企業の思うつぼです。

最近は若手人材の不足、ブラック企業の認知によって入社後すぐに辞めた人でも応募できる第二新卒採用が中小企業のみならず大手にまで広がっていて、非常に転職がしやすい状況にあるからです。

法律も守らず、労働者の健康のことも考えないブラック企業はもちろん悪いのですが、良く調べずにその会社を選んで就職した人も悪い部分があるのは確かです。

ただ現在はその失敗を許容される社会ができあがっており、すぐ辞めることに対して恐れる必要は何もなくなりました。

ブラック企業は辞めたいなら辞めるが基本

そもそもブラック企業で働き続けることには何もメリットがありません。

だからこそ辞めたいなら辞めるのが基本。そこに戸惑う必要なんてありません。

思っている以上に人は我慢ができない

過酷な労働環境は想像している以上に簡単に人を壊します。

もし自分は大丈夫、まだ大丈夫、なんとか我慢できると思っていたらむしろ危険です。

限界は思わぬタイミングで訪れ、そしてそうなると冷静な判断をすることができなくなってしまいますから、最初から自分は危ないかもと思っている人の方が幾分ましです。

もし一度うつ病になってしまえば復帰するまでにかなりの時間がかかることになります。絶対それだけは避けなくてはなりません。

新卒の貴重な時間をブラック企業の捧げるのは時間の無駄

社員を使い捨てとしか思っていないブラック企業。適当に仕事を教え、とにかく潰れるまで使う。そんな会社はあなたの将来のことなんて当然考えていません。

そんな会社に新卒の貴重な時間を決して捧げてはいけません。時間の無駄です。

ハードワークによって得られるものがないとは言いません。ただそれは他の会社でも可能。

長く働き続けてくれる人材になることを考え、将来に向けてしっかり教育していく企業と目の前の会社の利益しか考えていないブラック企業で働くのでは、どちらが成長できるを想像するのは簡単だと思います。

こんな会社は辞めるべき

新卒で入社したばかりの人だと、その会社で行われていることが周りから見て本当にひどいのか、本当にブラック企業なのか判断に困る部分もあると思います。

そんな時は以下の項目に当てはまっていることがないかを確認してみてください。一つでも当てはまれば辞めるべきです。

  1. パワハラが当たり前で上司から毎日罵声を浴びせられる。会社も特に対策なし
  2. 毎日数時間のサービス残業をすることが基本となっている。
  3. 求人票と条件が違う(給料が違う、雇用形態が違い、休日数が違い)。
  4. 罰金がある。

パワハラが当たり前

まず1番のパワハラですが、残念ながら大手のホワイト企業でも完全にゼロになっているわけではありません。

たださすがに毎日罵声を浴びせるような、誰が見てもパワハラとわかるようなことが堂々と行われているのは異常。

そもそも会社側は労働契約法第5条において「労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする」ことが求められており、会社が何も対策を行っていないというのも異常であるということになります。

サービス残業

ブラック企業の代名詞とも言えるサービス残業。

定時になるとタイムカードを押させるが仕事は継続させる、固定残業代にしてどれだけ残業をしようが残業代が一定しか支払わない、そんなことがしばしば起きています。

ちなみに固定残業代はあらかじめ決められた時間を越えた場合には追加で支払われる必要があるもの。にも関わらずいくら残業しても残業代は同じなんていう会社が多いです。

サービス残業は残念ながらブラック企業とは言えないような企業でも多少行われています。ただ毎日行われている、月何十時間も行われているとなればさすがに異常です。

求人票と条件が違う

入社前に聞いていた給料と実際に支給される給料が違う、正社員と聞いていたのに契約社員や請負社員になっている、年間休日数が120日と聞いていたのに実は100日しかなかったなど、雇用条件が違うのは問答無用で辞めるべき。

ただ人を集める為に嘘をつく。そんな会社にまともな会社があるわけがありません。

罰金がある

遅刻や早退で罰金、仕事でミスをしたら罰金。そんなことを会社として堂々と行っているならば大問題です。

遅刻や早退をした場合にその働いていない時間分を給料から差し引くのはいいんですが、加えて罰金を取るなんて当然違法行為。1分遅刻したら罰金1000円なんてのもまずありえないことです。

また仕事のミスで罰金も以上。労働基準法では賠償予定の禁止というものがあり、あらかじめ損害賠償額を決めておく契約は禁止されています。

転職することを怖がらない、恥ずかしがらない

新卒の人は、転職に対してどこか悪いイメージを持っている人が多いかもしれません。

次の仕事が決まらないのではないかという不安や恐怖を持つこともあれば、転職することは挫折だと考え恥だと捉えてしまうこともあります。

ただブラック企業で働いているならその考えは捨ててください。

そんな無駄な考え方にとらわれてしまって今後の人生を台無しにするなんて絶対にあってはいけないことです。

もし今いる会社がブラック企業で仕事を辞めたいと思っているならばとにかくすぐに転職活動をすること。

すぐに転職サイト、転職エージェントに登録して転職活動をスタートさせましょう。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

何を言われても気にしない

最後にブラック企業から転職する場合に心にとどめておいてほしいことは、周りに何を言われても気にしないということ。

どれだけひどい環境で働くことになっていて転職するのが真っ当であったとしても、そのことを知らない周りは平然と辞めるべきではないと言ってきます。

そんな言葉をまともに聞いていたら傷つくだけ。気にせず自分が決めた道を信じましょう。自分のことは自分が一番良くわかっているはずです。

また会社の上司の言葉にも耳を傾ける必要はありません。

辞めるのは甘えだなんて言葉は気にする必要ないし、辞めさせないなんて言っても気にしないでください。

辞めるかどうかは労働者側が勝手に決めて良いことであり合意なんていりません。辞めさせないなんてできることでないんです。



このページの先頭へ