新型うつ病の症状、チェック方法、治療方法。あなたも危ない!?

新型うつ病チェックや症状、治療法

最近増えていると言われている「新型うつ病」という心の病。

20代から30代前半の若い人に特に増えてきています。

あなたは大丈夫でしょうか?

もしかしたら自分で気づいていないだけかもしれません。

まずはうつ病チェックをしてみてください。もしかしたら、その症状は治療が必要かもしれません。

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。一方、適度なストレスは必要。

関連:仕事が辛いと感じたらチェック、うつ病になる前に行動しよう

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

新型うつ病とは。従来のうつ病との症状の違い

新型うつ病の症状は、従来のうつ病とは症状が異なります。

その違いを抑えておきましょう。

新型うつ病の症状

  • 会社では体調不良等に陥るが、プライベートでは元気。
  • 自分のせいではなく、相手のせいであると考える。
  • 過食
  • 過眠
  • 若者に多い

新型うつ病の症状はこういった特徴を持っています。

新型うつ病はこれらの症状によって、周囲には単なる仮病であるのではないかだとか、単なるさぼりではないのかと思われがちです。

私自身も同僚がこの新型うつ病になった際に、会社を休んでいるにも関わらず、facebookには楽しそうに遊びにいったという投稿をみて、さぼりだと思ってしまった経験があります。

しかし、その後に親しい友人がかかった際に、こういう形のうつ病の症状もあるのかということを認識しました。

普段は元気な友人が、会社のゲートを通るだけで吐くという事態に正直驚きました。

しかし、中には本当に仮病、さぼりであることもあるかもしれません。難しいところです。

従来のうつ病の症状

  • 会社でもプライベートでも体調不良に陥る
  • 他人よりも自分を責める
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 中年に多い

従来からのうつ病は、うつ病になった原因が会社にあったとしても、たとえそこから離れたとしてもも症状はプライベートでも現れます。

また、自分がだめだからだなどと、自分のせいにする傾向が強いです。

まじめで完璧主義、責任感が強い人がんなりやすいと言われています。

新型うつ病と従来型うつ病の違い

新型うつ病と従来型うつ病、2つのうつ病の形は、気分が落ち込み体調が悪いという点のみが共通しますが、

その他の症状の特徴は、全く正反対となっています。

これにより従来のうつ病に慣れている人は、この新型うつ病をより仮病や甘えだと感じてしまう傾向があいます。

スポンサーリンク

新型うつ病チェック

さて、この新型うつ病。

あなたは大丈夫でしょうか。自分は問題ないと自信をもっていうことができますか?

上記でも述べた私の友人くらいまで悪化させる前に、チェックしておいたほうがいいです。

今回は新型うつ病チェックの方法を紹介します。

以下のチェック項目を確認してみてください。

①これまでの楽しいことは今まで通り楽しいが、会社には行きたくない。

②他人の目が気になる。

③会社に近づくにつれ、頭痛などの体調不良が起こる。

④たくさん寝ているはずが、昼間も眠い。

⑤よく食べるようになった。

⑥疲れがとれない

上記6つのうち、2つ以上YESとチェックされる場合、もう少し詳しく調べてみる必要があります。

上記のチェックで引っかかった人が詳細に知りたい方は、以下のサイトにて調べてみてください。

問題数は60問と多いですが、その分詳しく調べることができます。

非定型うつ病診断チェック

質問に答えるだけという手軽なチェックなのでぜひやってみてください。

新型うつ病の治療方法

従来のうつ病も同様ですが、目に見えない為にうつ病の治療は困難です。

その為、新型うつ病では明確な治療方法がありませんが、大きく2つの治療方法があります。

一つ目の治療方法が抗うつ剤などの薬物による治療。

新型うつ病では、従来のうつ病にくらべ薬物による効果が薄いという話もありますが、

抗うつ剤をとるのをやめたら再発したという話もある為、効果が薄くとはいえ、多少の効果はあるのかなと思います。

もう一つの治療方法がカウンセリングなどの精神療法。

新型うつ病においてはこの精神療法が非常に有効であるという結果も得られています。

スポンサーリンク

新型うつ病について私たちがすべきこと

新型うつ病といっても、その発症の要因は日々のストレスや不規則な生活などといった、従来のうつ病の原因と同じです。

まず、私たちが新型うつ病にならない為にも予防策は実施していきましょう。

また、周囲から新型うつ病になる人がでた場合ですが、新型うつ病の特徴からついつい甘えだと考えてしまうものですが、

この考えを持った状態で接すると、症状は悪化してしまいます。

こういった症状のうつ病もあるのだということをしっかり理解してあげることが大切です。

より、軽い症状で済ませるためにも、理解し、周囲の環境を整えてあげるようにしましょう。

最後に

うつ病は、およそ10人に1人が生涯に1度はかかると言われています。

全く珍しくもないし、特別なことでもありません。

かかったことがない人にするとどうも他人事と考えがちですが、決して他人事ではないのです。

今回紹介した新型うつ病であろうと、従来のうつ病であろうと、まずは特別なことではないという認識をもち、うつ病の人をださない、もしだしたとしても復帰できる仕組みづくりが必要となっています。

とは言うものの、会社の仕組みは変えることが難しいのは現実。

そういった場合には、うつ病になってしまう前に、環境を変える必要があるでしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

関連:過労死ラインの基準は?過労死の原因、前兆を知って対策

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ