仕事のストレスが大きすぎる。その原因はどこにある?

仕事のストレスが大きすぎる。その原因はどこにある?

仕事のストレスが大きすぎる。もう仕事を辞めたい。

毎日そんな風に考えてしまっていませんか?

人間にとって、適度にストレスを感じることは必要とされています。

しかし、それが過剰になってくると、精神的なものだけではなく、身体的にも悪影響を及ぼしてしまいます。

ストレスは蓄積されていくものですから、上手く解消していくことは必要なことです。

しかし、それよりも仕事でストレスを感じるようになってしまっている原因を知り、できる限り取り除くことも必要となります。

そこで今回は仕事でストレスを感じる原因を紹介します。

関連:精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。適度なストレスは必要。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

仕事の中で、何にストレスを感じる?

仕事をしていると、ストレスを感じるのは当然だと感じている人も多いのではないでしょうか。

では実際に働いている人はどういったことにストレスを感じているのか、いくつか紹介していきましょう。

人間関係

仕事に対するストレスを感じる理由に、人間関係が上手く行かないことをあげる人が最も多いです。

仕事をする上で、人と付き合っていくことは必須となります。

その為、企業が採用試験を行う際、コミュニケーション能力を重視することが非常に多くなります。

仕事では、様々な人と人間関係を構築する必要があります。

上司、職場の先輩、同僚、関係部署の人達、顧客。

そういった人達と上手くやっていけないと、仕事は上手く進んでいきません。

ですから、人間関係をうまくやっていけないと、それは大きなストレスとなってしまいます。

ただ、人間関係をうまくできている人であっても、多大なストレスを感じている場合があります。

上手くやっていく為に、常に気を遣い続け、もう嫌になるということはよくあります。

上手くいくにしろ、上手くいかないにしろ、人間関係というのは非常に疲れるものです。

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

責任の重さ

仕事ができるようになってくると、それまで以上に責任の重い仕事を任されるようになってきます。

そして、それが大きなストレスの原因となります。

失敗した時の影響が大きく、ミスが許されない。

会社に大きな損害を与えてしまう。

生真面目な人ほど、重く考えすぎてしまい、大きなストレスにつながってしまいます。

自分の評価

サラリーマンとして働いていると、多かれ少なかれ出世競争はあるでしょう。

中には出世に興味はない、出世なんかしたくない、そう思っている人もいるでしょう。

しかし、多くの人はできれば出世したいのではないでしょうか。

出世したほうが給料はあがるし、同期に負けるのは嫌だ。

そう思うのは自然のこと。

とは言え、全員が出世できるわけではありませんし、優劣はついてしまいます。

その結果、出世できなかった人はストレスを感じることになります。

それだけではありません。

たとえ出世できたとしても、また次の出世競争があります。

常にそれを意識し続けることもまた、大きなストレスとなってしまいます。

関連:出世する人の特徴、出世できない人の特徴

仕事量

仕事量が多すぎる。仕事が終わらない。

それもまたストレスを感じる要因になります。

仕事が終わらくて、怒られる。失敗する。

やらなきゃいけないことができずに、仕事がどんどん積もっていく。

やることが多すぎて、想像するだけで仕事に行きたくないと感じてしまうことはありませんか?

もし、頑張って終わらせたとしても、仕事ができると判断され、それ以上の仕事が降ってくることもよくあります。

関連:キャパオーバーで仕事が終わらない。原因は自分?それとも会社?

関連:仕事量が多すぎる。その原因は?

労働時間の長さ

仕事量が多かったり、忙しすぎると、残業が増え労働時間が長くなってしまうことがあります。

また、自分の仕事が終わっていたとしても付き合い残業をしている人も多いでしょう。

労働時間が長くなると、仕事以外のプライベートの時間が無くなってしまいます。

労働時間は、過労死にも密接に関係性があるように、ストレスの大きな原因となります。

関連:過労死ラインの基準は残業80時間から100時間。過労死の原因、前兆を知って対策

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

給料の低さ

直接仕事とは関係なくても、給料が低いこともまた、大きなストレスを感じる原因となります。

生活面の不安、お金がないせいでやりたいことができない、他の会社で勤めている友人との差など、これが原因でストレスを感じることは多いです。

仕事が面白くない

日々の仕事が単調であったり、やりがいがなく、面白くないとストレスを感じてしまう原因となります。

たいてい1日8時間、週5日の合計1週間に40時間も働くわけですから、それだけの時間をつまらないことに注ぐのはやはりストレスです。

スポンサーリンク

ストレスを感じるのはなぜ?

多くの人が、上記で紹介したことが原因で多くのストレスを感じています。

では、なぜ上記のことでストレスを感じてしまうのでしょうか。

周囲からの視線が気になる

周りからよく見られたい、恥ずかしい思いをしたくない、できない人間と思われたくない。

そう思うのは凄く当然のことです。

しかし、その思いが強すぎる人ほど、ストレスを感じる度合は強くなります。

周囲の視線を気にするあまり、自分の評価を気にしすぎたり、仕事をしっかりやらなきゃと、責任の重さをより一層感じてしまうことに繋がります。

やりたいことができない

労働時間が長くて、プライベートでやりたいことができない。

本当はやりたい仕事があるけれど、今の仕事ではできない。

人間関係に気を遣いすぎて、自分の意見を言えずにやりたいことができない。

実は、ストレスを感じている原因がやりたいことができないことに行きつく場合もあります。

将来が不安

給料が低い、出世できない、仕事がつまらない。

そういったことで感じているストレスが、実は将来の不安から来るものであることは多いです。

このままでいいのだろうか。

そう感じてしまっていませんか?

怒られたくない

誰だって、人から怒られたくないですよね。

人に怒られるということは、大きなストレスになります。

それが原因で、仕事をうまくこなさないと、仕事を終わらせないとと強く思ってしまい、多大なストレスに繋がっていきます。

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

完璧にこなせない

完璧主義の人は、周囲からどう思われるか以前に、そもそも完璧にやれない自分が嫌になることもあります。

仕事は完璧にこなすと、より難易度の高い仕事を与えられたり、たくさんの仕事を与えられる為、ずっと完璧にこなすことは非常に困難です。

完璧主義の場合、それでも完璧を求めてしまう為、ストレスを感じ続けることになります。

スポンサーリンク

ストレスを強く感じている会社生活から脱出するには

さて、あなたは仕事のどういった面でストレスを感じ、なぜそのことでストレスを感じてしまっているのでしょうか。

大きなストレスを感じている場合、その原因がどこにあるのかを知ることが第1歩となります。

ストレスを感じている原因がわかったら、ストレスの原因となっているものを受け入れるか、ストレスの原因となっているものを取り除くように動いていくことが必要になります。

どちらがいいということはありません。

受け入れると言っても、状況、性格によって受け入れることができる場合もあれば、できない場合もあります。

また、周囲からの視線が気になる、完璧主義であるといった場合でも、簡単にその性格を直すことができる人もいればできない人もいます。

取り除くとは言っても、簡単にできる場合もあれば、そうではない場合もあrます。

自分の状況に応じて、どうするのがベストかを考えてみるといいでしょう。

ただ、なによりまず原因を知ることが必要です。

そうすることで、具体的にどうしていくかがわかっていきます。

仕事を変えるのも一つの方法

安易に仕事を変えてしまうことはだめですが、仕事を変えること自体は悪いことではありません。

時には、仕事を変えることでしか解決できない場合もあります。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:適切な仕事の断り方とは?仕事ができる人は断り方も上手い!

関連:クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



このページの先頭へ