休日に仕事のことばかり考えてしまうような要注意。考えないようにする為の方法とは?

休日に仕事のことばかり考えてしまうような要注意。考えないようにする為の方法とは?

あなたは休日に心も体もしっかり休めることができていますか?特に心の面でしっかり休むことができていますか?

せっかくの休日なのに上手くオンとオフを切り替えることができず、仕事のことばかりを考えてしまい、気が付けば休みが終わってしまっている。なんてことで悩んでいる人も多いかもしれません。

ただやっぱり休日には心もしっかり休めないと、長い会社生活でいつか限界が訪れてしまうかもしれません。

関連:休日に仕事の電話、無視したいけれど・・・

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

休日に仕事のことばかりを考えていると疲れはとれない

仕事のことが好きで好きで仕方がなくて、つい休日も仕事のことばかりを考えてしまうなんていう人であれば何も問題はないかもしれませんが、ほとんどの人はそんな前向きなことではないと思います。

仕事は決して好きではなく、休日にまで仕事のことなんて考えたくないものの、自分の意志とは正反対につい仕事のことを考えてしまう。そんな人が多いでしょう。

考えたくもないのについ考えてしまう時、休み明けの仕事のことで心配したり、不安になったり、憂鬱になったりとネガティブなことばかりなはずです。

休日にそんなことを考えていては、心が休まるはずもありません。下手したら普通に仕事をしている時よりずっと疲れたりもします。

休日には、心を休ませる為にもできるだけポジティブなことを考えなくてはなりませんが、それができずにいるとストレスは溜まっていく一方になってしまいます。

休日に仕事のことを考えないようにするには?

私自身、就職して数年は休日にも仕事のことばかりを考えてしまうようになり、休日にまったく休んだ気になれなかったという経験があります。

そんな私が、現在休日に仕事のことを考えないようにする工夫として行っていることを紹介します。

外に出て体を動かす

仕事で疲れていると、どこかでかけるのも面倒になってただ家でだらだらしてしまいますよね。

ただ、家でだらだらしてしまうと、結局暇になってしまってつい仕事のことを考えてしまいます。

ですから、休日はずっと家にいるのではなく、外に出て体を動かすようにしていみてください。友人と遊びに行くのも良し、家族と出かけるのも良し、一人で運動するのも良し。とにかく体を動かしてみましょう。

肉体的な疲労の回復においても、家でだらだら何もせずに過ごすより体を動かしたほうが良いとされていますから、ぜひ外に出るようにしてみてください。

金曜日にできるだけ仕事を残さない

休みの前日になると、つい休みにことばかりを考えて仕事に手を抜いてしまいがち。また、面倒な仕事は休み明けにやればいいと思って先延ばししってしまいがち。

実はこの行為が休日につい仕事のことばかりを考えてしまう原因です。

休日にすっきりした気持ちでしっかり休む為には、休みの前ぼ日にできるだけ仕事を片付けておくということが非常に大事になってきます。

無理に考えないようにしない

仕事のことを考えてしまうというのは誰にでもあることであり、それをゼロにすいるのはそうできることではありません。

少しくらいなら考えたっていいんです。というか考えないようにしないほうが無理なことです。

無理に考えないように考えないようにと思っていては、結局考えてしまうようになるだけですから、考えてしまった時はそのことを受け入れるようにし、あえてじっくり考えてしまうようにしてください。

10分くらいじっくり考えてみると、意外にすっきりするなんてこともありますよ。

仕事を絶対に持ち帰らない

ちょっといそがしかったり、仕事が残っていたりするとこっそり仕事を家に持ち帰ってきて週末の空いた時間にやろうなんてことを考える人もいるかもしれませんが、それは辞めておきましょう。

家で仕事をやることに慣れてしまうと、日ごろの仕事に手を抜くようになり仕事が終わらず、持ち帰ってやることが徐々に増えてしまいますし、家でも仕事のことを思い出すきっかけがたくさんできてしまいます。

何より家に持って帰ってきて仕事をするというのはサービス残業。給料も貰えないのにそんな頑張るあんてことは辞めておきましょう。

ここまで行っていたら要注意

ついつい考えてしまって休日もあまり休んだ気にならないというくらいならまだしも、以下の症状がでた時は特に注意が必要です。

  • 睡眠を妨げるようになってる
  • 考えると頭痛や吐き気がする
  • 何もやる気が起きない

つい考えてしまい睡眠を妨げ眠れない日々が続いていたり、考えるけで体調が悪くなったり、とにかく何もやる気がでなくなったり。

こういったことがあると、かなりストレスが溜まっている状態であると言えます。

この体のサインば決して見逃さないようにしてください。悪化すると、精神疾患にかかってしまうことになります。

合わない仕事は時に変えることも大切

毎日大きなストレスを感じるような自分に合っていない仕事は、頑張りすぎずに時には変えることも必要です。

仕事を変えるという選択肢を持たずに働き続けるというのは、大きなストレスからの逃げることができなくなってしまっていることと同じです。

本当はたくさんある選択肢。自分を追い込まない形で働くことができるようにしましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

関連:仕事を家に持ち帰ってはいけない4つの理由


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ