新卒だけど会社を辞めたいという人の為の転職活動のすすめ。落ち込む理由は全くなし

新卒だけど会社を辞めたいという人の為の転職活動のすすめかた。落ち込む理由は全くなし

新卒で就職したけど、その会社を辞めたい。そんな風に感じていませんか?

人間関係が上手く行っていない、仕事がつまらない、残業が多すぎる、残業代が出ないなどなど理由は色々とありますが、辞めたいと感じている人は非常に多いのが現状です。

では、もし辞めたいと思ってしまったらどうするのがベストなのでしょうか。思い切って辞めて転職する?それともとりあえず働き続ける?中々難しい判断ですよね。

ただ、それは自分でどうするかを判断しなくてはなりません。転職するのか、働き続けるのか、自分が納得できる結論を見tけなくてはなりません。辞めたい、辞めたいと思いながらだらだら働き続けても良いことはありませんし辛いだけですから、何かしらの答えを出しておく必要があります。

とは言ってもただ考えるだけでは答えなんて見つかるものではありません。ですから、とりあえず転職活動を始めてみることをおすすめします。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:新卒入社1年目で会社を退職。第二新卒の転職を成功させることができた理由。転職に踏み切る勇気も大事

新卒で会社を辞めたいと思うのは当たり前

世間的には新卒で就職した会社をすぐに辞めることに対して批判的な意見が多いです。甘えだとか、忍耐力がないだとか、仕事なんてそんなもんだとか。

しかし、辞めたいと思ったら思ったでそれは仕方がないことです。自分に嘘をついても仕方ありません。

そもそも会社を辞めたいと思うのはむしろ当たり前のことです。むしろ辞めたいと思わない人のほうが少ないんじゃないかなと思います。

離職率はとても高い

厚生労働省が新卒者の離職率を発表していますが、非常に高い数字になっていますよね。

3年以内だと高卒で40%、大卒で32%もあります。さらに1年以内でも高卒で19%、大卒で12%もあります。

会社を辞めたいと思って、実際に退職という行動を起こした人だけでこれだけいるのです。実際に行動を起こす人よりも、辞めたいと思っていても行動には至らない人のほうが多いと思われるので、辞めたいと思っている人の割合は物凄く高いと思います。

やばい会社はやっぱりある

会社の中にはやっぱりやばい会社もありますよ。3年どころか1年働くことすら普通の人では耐えることができないなんて会社も実際にあります。そんな会社であっても3年働けなんて言うのは暴論です。

全く悩む必要なく転職したほう良いという会社はやっぱりあるんです。

その会社に就職したのは自分だろうということを言うかもしれませんが、そんな言葉えは片づけられませんよね。

就職活動を頑張っていたけどチャンスが1回限りである就職活動において、そこに就職するしかなかったなんて人もいるでしょうし、そもそも一度も社会人を経験していない新卒者にとって、仕事選びが甘くなってしまうのはどうしても仕方のないことです。

仕事が合わないなんてことはあって当たり前

仕事が自分にとって合わないという理由から辞める人もかなり多いですが、それもまた仕方のないこと。

一度も社会人を経験したことがない中で、自分に合った仕事を見つけるなんていうのはやっぱり難しいことですし、会社によっては入社後に配属があって自分に選択肢はないという場合も多いです。

実際、多くの人が希望の配属先には行けずに悩んでしまっています。

やりたいと思っていなかった仕事をするというのはやっぱり苦痛ですよね。

デメリットがあるからと言って気持ちは変わらない

新卒で辞めたいと思う人にとって、実際に退職できない理由はすぐ辞めるということに対するデメリットがあるからでしょう。

短期離職したらまともな転職なんてできないだろうだとか、まあ色々と考えてしまいますよね。

でもそれがあるからと言って辞めたいという気持ちがおさまるかというとそれは別問題。やっぱり辞めたいものは辞めたいですよ。

今辞めたって転職先なんて見つからないよなんていうのはアドバイスでもなんでもありません。そんなことで辞めたいという気持ちはなくならないのですから。

新卒で会社を辞めたい人は転職活動をしたほうが良い

では辞めたいという人は何をすればいいんでしょうか。私はとりあえず転職活動を始めてみることをおすすめします。

本当に転職するかどうかは置いておき、とりあえず始めてみるんです。

選択肢はたくさんある

新卒で就職した会社をすぐに辞めてしまっても、割と選択肢はあります。

転職であれば第二新卒として転職活動をすることになりますが、第二新卒者を積極的に採用している会社は非常にたくさんありますし、入社3年以内であれば新卒採用枠で応募することも可能となる企業もあります。

転職では経験がものをいう、3年は経験していないと受けることができる企業はほとんどないということはもう古い考えです。

リスクがどれくらいあるのか知ることができる

辞めたいと思っても転職できない理由は、転職することにリスクがあることが大きな原因。特に短期離職の場合それがマイナスポイントになって転職なんてできないのではないかと不安になってしまいますよね。

でもどれくらいリスクがあるかなんて実際のところわかっていませんよね。聞いた話、勝手なイメージだけで判断していませんか?

まずは自分でどれくらいリスクがあるのか確かめてみることが大切です。

実際に応募資格がある会社はどれくらいあるのか、どんな会社があるのか。実際に書類選考に応募してみて通過できるのかどうかも確かめてみるといいでしょう。もちろん上手くいけばそのまま転職してもいですし。

視野が広くなることでわかることもある

就職した一つの会社で働いているとどうしても視野は狭くなってしまいがちです。視野が狭くなってしまっている状態では自分がどうするのが正解かなんてわかるはずもありません。

転職活動は、視野を広げるということに関しては非常に有効です。どんな会社があるのか、どんな仕事があるのか、色々と調べることになりますから自然と視野は広くなっていきます。

その上で転職するかどうかを考えてみてもいいのではないでしょうか。

社会人を一度経験したからこそ見えてくることも多い

第二新卒として転職することの最大のメリットは、一度社会人を経験している中で仕事を選ぶことができるという点だと思っています。

何もわかっていない新卒時と、一度経験したことがある第二新卒では仕事を選ぶ質が圧倒的に変わってきます。

実際、第二新卒として転職した人の転職満足度は非常に高くなっていて、転職したことを後悔する人はかなり少数派になっています。

転職活動はそんなに大変ではない

会社を辞めたいと思っている人の中で実際に何にも行動を起こせない理由に、転職活動が億劫だからなんて人も実はかなりいます。

就職活動が大変だったからそう思ってしまうかもしれませんね。

ただ、転職活動の場合は転職エージェントという無料の転職サポートサービスが使える為、実は非常に楽に進めることができます。

それこそ、自己分析で企業を選ぶところから、履歴書の作成、面接の練習といったもの、さらには面接日程の調整や入社日の調整なんかも行ってくれます。

かなり心強い味方がついてくれるので、意外に難なく進んでいったという人もすくなくありません。

結局何か行動を起こさないと変わらない

会社を辞めたい。そう思ったらまずは行動を起こしてみましょう。結局何もしなければずっとそのまま。辛い環境からは抜け出すことなんてできません。

まずは転職サイト、転職エージェントに登録してみてはいかがですか?

転職サイトの利用はもちろんですが、上述した理由から転職エージェントも積極的に使うようにしていきましょう。特に第二新卒として転職する場合は、通常の中途採用とはアピール方法も変わってきますからアドバイスを貰ったほうが絶対にいいです。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:第二新卒の転職が成功しやすくなった理由。需要増のはこんな背景が

関連:新卒の就職に失敗した人が今転職すべき理由、過去を後悔しても仕方ない



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ