新人、新入社員は一番仕事が辛いかも。どうすれば乗り越えられる?

新人、新入社員は一番仕事が辛いかも。どうすれば乗り越えられる?

新入社員や、転職したばかりの新人というのは、とても大変で難しい立場です。

かなり辛いと感じることも多いでしょう。

もしかしたら、新人、新入社員の立場の人が最も辛いかもしれません。

それでも、なんとか乗り越えてかなくてはいけないもの。どうしたら乗り越えることができるのでしょうか。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

スポンサーリンク

新人、新入社員が仕事が辛い理由

仕事が辛いと感じるのは、新人や新入社員だけではありません。

ただ、新人や新入社員だからこそ感じることが多い辛さというのもあるでしょう。

給料を貰っているのに仕事ができず、足手まとい

最初、まだ仕事を覚えていない頃は、当然仕事ができませんし、会社に貢献することは難しいです。

それでも、会社からは給料を貰うことができます。

もちろんこれは当然のことであり、申し訳ないと思う必要はありません。会社は将来、支払う給料以上に貢献することを見越して投資しているのです。

とは言えなんか申し訳なかったり、早く仕事をできるようにならなくてはと焦る気持ちを持ってしまう人も多いのではないでしょうか。

特に転職したばかりの新人だと、給料は場合によっては周囲の人よりも貰っている場合があります。

そういった中で仕事ができずに足手まといとなっているのは非常に辛いし、会社に居づらいです。

そして中にはぐちぐちと嫌味を言ってくる人もいます。そうなると余計辛いですね。

覚えることが多すぎる

最初はどうしても、色々と覚えることが多いです。

仕事のやり方、必要となる専門知識以外にも、会社のシステムなど、たくさんのことを覚えなくてはなりません。

中には、就業時間内では覚えきれずに、家に帰ってからプライベートの時間を削ってまで勉強するという人もいますね。

会社、職場の雰囲気になかなか馴染めない

すでに関係ができあがっている中に、新人として入っていくのは中々大変なことです。。

実際、新たな職場環境に馴染めずに悩んでいる人の数は非常に多いです。

人間関係が上手く構築できていないと、仕事は辛くなり、会社に行きたくなります。

また、人間関係ではなく社風になかなか馴染めないという人もいます。

それぞれの会社には独特のルールや雰囲気がある場合も多く、そこにも対応して行かなくてはなりません。

上司との接し方がわからない

上司には一癖も二癖もある人がいます。皆が皆良い人であるとは限りませんし、どんな上司に当たっても変えることはできません。

そういった上司に対しては上手い接し方があるものですが、新人、新入社員として新たに入ると、当然どう接していいのか中々わかるものではありません。

その結果上司と上手くやれずに、仕事が辛いと感じる人も多いのではないでしょうか。

意見、質問しにくい

仕事でわからないことがあって質問したいこともあるし、転職した人ではこれまでの経験を活かして意見を言いたいこともあります。

それは、会社にとっても利益のあることですから、本来は気にせずにどんどんやっていけばいいことです。

しかしながら、実際は周りが皆忙しそうで質問しにくい雰囲気があったり、新人が意見を言うなんてありえないという雰囲気がある場合も多々ありますよね。

聞いたら聞いたで今忙しいからと断られ、聞かなかったら聞かなかったで怒られる。そんな理不尽なこともよく起きています。

この仕事でいいのかと不安になることが多い

仕事がわからないうちは、仕事での成功体験を味わうこともできないし、仕事の楽しさはなかなか実感できません。

その状態だと、「本当にこの仕事でいいのか」「この仕事は自分に向いていないのではないか」といった、不安を感じことが多いです。

不安を感じている状態で働くのはやはり辛いです。

理想と違いすぎる

新入社員が特に感じるのが、仕事に抱いていた理想と現実のギャップが大きすぎることです。

イメージした仕事と違いすぎ、仕事を続けていくのが辛いと感じる人は非常に多いです。

新入社員の退職理由では、この理由がとても多くなっていて、企業側も色々と対策をしてはいるんですが中々減ってはいません。

一番下の立場

新入社員は、会社の中で一番若く一番下の立場です。

その為、色々と面倒なことを任せられてしまうことも多いのではないでしょうか。

飲み会の幹事で残業代を貰えないのにかなり時間がかかってしまうこともよくありますよね。

仕事を与えられず、暇が辛い

与えられた仕事ができなくて辛いといういる人が一方で、仕事を与えられずに暇で辛いという場合もあります。

新人や新入社員に対して仕事を与える場合、同時に仕事を教えなくてはなりません。

忙しい時だと、新人に教えてやらせるとなるとむしろ時間がかかってしまうので、仕事を与えずに何でも自分でやる人がいます。

その結果、仕事を与えられない、仕事を教えてくれないという状況に陥ってしまっている人も少なくありません。

なお退職金の有無に関しては就職、転職前に知ることが可能。

退職金は企業にとってもアピールポイントなので、リクナビNEXTの転職サイトで掲載されている求人票では退職金がある場合にほとんどの場合書かれていますし、入社前に貰う雇用契約書、労働条件通知書でもある場合は記載されています。

参考:退職金なしの会社の割合は意外に高い!老後はどうする?

こちらもおすすめ

 

辛い時期を乗り越える為には

中には、この辛い時期に耐え切れずに辞めてしまう人もいます。

さて、この辛い時期、どうやって乗り切っていけばいいのでしょう。

失敗を恐れず、どんどん失敗する

変なプライドがあったり、失敗に対して恐れていると、何もできずに何も学べずに時間が流れていきます。

むしろ、どんどん失敗してください。

新入社員というのは、失敗することが当然であり、失敗することに許されています。

数年もすれば、仕事で失敗してはいけなくなりますから、新入社員の特権です。

空気が読めないと思われてもいいからどんどん質問したり、特に用はなくても先輩に話しかけてみたり、電話をばんばんとってみたり。

何をする場合にも、怒られたらどうしようなどと考えずに、とりあえずやってみましょう

もちろん怒られることがあるかもしれませんが、新人の頃に怒られた経験は将来に生きていきます。

時間が解決してくれることも多い

悩みだすとわからなくなりがちですが、新人や新入社員が感じている悩みは短期的なものが多く、時間が経てばいつの間にか解決してくれることが多いです。

時間がたてばいつの間にか仕事が普通にできるようになり、会社にはいつの間にか馴染み、不安はなくなったなんてことが多いです。

時間がたつと、新入社員の頃とはまた違う悩みがでてくることも多々ありますが、少なくとも新入社員の頃に抱えていた悩みは、ある程度の期間で消えていきます。

スポンサーリンク

辞めるかどうかの決断

仕事が辛いと、頭に浮かぶのが辞めるという選択肢です。

耐えきれないほどのストレスを感じながら働くのはよくありませんが、かといって簡単に辞めていては仕事は長続きしません。

そこで、辞めるかどうかを決断する指標を紹介します。

今の仕事の辛さは短期的なものか、長期的なものか

あなたが辞めたいと思うほどの理由は、短期的なものですか?それとも長期的なものですか?

短期的なものであれば、いずれ時間が解決してくれるのですから、辞める必要はありません。

短期的なものは、転職したところでまた違う会社で同様ノ辛さを感じる場合が多いです。

一方、長期的なものであり、解決が困難である場合には辞めるという決断をしても良いでしょう。

 今の仕事の辛さは会社特有のものか

辞めたい理由が、その会社特有の問題であれば、転職することによって解決することは多いです。

一方で、単に新入社員特有の問題であれば、転職したところで同じ辛さを味わうことになります。

それなのに、わざわざ転職しても意味はありません。いつかは耐えなければならないことです。

転職活動をしてみるのもあり

転職活動をして他の会社について知ってみるのも良いでしょう。

自分の選択肢を具体的にイメージすることができるようになり、より今の仕事を客観的に見ることができるようになるはずです。

とりあえず転職サイト、転職エージェントに登録してみてはどうでしょうか。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点

スポンサーリンク



このページの先頭へ