新卒で会社を辞めたいと思う理由や甘えか甘えではないかの判断基準

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

新卒で会社を辞めたいと思う理由や甘えか甘えではないかの判断基準

新卒で入った会社を辞めたい。そんな風に感じている人っておそらくかなりいますよね。

希望の会社に就職できなかった人はもちろんですが、希望の会社に入り、希望の職種に就くことができた人ですら、最初に抱いていた期待、やる気はどこかに行ってしまって辞めることばかりを考えていることも多いです。

ただ、そんなに早く会社を辞めるということに対して甘えだと考えている人もまた多いと思います。

そこで今回は新卒で会社を辞めたいと思う理由や、その理由が甘えか甘えではないかという判断基準を紹介したいと思います。

新卒で辞める人はとても多いが甘えという批判もまた多い

新卒入社後に会社を辞める人はとても多いのが現実。

厚生労働省の調査によれば、大卒で1年以内に1割以上、3年以内に3割以上の人が新卒で入社した会社を辞めています。

新卒で入社してそうそうに辞めるというのは決して特殊なことではなく、一般的なことなのです。

最近は入社3年以内に会社を辞めた人を対象とした第二新卒の転職需要は非常に増えており、リクナビネクストのような総合転職サイトにおいても第二新卒向けの求人は増え、さらにハタラクティブのような第二新卒に特化した転職サイトもできています。

ただ、転職市場においてこれだけ一般的になっているにも関わらず、転職することを批判的に捉え、特に辞めることを甘えだと認識する人が多いです。

実際に会社を辞めようとした時に両親や上司なんかからもっと頑張れ、転職してもまた長続きしないだけだ、考え方が甘すぎるなんて言葉を投げかけることになる確率は非常に高いといえるでしょう。

その意見自体が間違いかと言うと、あながちそういうわけではないと思います。

実際に新入社員の頃に辞めたいと思ったのが甘えだった、辞めなくてよかったと思っている人もいて、自分の経験からそういった発言に繋がっている人もおそらくいるでしょうから。

ただ、全員が辞めるのが甘えかというと決してそんなことはありません。

今後を考えると辞めたほうが良い場合というのは絶対にあります。辞めないことが絶対に正解だなんてことはないのです。

ですからいざ会社を辞めたいと考えた時、辞めることが間違ったことと思うことはせず、逆に勢いで辞めてしまうなんてこともせず、一度自分が辞める理由が甘えなのかそうではないのか考えてみることをおすすめします。

新卒で辞めたいと思う理由。その理由で辞めるのは甘え?

実際に新卒で入社した会社を辞める理由を紹介していきましょう。

人間関係が上手くいかない

新卒に限らず、人間関係で上手く行かずに会社を辞めることを考える人は非常に多いです。

人間関係が上手く行かないと、仕事はとても辛いものになりますから、辞める理由としては十分正当な理由となるでしょう。人間関係の悪化は時に人を限界まで追い込んでしまいますから、辞めたいならさっさと辞めるということも大切なことです。

ただ、入社したてというのは人間関係にストレスを感じやすい時期であり、自分としても努力は必要であることは覚えておきましょう。少なくとも、自分から話しかける、自分が悪かった点を考え直すなどの努力は必要。

でないと、転職したところでまた悩むことになる可能性が高いです。

嫌な人、合わない人というのはどこにでもおり、自分の中で何かを変えていかないとどんな職場に行っても辛い思いをするだけになってしまいます。

やりたい仕事ができない

やりたい仕事ができないからと辞めたいと考えている人がいるなら、辞めて何がしたいのかを考えてください。

特に何がしたいのかということが決まっていない、辞めてから考えるつもりなんていう場合は辞めることだと考えられてもしかたありません。

少なくとも辞める前にやりたいことが見つかるような努力をすることはできるはずです。それをしないうちに辞める理由にはたして正当性があると自身をもって言えるでしょうか。

逆にやりたいことがあるならば、さっさと転職してしまえばいいと思います。

仕事が辛い

仕事が辛いというのは一番判断が難しいかもしれません。

責任が重すぎる、仕事が難しい、仕事ができなくて上司に怒られるなど辛いと感じることもあるかもしれませんが、それが今後ずっと続いていくことなのかというのは人によって全然違います。

人によっては仕事に慣れてくると辛いと思っていたことが何も気にならなくなってくるという場合もあるので、多少我慢して続けてみることも必要なことだと思います。

自分には向いていないと思っていても時間が解決してくれることというのは多々あることなのです。

ただ、人によっては我慢しすぎて限界を超えてしまうという場合があるのもまた事実。

難しいからこそ安全を見て辞めてみるのがいいかもしれません。我慢し続けることのほうがリスクは高いですから。

残業が多い、休日が少ない

残業が多かったり、休日が少なかったり、休日出勤が多かったりと労働条件面での不満によって会社を辞めたいと思っている人も多いですね。

その理由自体は甘えではないと思います。上司なんかは自分が若い頃はもっと残業していたとか言うかもしれませんが、そんな話に耳を傾ける必要はありません。

こういった人は、一度どれくらいの残業時間、休日数がベストであり、そういった会社に転職することが可能なのかどうか転職活動してみるといいと思います。

残業時間や休日数というのは時間がたってもあまり変わるものではありませんから、自分の希望と合わないのであれば、自分に合う会社に移るしか解決方法はありません。

成長することができない

この会社にいても成長できないという理由を辞めたい理由としてあげる人もいますが、成長することができない原因は会社にだけではなく自分に原因がある場合も非常に多いのです。

単に会社のせいにして辞める場合は甘えと捉えられても仕方ありません。

成長できないと感じている人は、先輩や上司にすでに追いついているのかということや、少なくとも自分から進んで成長できるように取り組みをしたかと考えてみましょう。

正当な理由があると自信があるなら転職活動してみればいい

最終的には、辞める理由を考えた時に辞めるに値する正当な理由があると自信を持って言えるならば、転職していいと思います。

ただ、すぐにでも辞めなくてはならない事情がない限りはまず転職活動を始めるようにしてください。

転職活動をすることによって得られる情報というのは多く、色々と考えが変わることもあるのです。

少なくともまずは転職サイト等での情報収集、転職エージェントとのキャリア相談をしてみてください。色々と現実もわかると思います。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連;第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。

関連;新卒だけど会社を辞めたいという人の為の転職活動のすすめ。落ち込む理由は全くなし



このページの先頭へ