保育士が新設のオープニング園に転職するメリット、デメリット

保育士が新設のオープニング園に転職するメリット、デメリット

保育士が転職する場合、既存の保育園に転職するというのが一般的ではありますが、新設のオープニング園に転職するという手もあります。

保育士バンクなど保育士専門の転職サイトを見ると、そういった保育園の求人は多数見受けられますので選択肢の一つには十分になりえるでしょう。

ただオープニング園で働く場合にはメリットもデメリットもありますから、あらかじめ確認しておかなくてはなりません。

関連:保育士の年間休日数の実態。休みが少ない場合は保育園を変えてみては?

関連:転職したい保育士の転職先の選択肢と転職する方法。自分にあった場所を見つけよう

通常とは少し違うオープニング園への転職

既に運営している保育園とこれから始まるオープニング園への転職。

転職活動自体に大きな違いはありません。

どちらも保育士専門の転職サイトから求人を見つけ、書類選考、面接を経て採用となるのが基本的な流れです。

オープニング園だと事前に雰囲気等を知る為に職場を見せて貰うことはできないくらいの違いでしょう。

ただ実際に働き始める場合にはやっぱり少し違いがあります。

保育業務自体は同じですから経験者はもちろんその強みを生かすことができますが、特に働き方の部分が変わってくるでしょう。

まあすでに形として出来上がっているものの中に入って働くのと、これから形を作っていくものの中に入って働くのでは、違いはあって当然ですよね。

そしてそこにはメリットもあればデメリットもあります。

保育士がオープニング園に転職するメリット

ではまずは保育士が新設のオープニング園に転職するメリットから紹介していきます。

全員が一から働くことになる

オープニング園ですから全員が一から働くことになります。

既存の保育園に転職する場合だと保育園ではすでに出来上がった人間関係の中に入っていかなくてはならず、その部分に苦労する人も多いようですが、新設の保育園であれば全員が人間関係ゼロからスタート。

その為、人間関係を築きやすいというメリットがあります。

もちろんそれから人間関係が面倒なものになっていってしまうという可能性はありますが・・・。

自分の意見を反映させやすい

既存の保育園では、すでに色々なことにマニュアルがあるし、イベントごともだいたいやることが決まっています。

もしそういった中で転職した人がこうしたいと言っても、中々その意見を反映させることができないでしょう。

しかしオープニング園だと過去の実績というものがない為、ゼロから作りあげることになるわけです。

その場合、自分も含めて色々な人の意見を持ち寄ることがとても大切になるので、良いものであれば十分意見を反映させることができるわけです。

もちろん園の方針、園長の考え方等には沿わなくてはならないのでなんでもかんでも自由というわけではありませんが、自由度としては高い場合がほとんどです。

待遇が良い場合が多い

絶対というわけではありませんが、新設のオープニング園だと待遇面でも良い条件のものが揃っている傾向があります。

給料はもちろん、休日数、福利厚生、残業等でかなり良い条件のものを見つけることができるかもしれませんよ。

もちろん条件面は転職前にしっかりチェックしなくてはなりませんが。

施設がきれい

園自体が新しいので施設がきれいというのも大きなメリットですよね。

直接的には保育業務に関係しないとしても、自分の働いているところが新しくてきれいだとそれだけでモチベーションはアップしますから。

身も心も環境もリセットして働くことで、保育士に少し嫌気がさしてきてしまっている人もまたやりがいを見いだせるかもしれません。

保育士がオープニング園に転職するデメリット

ここまで見ると、どうせ転職するならオープニング園の方が良いと思っちゃいますよね。

ただ忘れていけないのがデメリット。

最初から働くというのはやっぱり大変なことも多いです。

自分で考えながら働かなくてはならない

既存の保育園であれば、わからないことがあっても先輩保育士に聞くと教えて貰えたり、時には手伝って貰うこともできます。

しかしオープニング園だと周りの保育士も全員がその園で働くのが初めての人ばかり。

わからないことがあっても、自分で解決先を考えなくてはなりません。

もちろん全員が初めてと言っても、保育士としての経験には差があり、ベテランの人に多少なら頼ることはできるでしょう。

ただそのベテラン保育士の人も含めて最初は全員がいっぱいいっぱい。何もかもを頼ることはできません。

一つ一つの仕事に時間がかかる

既存の保育園であれば、色々なことにマニュアルがあるし行事等をするにも何かと使いまわしができるので、手間としては少なくなります。

しかしオープニング園から何もかもゼロから準備。

何をするにも時間がかかってしまうので、負担は大きなものになってしまいがちです。

仕事が落ち着くまでしばらくはかなり体力勝負となる覚悟が必要ですね。

今の保育園に不満があるならば探してみては?

このようにメリットもデメリットもあるオープニング園。

もし今の保育園に不満があり、違う保育園で働いてみたいと考えているのであれば、一つの選択肢として加えてみてはいかがでしょうか。

もしも今の職場に不満があり、転職しようかなと考えている人がいれば、一度無料の保育士、幼稚園教諭向けの転職支援サイトを利用してみて下さい。

保育園や幼稚園だけではなく、託児所や企業内保育などの非公開の求人を多く扱っているとともに、専任のアドバイザーが求人探しや面接、給料交渉などをサポートしてくれますのでできるだけ少ない労力で満足する転職先を見つけることができるかと思います。

ちなみに待遇の良い求人は応募が殺到してしまうので、登録した人にのみ公開されているという形になっています。

また職場の雰囲気など、一人で転職活動をするだけでは知ることができない情報も知ることが可能ですので、使うのと使わないのでは大きく差がでます。

保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイトでは、以下の大手二つがおすすめです。

保育士バンクは求人数が国内最大級。求人数が多い分、希望に合った求人を見つけやすいし、サポートも充実していて、転職に関する不安はだいぶ軽減されるかと思います。

保育士専門のキャリアコンサルタントが転職活動から内定後、入職後のアフターフォローまでフルサポートしてくれます。

またこのサイトでは求人だけではなく、保育士に関するコラムなども多数掲載されていますので、今後の保育業務に生かせるものが見つかるかもしれません。

■公式サイト:保育士バンク

保育ひろばは転職サポートがとても充実していて利用満足度が94.2%もあることが注目ポイント。

求人紹介、面接対策、条件交渉といったものから、現職の退職交渉まで相談に乗ってくれるので、タイミングが悪いと辞めにくい保育士という仕事には非常に助かるかと思います。

またこのサイト経由で地方から首都圏に転職活動する場合は交通費を一部負担してくれるというのもポイント。

何かとお金のかかる転職活動ではこのメリットは大きいのではないでしょうか。

■公式サイト:保育ひろば

他にも全国対応している転職支援サイトとして保育Aidというものもあります。

事前に求人を厳選した上で求人を扱っており、ヒアリング等も丁寧で職場見学や体験保育等も希望すれば可能です。

またこちらはわざわざ来社する必要がなく、電話やSkypeで対応して貰うことが可能というメリットもあります。

■公式サイト:保育Aid



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ