新卒入社の新入社員はとりあえず転職サイトに登録しておこう

新卒入社の新入社員はとりあえず転職サイトに登録しておこう

転職サイトに登録するのは転職しようと思ってから。そう考えている人がほとんどだと思います。

ただそう考えている人も、ぜひとりあえず転職サイトに登録してみてください。

特に新卒入社したばかりの新入社員にとって、それによって得られるものは少なくありません。

関連記事

 

新卒入社の新入社員はとりあえず転職サイトに登録しておいた方が良い

新入社員が転職するしないに関わらず転職サイトに登録しておくことは、以下のメリットが挙げられます。

選択肢を持てるので心に余裕ができる

辛いことも多い会社生活。

多少は我慢することももちろん必要ですが、中には辞めることもできずに無理しすぎた結果、うつ病などになってしまう人も実は少なくありません。

そしてそうなってしまう理由の一つが、選択肢を持てていないこと。

入社したばかりだから転職先なんて見つからない、仕事を続けるしかない。そんな風に自分を追い込んでしまっている人が多いです。

だからこそあらかじめ転職サイトに登録しておき、入社したての自分にどういった転職先があるのか、もし希望の転職をしようと思ったら後どれくらい働いた方が良いのかを知って心に余裕を持たせておかなくてはなりません。

今は第二新卒としての転職需要が高まり社会人1年目の人であっても転職できる土壌はできています。

いずれは転職する人が大半。傾向を掴んでおくことが役に立つ

今は転職するつもりがなくても、実際はいずれ転職する人が大半。

3年以内に転職する人の割合は大卒でも3割以上だし、4年目以降も含めると半数以上は20代のうちに転職することになります。

あなただって今転職する気がなくても、何かに不満を抱くようになってしまったり、キャリアアップを目指したくなって転職する気になるかもしれません。

私自身、入社して3年目までは転職なんて一切意識することがありませんでしたが26歳で転職していますしね。

だからこそさっさと登録しておき、傾向を掴んでおくことが役に立ちます。

転職サイトのスカウト機能に登録してどういった時期にどういった業界の求人からオファーがくるか見ておくだけでもだいぶ違います。

視野が広がり勤めている会社と比較もできる

新卒で入社した会社で働き続けていると、その会社しか知ることができずに視野が狭くなってしまいがち。

中々他の会社のことなんて知る機会がないので、それは仕方がないかもしれません。

ただそのまま働き続けていると、おかしいことがおかしいと気づくことができなくなったり、もっと良い条件で働くことができることにいつまでたっても気づくことができなくなってしまいます。

とりあえずどんな会社があるかというのはアンテナを立てておき、自分の会社を客観的に判断できるようにしておいた方が絶対に良いです。

診断テストが役立つことも

リクナビNEXTならグッドポイント診断、DODAならキャリアタイプ診断など、登録するとできる様々な診断テストがあります。

かなり濃密な診断テストであり、転職に役立つだけではなく、転職せずに今の仕事を行っていく上でも役立つ部分もありますからぜひやってみましょう。

意外に自分のことってわかっていないので、やってみる価値は高いと思います。

いい転職があればさっさと転職したって良い

求人を見たり転職エージェントから紹介された求人に良いものがあれば応募してみて受かればさっさと転職してしまうのだってもちろんあり。

1年目で転職するなんて早いという人もいますが、もし今勤めている会社よりも自分の希望に近い会社に行けるのであれば行くべきです。

新入社員の中にはとりあえず就職したものの就職先に満足していないという人は多いでしょう。

そういった人にとって、とりあえず軽くでいいから情報をチェックして、いい求人があれば応募だけでもしてみるということを繰り返していれば、それだけチャンスが広がることになり転職成功につながる可能性が高くなります。

転職サイト登録でのデメリットは特になし

一方で転職サイトに登録するデメリットは特にありません。

まずどの転職サイト、カウンセリングまでしてくれる転職エージェントだって完全無料でお金は一切かかりません。

また転職サイトに登録して利用しているからと言ってバレる心配だって全く無用。

会社の人の前で堂々と転職サイトを見ない限り、バレるわけがありません。

無料でリスクもなく、登録は数分程度で終わるわけですから、やらない理由がありませんよね。

おすすめ転職サイト

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ