【適職診断】社会人必見!転職サイトでできる診断テストまとめ【市場価値診断】

【適職診断】社会人必見!転職サイトでできる診断テストまとめ【市場価値診断】

転職サイトは、求人を探す為だけではなく、様々な診断テストをすることができます。

それは、転職する人にはもちろん、社会人として働いている人に役立つ機能となっています。

そこで、今回は転職サイトでできる診断テストを紹介していきます。

リクナビNEXT

リクナビNEXT には、以下の診断テストがあります。

グッドポイント診断

自分の強みってどこにあるんだろうかと思ったことはありませんか?

リクナビNEXT には、グッドポイント診断という強味を測定する診断テストがあります。

強みというのは、なかなか自分では把握しずらいものですが、知っておくだけで転職時には自己アピールの材料となるし、仕事をする上えも、大きな武器となるかもしれません。

問題は300問と多いですが、その分、正確に測定することができます。

適職診断

リクナビNEXT では、適職診断もすることができます。

今の仕事は自分に向いているんだろうか、自分には何が向いているんだろうかと思った時に、ヒントを与えてくれるかもしれません。

実は意外な職業が向いてるかも。

問題は22問とすぐ終わりますので、空いた時間にでもやってみましょう。

市場価値診断

リクナビNEXT のスカウト機能に登録すると、市場価値もわかります。

スカウト機能では、レジュメを登録すると、企業からオファーがとd来ますm

そのオファーから、登録者全体で自分がどの位置にいるかという相対的な位置をつかむことができます。

さらにスカウト機能で送られてくるオファーから企業が求めているスキルや経験がわかる為、今後何を伸ばしていけばいいのかということがわかります。

今は転職を考えていない人にとっても、大きな参考資料となる為、ぜひやってみてください。

@type

続いて、キャリア転職サイト@typeの診断テストを紹介していきましょう。

転職力診断

転職では、様々なスキルが求められますが、それがどれくらいそなわっているかを診断してくれるテストです。

その結果から、自己分析力、将来ビジョン、タイミング把握力、企業分析力、交渉・説得力、ビジネス基礎能力の6つを分析し、点数がつけられます。

同時に、転職者全体での順位、予想内定社数、予想年収といったものも導いてくれます。

ぐに転職を考えていない人にとっても、どんな企業か調べてみるといいでしょう。

市場価値診断

自分の経験やスキルの情報や、質問事項をいれることで、自分の市場価値がわかります。

そして、この結果をもって、適正年収を把握してくれます。

もし今の年収よりも高ければ、転職を考えたほうがいいかもしれません。

所要時間は5分なので、空いた時間にやってみるといいでしょう。

適性検査実力テスト

転職する際には、適性検査を実施する企業がかなりあります。

甘く見ていると、これが原因で落ちるかもしれません。

まずは、自分がどの程度の実力なのかを測ってみましょう。

全9門を15分間で答えることになります。

シゴト満足度診断

今の仕事に満足していますか?

よくわからず、転職すべきなのか、今の仕事を続けるべきなのかを迷っている人も多いかもしれません。

そんな時に使えるのがこのテストです。

テスト自体は3分でできるので。やってみるといいでしょう。

適職タイプ診断テスト

自分に向いている仕事が何かわからない時に実施してみてください。

自分がどんなタイプに属しているかわかるかもしれません。

面接力診断

転職といえば面接です。面接が上手くいかなければ、どうしようもありません。

そこで、使ってみたいのがこの面接力診断です。

各シチュエーションの中から、正しいと思う回答をしていくだけで、自分の面接力がどれくらいか、どんな面接官が苦手なのかということがわかります。

この結果から、対策をたててみるといいでしょう。

MIIDAS

大手転職サイトが運営しているMIIDAS(ミーダス)について紹介します。

適正年収テスト

自分の適正年収はどれくらいなのか、誰もが気になることですよね。

MIIDASでは、簡単な質問に答えるだけで、自分の適正年収を調べることができます。

登録しなくても、いくつかの質問に答えると年収がでて、登録するとさらにそこから、いくつかの質問に答えることで、より正確に調べることができます。

思った以上に高い結果がでるかも

まとめ

転職サイトでは、社会人向けの様々な診断テストができるようになっています。

もちろん、正しい結果になることもあれば、納得のいかない結果になるかもしれません。

ただ、無料ですので、一度やってみてはいかがでしょうか。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ