転職活動はどんなことがしんどい?不採用、お金、時間など苦労する人は多い

転職活動はどんなことがしんどい?不採用、お金、時間など苦労する人は多い

転職活動は大変そう。そんなイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。

確かに転職活動は、思ったよりも簡単に終えることがある人がいる一方で様々なことに苦労し、しんどい思いをしている人がいるのも事実。

では転職活動のどういったところでしんどいと感じる人が多いのでしょうか。

関連;転職活動に疲れた、転職活動をもう辞めたい。そう思った時の対処法。

関連;Uターン転職時の仕事の探し方や転職活動のやり方、志望動機はどう書けばいい?

転職活動では何がしんどかった?

転職したいと思っていても、転職活動がしんどそうだからという理由で中々踏み出すことができずにいる人って実は相当いると思います。

では実際どういったところがしんどいのでしょうか。

不採用の現実

やっぱり一番しんどかったのは不採用通知を受けた時。第一志望だった企業が面接で落とされた時はかなり落ち込みました。(29歳男性)

複数の会社を同時に受けていましたが、それが全部落ちてしまった時は精神的にしんどかったですね。落ちた事実もそうですし、またゼロからスタートしなければいけないのかと思うと溜息しかでてこなかったですね。(33歳女性)

年齢が高いこともあって、たくさん受けても書類選考でまずほぼ不採用。面接に行けた場合も手ごたえがあったのに不採用。

年齢ばかりは変えようがなく、もうどうこと。すればいいのかと悩みました。(42歳男性)

やはり転職活動で一番しんどいと感じるのはせっかく受けても不採用になってしまうこと。

頑張って履歴書を書いたのに、時間をかけて面接対策したのに、その苦労が報われなかったらそう思うのも仕方ありませんよね。

また今後の転職活動で受からないのではないかという不安な思いも抱いてしまうことになります。

ただ一つ知っておいてもらいたいのは、転職活動はそもそも落ちて当然であるということ。

1人あたりの平均的な応募社数は20社程度で、それで1社から内定を貰えるくらいです。19社も不採用通知を受け取ることが普通のことなんです。

ですから不採用となってしまった時はむしろそれが普通と割り切ってまた次に進むことが大切ですね。

想像以上にお金がかかる

転職活動で一番きつかったのはお金。名古屋に住んでいましたが、面接が大阪や東京で行われることも多かったので交通費はだいぶかかりました。

最終面接で不採用となった時はさすがにイラっとしましたね。(31歳男性)

交通費は正直言って痛かったですね。あとは普段スーツで仕事をしていなかったので新たにスーツを買ったり、鞄を買ったり、靴を買ったりでなんだかんだ出費は大きかったです。(27歳男性)

同じ地域内で転職するならまだしも、全国を対象にして転職活動を行う場合やUターン転職を希望している場合にはある程度出費が必要となることは覚悟しておいたほうが良さそうですね。

せっかくチャンスがあるのにお金がないせいでチャレンジができないなんてことがないように多少の貯金は必要です。

参考;転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?

時間がなくて準備不足

残業が多すぎて中々転職活動に時間をかけることができず、履歴書も中途半端な内容でだしてしまうこともしばしば。

当然不採用となるのでもっと時間があればという思いが常にありました。(25歳男性)

普段は22時くらいまで仕事、土日もどちらかは仕事だったのでとにかく時間がないということが一番の悩みでした。

本当は履歴書は完璧に、面接対策もばっちりにしたかったのですが、理想の50%にもない状態で応募を繰り返すことになってしまいました。(30歳男性)

在職中に転職する人のほとんどは、転職活動にあてる時間が足りないと嘆いているのではないでしょうか。

仕事で疲れ切っているのに帰ってきた後で転職活動に関することを行うのも大変ですよね。

ただそれでもリスクを下げる為には辞めずに転職活動を行うのがベスト。

自分のペースできる効率の良い転職活動のやり方を見つけていくしかないですね。

参考:在職中の転職活動、やり方と注意点

同僚にばれてしまった

転職活動をしていることが同僚にばれてしまい、しかも上司に伝わってしまったのでややこしいことになりました。良い上司だったので責めてくるようなことはなかったんですが、転職するまでずっと気まずい時間が続きました。(23歳男性)

転職活動をしていることは勤めている会社の人に絶対にばれてはいけないというのは転職活動で絶対守るべきルール。

万が一ばれてしまうと色々と悲惨な目にあってしまうかもしれませんから細心の注意を払いましょう。

ただ細心の注意を払うことに疲れてしまうなんて人もいるみたいですね。

参考;転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

やり方がわからない

転職活動なんて当然やったことがありませんでしたし、就職活動時も学校推薦で簡単に決まったので何をどうすればいいか最初は全然わかりませんでした。

履歴書もどう書けばいいのかわからないし、面接での対策もどうすればいいかわからない。本を見ると基本的なことについてはわかりますが、自分に照らし合わせて応用するのがとても難しく、もう考えるのが嫌になりました(26歳男性)

転職活動の基本的な流れは、求人から自分の希望にあった仕事を探し、履歴書を書いて応募し、面接に行くというだけ。書いてみると簡単ですよね。

ただその中には色々なコツがあったりで慣れていない人がやろうと思っていても容易ではないというのが実際のところ。履歴書一つ書くにしても初めての場合はかなり時間がかかるのではないでしょうか。

やり方に困ったら転職エージェントの利用をおすすめします。転職活動全般をサポートしてくれるのでかなり楽になると思います。

参考;転職エージェントを使うべき理由と転職エージェント比較の方法

筆記試験対策に四苦八苦

筆記試験の対策の為に参考書を買って勉強しなくてはいけないのが面倒でしたね。

テストなんて久しぶりだったし、国語やら数学やらも学生を卒業してからかなり時間がたっていたのですっかり頭から抜けていました。(32歳女性)

新卒採用で広く行われている筆記試験は、中途採用の場においても行われることが多くなりました。

せっかく書類選考は通過しても、筆記試験の結果が悪ければ不採用となるので木を抜いてはダメです。

とは言え、勉強なんてしばらくしていないという人にとって筆記試験対策を行うのは中々しんどいですよね。

参考;中途採用の筆記試験、一般常識問題や適性検査、論文はどう対策すればい?

転職活動は楽ではない

転職活動ではこのようにしんどいことがたくさんあります。決して楽ではないですよ。

逆に楽な転職活動はむしろ危険かもしれません。

楽をしようと思えばいくらでも楽はできます。しかし、それは本当にやるべきことがしていないだけで手を抜いてしまっている可能性があります。

ただこのしんどい思いをしたからこそ転職ができて手に入れられるものというのもあるはず。しんどいことがわかっていてもやる価値はあると思うし、やらなければいけないタイミングもあると思います。

しんどそうだからと諦めるのではなく、転職したいと考えているならぜひ行動を起こしてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連;転職活動が辛いと感じる理由や辛いと感じた時にすべきこと

関連;私の転職活動が6ヶ月以上かかってしまった理由。短期間で転職先を見つけるにはどうすればよかった?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ