仕事人間ってどんな人?特徴や気をつけなくてはいけないこと。

仕事人間でどんな人?特徴や気をつけなくてはいけないこと。

仕事人間という言葉を知っていますか?

あなたは仕事人間ですか?

私自身、仕事人間であることを否定できない部分があります。

ただ、仕事人間でいることは、幾分か気をつけなくてはいけないことがあります。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

スポンサーリンク

仕事人間ってどんな人?

仕事人間ってどんな人なのでしょうか。

仕事人間とは?

仕事人間とは、その名のとおり仕事が中心となっている人間のことです。

コトバンクによれば、

仕事が生きがいという人。仕事一途で他に趣味などもない人。

仕事に対して、強い責任感を持ち、強いやりがいを持ち、四六時中仕事のことを考えている。

家に帰ってきてからも、仕事を持って帰ってきて仕事をしている。

趣味はなんですか?と聞かれると仕事と答えてしまう。

恋愛にすら無頓着になってしまう。

仕事人間とはそんな人です。

仕事人間の特徴

仕事人間の人の特徴の一つに仕事ができることがあげられます。

それもそのはずです。

仕事に対して高いモチベーションを持ち、強い責任感を持ち、四六時中仕事のことを考えている。

そんな人は、仕事人間ではないほどほどに働いている人に比べて、ほとんどの場合仕事ができるのです。

転職市場でも非常に重宝される人でしょう。

また、仕事人間の人は趣味をあまり持っていません。

趣味にかけている時間なんてないし、そもそも仕事に興味がありすぎて他のことに興味をもてないからです。

そして、仕事人間の人はたいてい自分が仕事人間と思っていないことも特徴としてあげられます。

仕事に情熱を注いでいることに対し、何も考えていない場合であったり、家族の為に働いていると思っていたり。

これからは若干偏見もはいっているかもしれませんが、

完璧主義

理屈っぽい

みたいな特徴をもっているイメージもあります。

スポンサーリンク

仕事人間が気をつけなくてはならないこと

まず、あなたは仕事人間であるのかどうかを客観的に考えてみてください。

仕事に対しモチベーションが高く、休日も仕事をしているなんて人はまさに仕事人間です。

もし、あなたが仕事人間であるならばこれから紹介することには気をつけなくてはなりません。

自分目線で部下に接してはいけない

みんながみんな仕事人間ではありませんから、そこまでモチベーションが高くない人もいますし、休日まで働きたくない、趣味に時間を使いたいという人もいます。

ただ、仕事人間の人はついつい自分と同じくらいは仕事ができるだとか、同じレベルでのモチベーションをもっていると思ってしまいます。

その結果、かなり高いレベルを求めてしまったり、同じモチベーションで取り組んでいることを求めてしまいます。残業することや休日出勤することもまた当然であるかのように振る舞ってしまいます。

しかし、それはNG。

みんながみんな同じレベルではないことを認識した上で接しなければなりません。

家庭をおろそかにしてはいけない

仕事人間の人でよくあるのが、仕事は家族を養うために頑張っているということを理由にすること。

確かにそれは正しいのですが、それを理由に家庭を疎かにしてはいけません。

時には家族サービスもしてあげましょう。

あまり仕事しかしていないと、家庭に不満がつもり、離婚という事態になりかねません。

プライベートで仕事の話ばかりしない

仕事の話というのは聞き手にとっては正直面白くない話ですね。

仕事人間の人は、ついつい家族や友人にも仕事の話ばかりしがち。

たまにはいいですが、しすぎには気をつけましょう。

仕事以外の楽しみはつくる努力を

やっぱり仕事以外の楽しみは必要です。

仕事を生きがいにし、仕事ばかりやっていると、いざ定年退職を迎えた時に何もなくなってしまいます。

そういう人はボケるのも相当早いみたいです。

仕事以外にも興味あることを見つけましょう。

スポンサーリンク

仕事人間は気をつければ悪いことではない

仕事人間というのは、そんなに悪いことではないと思っています。

仕事にやりがいを持ち、高いモチベーションを持ちながら仕事するなんてむしろ素晴らしいことです。

とはいえ、やはり気をつけるべきことは気を付けないと結果的に将来あまり幸せにはなれなさそうです。

もしも現状に不満がある、もっとキャリアアップしたいと思っていたら動いてみるのもいいでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

関連:仕事の不安、悩み。どうすれば解消出来る?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!



このページの先頭へ