仕事をしながら転職活動を進めて良かったこと、困ったこと

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

仕事をしながら転職活動を進めて良かったこと、困ったこと

仕事をしながら転職活動するというのは大変!というイメージを持っている人も多いかと思います。

毎日働くだけで精一杯で、他のことをする余裕なんてないというのが正直なところでしょう。

しかし、転職している人の多くは、仕事をしながら転職活動を行い転職を実現させています。

そこで、今回は実際に仕事をしながら転職活動をした人が感じた良かったこと、悪かったことを紹介します。

関連:転職活動したいけど仕事が忙しくて時間がない時の対処法

関連:転職しない人の理由や特徴、可能性を自分で潰していませんか?

関連:転職から退職までのやり方、進め方。面倒だと思っても一つずつ

仕事をしながら転職活動して良かったこと

まずは、仕事をしながら転職活動を進めて良かったなーという意見から紹介していきましょう。

お金の心配をせず、余裕をもった転職活動ができた

仕事をしながら転職活動を行った中で、一番良かったという意見があったのが、お金の心配をしなくて済んだということです。

会社を辞めてしまうと、収入が途絶えてしまうわけですから、貯金を切り崩して生活していかなければなりません。

失業保険が貰えるとは言っても、それは会社を辞めてから3ヵ月後のことですし、金額自体も減ってしまいます。

その結果、早く転職先を見つけなければと焦ってしまうことに繋がり、余裕を持って転職活動ができなくなってしまいます。

仕事をしながら行っているからこそ、生活の心配はせず、自分が納得行く転職活動を進めることができたという意見が多かったですね。

転職しないという選択肢を持つことができた

やってみても、かならずしも良い転職先が見つかるわけではないというのが転職活動です。

もし転職先が見つかる前に会社を辞めてしまうと、もし以前の会社よりも良い転職先が見つからなかったとしても、転職するしかありません。

しかし、会社を辞めていなければ、良い転職先が見つからなかった時に、今の会社で働き続けるという選択ができるわけです。

実際、転職活動を始めてみたけど、良い転職先が見つからずに転職自体を辞めたという人も非常にたくさんいます。

無職期間を作らずに済んだ

短い期間であれば特に問題とはならない無職期間ですが、長くなるにつれて転職活動では不利な要素になってしまいます。

すぐに転職先が見つかれば良いですが、このこともまた、転職活動を焦って行う要因となってしまいます。

仕事をしながら転職活動をしている人の中で、その点をケアしていたおかげで、転職活動をはじめてから転職先が見つかるまでに半年以上かかったけれど、焦らずに済んだという意見がありました。

無駄な手続きをする必要がなかった

転職先が決まっていて、会社を辞めてからすぐに次の会社で働き始める場合は、手続き等もその会社で行ってくれるので、煩わしい手続きをしなくて済みます。

これが、会社を辞めてから、期間をあけて転職活動をするとなると、社会保険等の手続きを自分で行わなくてはなりません。

家族に心配させなかった

たとえ転職活動に集中する為とはいっても、無職期間をつくってしまうことに対して家族は心配します。

どういった仕事に就くことができるのか、年収はどうなるのか、生活を共にしている家族にとって心配になるのは当然のことですよね。

仕事をしながら転職活動をした人は、会社を辞める時点で次の仕事が決まっている為、こういった心配をかけずに済んだという意見がありました。

仕事をしながら転職活動して困ったこと、悪かったこと

良いこともあれば、当然悪いこともあるのは当然です。

そこで、実際に仕事をしながらの転職活動で困ったことや悪かったことを紹介します。

履歴書作成に手を抜いてしまった

仕事をしながらだった為、なかなか転職活動の為に時間をさけないという人も多いです。

そんな中、応募の為に履歴書を作成したが、時間がないが故に手を抜いてしまっており、ぜんぜん面接までたどりつかなかったという人がいました。

書類選考を通過する為には、履歴書が非常に重要ですから、そこに手を抜いてしまうと、全然アピールできないし手を抜いていることが企業にもわかってしまうので、中々通過することができません。

企業選びを適当に行ってしまった

時間がないことが、企業選びにも影響を及ぼした人もいます。

求人広告を見て気になった企業があったので、詳細は特に調べずに応募し内定を貰ったが、入社してみるとブラック企業だったなんてことも。

転職前によく調べておけばと後悔してしまった例があります。

面接の為に休みを調整する必要があり四苦八苦

仕事をしながら転職活動をする人にとって、一番のハードルが面接の為の時間工面です。

たいてい、平日の勤務時間中に行われる為、会社を休む必要があります。

とは言え、なかなか都合よく休むことができないのがサラリーマン。

せっかく書類選考を通過したのに、休みを調整できずに諦めてしまった人も少なくありません。

だらだらしてしまった、覚悟が少なかった

仕事をしながらだと、とりあえず生活は安定している為、中々転職活動に本気になれず、だらだら時間だけがたってしまったという意見もありました。

仕事を辞めてしまえば、とにかく転職先を見つけなければ生活できなくなってしまう為、やはり必死度では劣ってしまうもの。

いかに自分に厳しく、モチベーションを高く持つことができるかというのが、仕事をしながら転職活動をする人にとっての課題と言えるでしょう。

引継ぎの時間が足りなかった

内定を貰うと、転職先の会社からはできるだけ早く入社してほしいと言われることが多いです。

待ってもらうのは1ヵ月程度です。

その短い期間で退職を伝え、後任者に引き継ぎをしなくてはなりません。

法律では退職を伝えるのは2週間前であれば良いとなってはいますが、それだと短い場合が多いです。

その結果、上司や同僚と退職に関してトラブルになり、円満退職できなかったという人もいました。

有給休暇を全然使うことができなかった

上述したように、内定を貰ってから入社まで、長くても1ヵ月程度。

その間で引き継ぎもしなくてはいけない為、有給休暇を全然使うことができずに、すべて捨てることになってしまったという人も多いです。

全然使っていない人だと60日程度余っている人もいるでしょう。

これはおよそ3ヵ月間分にあたりますから、それだけの給料を捨てたのと同じことです。

なんとももったいないですね。

仕事をしながら転職活動は結局良いこと?

仕事をしながら転職活動をすることには、上述したように良いことも悪いこともあります。

それぞれの性格や状況に応じて選べばよいでしょう。

ただ、全然時間がなくて転職活動を行うことができないだとか、パワハラ等で精神的に限界ぎりぎりになっているという場合でなければ、個人的には仕事をしながら転職活動をすることをおすすめしまう。

というのも、仕事をしながら転職活動することによって、転職に関してリスクを抑えることができる為です。

転職活動は焦って行うと、どうしても妥協しすぎます。

これでは、転職して後悔することになってしまいます。

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職活動を会社を辞めてから行う時に注意しなくてはいけないこと

関連:【適職診断】社会人必見!転職サイトでできる診断テストまとめ【市場価値診断】

関連:転職サイト一覧まとめやおすすめランキング



このページの先頭へ